PHEV化された新型「ポルシェ パナメーラ ターボ」はそのシャーシの素晴らしさで我々を魅了する

332
- Advertisement -

ポルシェ パナメーラ ターボEハイブリッド: 新型ポルシェ パナメーラはそのシャーシで驚かせる。いいえ、これはフェイスリフトではない。このパナメーラは第3世代となる新型車で、ハイブリッド化され、最高出力680馬力を発揮し、初めてアクティブサスペンションが装備された。

ある人はそう言い、またある人はそう言う。ツッフェンハウゼンのメーカーからの公式発表では、この「パナメーラ」はフェイスリフトではなく3代目だという。非公式には、すべての領域で大幅な改良が行われたという。

「パナメーラ」3代目の登場である。より美しく、よりスポーティに、より効率的に、よりパワフルに。では、すべてがいつも通り?そうではない。今後は、ハイブリッド仕様のみとなる。先代モデルには、すでに3種類のPHEVドライブがあったが、後継モデルには4つめのPHEVドライブが追加される。

マイナーチェンジか新型か?ポルシェはパナメーラの第3世代だと主張する。

そして、1台と1台を組み合わせれば、第5のドライブがすぐに追加されるはずだ。結局のところ、伝統的にターボSおよび/またはGTターボも存在することになる。そうなれば、730馬力から750馬力を簡単に生み出すことができるはずだ。

すべてのハイブリッドモデルには、より強力な140kW(190馬力)の電動モーターが搭載され、これは新しい8速PDKのハウジングに完全に統合される。電動モーターは、やや重量のある25.9 kWhのバッテリーパックからエネルギーを取り出し、11kWの車載充電器で充電することができる。

航続距離?ここにいる誰もが興味があるわけではないと思うが、新型「パナメーラ」は純粋な電動モードで最大90kmの走行が可能だ(従来は最大53km)。もっと興味深いのは、ターボが3.2秒で0から100kmまで加速し、最高時速が315kmに達することだろう。

センセーショナルなシャーシ

他に何が新しくなったか?シャーシだ!ここが本当にセンセーショナルなところだ。新しいエアサスペンション(2チャンバーエアサスペンションと2バルブダンパー)に加え、パナメーラはオプションのアクティブライドサスペンションを装備する初のロードカーとなった。これはすごい!

このサスペンションのおかげで、サルーンはまるでICE(InterCity Express=ドイツの高速鉄道)のようにカーブに身を乗り出す。乗り込むとボディは5センチ上がり、ダイナミックに走ると3センチ下がる。そしてここが重要なのだが、ブレーキング時にはリアは下がり、加速時には上がるのだ!

アクティブライドサスペンションは、ドライバーの予想とは異なる挙動を示す。最初は奇妙に感じるが、すぐに慣れる。

つまり、私たちが運転し慣れているものとはまったく違うのだ。そして正直なところ、V8を限界までプッシュしてお尻が上に伸びる最初の数kmは、本当に奇妙に感じる。ブレーキングするときは、スキーをしながらお尻でしゃがんでいるような感じだが、スピードを上げる代わりに減速する。これはトホホな世界だが、意外に早く慣れるものだ。

ポルシェは、アクティブライドをスポーツおよびスポーツプラスの走行プログラムでは作動させることができないため、このシステムを快適性のためだけに使用している。そうなると、「パナメーラ」は私たちが知っているように、しっかりとしていて、すべてがパフォーマンスに向けられている。

新しい操作ロジックはタイカンから

室内では?パナメーラには、「タイカン」で導入されたドライバー中心の操作コンセプトが採用されている。フルデジタルディスプレイ(独立型12.6インチ曲面ディスプレイ)、幅広いカスタマイズオプション(助手席用ディスプレイはオプション)、直感的な操作が可能だ。

タイカンからのご挨拶:パナメーラはよりドライバー志向が強まった。重要な操作系はステアリングホイール上にある。

このコンセプトの大きな特徴は、運転に関連する操作系をステアリングホイールのすぐ近くにまとめたことだ。例えば、ポルシェはインストルメントクラスターのオプションを切り替えるためのトグルスイッチと、ドライブプログラムを選択するためのロータリーノブを直接ステアリングホイールに配置した。ギアセレクターレバーはその真横に配置されている。これにより、センターコンソールには、タッチパネルと物理スイッチを一体化させたクライメートコントロールパネル用のスペースのみとなっている。

約2.2トンの重量は目立たない

カモフラージュされたプロトタイプで最初の試乗をした際、ほんの数秒の操作でコントロールは簡単に理解できた。さて、その走りは?アクティブサスペンションについてはすでに説明した。しかし、パナメーラが常にそうであったように、他の部分も印象的だ。まるで「911」を運転しているかのような感覚を常に味わえる。

911のような俊敏性: 推定重量2.2トンにもかかわらず、新型パナメーラは非常に俊敏なクルマになった。

推定2.2トンという重量を感じさせず、すべてが俊敏に感じられる。セラミックブレーキはフィーリングがよく、スポーツモードではスロットルレスポンスに優れ、減速感はゼロだ。その重量にもかかわらず、電動モーターにも良い点がある。新型パナメーラが次の過酷なテストでどのようなパフォーマンスを発揮するか楽しみだ。

結論:
ポルシェはまたしても、目に見える形でモデルを変えることなく、完全に裏返しにすることに成功した。アクティブサスペンションは最高で、性能はいつものように素晴らしい。

Text: Guido Naumann
Photo: Porsche AG