【面白ストーリー】コルベットの6.2リッターV8エンジンを搭載した「BMW 362i」が販売中 その背景とは?そしてその値段は?

710
- Advertisement -

コルベットのエンジンを搭載したBMW 330i(E46)。6.2リッターV8搭載のBMW 362iを販売。この見た目には目立たないBMW 3シリーズは、ボンネットの下に大きなパワーを秘めている。直列6気筒エンジンの代わりに、コルベットのV8が搭載されているのだ!

一見すると目立たないこのBMW E46には、壮大な秘密が隠されているのだ。BMWは、「E36シリーズ3」にV8エキゾーストワークスを設定したことはない。すでにさまざまなチューナーが第4世代の「3シリーズ」にV8、さらにはV10エンジンを何度か移植しているが、ほとんどの場合、それらは「M5 E39(S62)」や「M5 E60(S85)」などから借用したBMWエンジンである。

このブラックのDIYコンバージョンは違う。「362i」と命名され、その名前の通り6.2リッターエンジンが搭載されている!

このBMWは、アメリカのオークションプラットフォーム「bringatrailer.com」に出品されている。もともと「E46」は、まったく普通の「330i」として工場から出荷されたものだ。その直6エンジン(M54)は231馬力を発揮したが、前オーナーの一人にとっては明らかに物足りなく、もっと大きなものが必要だったようだ。素晴らしい直6エンジンが降ろされ、V8が搭載されたのだ。BMWのV8エンジンは高価なため、彼はGM製の「LS3」を選んだ。

シボレーコルベットの6.2リッターV8がBMW 330i(E46)のエンジンルームに収まる。

排気量6,162cc、最高出力436馬力、最大トルク575Nm。この強力なV8を「3シリーズ」に搭載するためには、いくつかの適合作業が必要だったが、最終的にはすべてが納まった。中古エンジンだったため、ベアリングシェルなどの消耗部品は取り付け前に交換された。

ベンチテストでは465馬力

動力伝達は6速マニュアルギアボックス(トレメックT56)が担当し、パワーを後輪に伝える。ほとんど簡潔に、売主はオークションの説明の従属条項で、トラクションコントロールが機能しないことに言及している。ベンチテストでは、「362i」の出力は465馬力と測定された。

羊の皮を被った狼: その外見から判断して、ボンネットの下に6.2リッターV8が搭載されていることを想像する人はほとんどいないだろう。

このパワーを路面に伝えるには、エンジンのスワップだけでは不十分だった。「E46」のシャシーとフロントエンドも改造された。さらに、パワーをかけすぎるとマウント部に亀裂が入る恐れがあったリアアクスルも強化された。ストップテックのブレーキシステムも装着され、減速性能が向上した。

控えめな外観

技術的な努力にもかかわらず、「E46」の外観は非常に控えめである。目を引くようなスポイラーもなければ、巨大なボディキットもない。18インチのアペックスアーク8ホイールと大径ブレーキだけが、「E46」であることを物語っている。

リアには4本のパイプはなく、ツインパイプエキゾーストシステムに少し大きめのテールパイプと「362i」の文字があしらわれている。

コルベットから借用したV8の排気量は6,162ccなので「362i」で間違いない。

インテリアもほぼ標準的。センターコンソールに追加された計器類、ハースト製ギアノブ、アルカンターラ製ステアリングホイールなどが新しい。いくつかの部品には明らかな摩耗が見られるが、走行距離が22万5,000kmを超えていることを考えれば驚くにはあたらない。

軽微な欠陥を含む

売主はいくつかの欠陥を明確に指摘している: エアコンとクルーズコントロールは作動しないはずであり、エアバッグランプは点灯するはずである。「BMW 362i」は、無保証の無事故中古車として提供される。

まともなコンディション: 22万5000km超の走行距離の割には、内装はまだかなり許容範囲にあるようだ。

残り1日(11月15日現在)で、現在の最高入札額は約15,000ドル(約230万円)相当である。興味深いのは、同じ車が2018年にも「bringatrailer.com」でオークションにかけられたことがあることだ。そのときは走行距離が22万キロ弱で、落札価格は約2万2789米ドル(約350万円)だった。そして最終的には26,000ドル(約390万円)で落札された。

「Sleeper-E46」は間違いなく興味深いプロジェクトで、いくつかの小さな、そしておそらく大きな欠陥もあるが、経験豊富なメカニックであれば確実に修復できるだろう。しかし、もしあなたが実際にこの「E46」を購入し、ドイツに輸入しようと考えているのなら、それはやめておいたほうがいい。車検時に検査官から拒絶されるからだ!

Text: Jan Götze
Photo: Bring a Trailer