SUVとは呼ばれたくない!真のオフローダー「Ineos Grenadier(イネオス グレナディア)」で最大の冒険アドベンチャー&究極のオフロードテスト!

1514
- Advertisement -

イネオス グレナディアはヨーロッパ最後の遠征アドベンチャーを走破できるか?SUVは彼らにとって汚らわしい言葉だ。「スーパーカルパタ」を制覇したければ、過酷なオフロードを冒険しなければならない。我々はイネオス グレナディエで「スーパーカルパタ」に挑戦する!

大きな石ころ、いたるところに倒れた木の幹、左右には切り立った岩壁。そして、道はなくどこに足を踏み入れてもぬかるみしかない。ルーマニアへようこそ、「スーパーカルパタ」へようこそ – おそらくヨーロッパで体験できる最大の冒険アドベンチャーだ。

この20年近く、毎年5月になると、約200人の探検家がカルパティア山脈の森を抜け、快適な場所から、はるか遠くの危険な荒地へ飛び出している。ドラキュラ伯爵はおとぎ話に過ぎないとしても、オオカミは言うに及ばず、ここほど多くのクマが生息している地域はヨーロッパには他にない。バルカン半島の背後地域は、これまで道路建設が犯罪的に軽視されており、数日間は折りたたみ式の鋤がトイレの代わりとなる。

ラリーのルールは非常にシンプルだ。ルートではなく、2つの回廊があるだけである。それぞれの回廊はいくつかの郡と同じくらい大きいが、通常は小さな町よりも人口が少なく、それに応じて道路も少ない。そのため、各自でルートを探さなければならず、朝8時から夕方8時までのわずか10時間はちょっとしたクルマの修理やルート偵察の時間も含めて、あっという間に過ぎてしまう。

タイヤがあれば、イネオスはほとんどどこでも通れる

このコースから外れた者はペナルティキロを徴収される。タイムをオーバーした者は失格。そして、ペナルティが最も少ない状態で最初にフィニッシュラインを通過した者が勝者となる。しかし、この徒労の終わりには、誰もが自信をもって勝者の気分を味わうことができる。

ぬかるんだ林道でも、イネオス グレナディアには大きな問題はない。クルーがオフロード用のグリップ力のあるタイヤを選択していればの話だが。

スタート地点はオーストリアで、警察と国境職員が移動ステージでの技術検査を行う。このイベントには毎年60台以上の真のオフローダーが参加する。「ランドローバー ディフェンダー」、「ジープ ラングラー」、「日産パトロール」、「トヨタ ランドクルーザー」、「メルセデスGクラス」、そして6軸の「プッチ ピンズガウアー」まで。この冒険のために彼らは市場で最もタフなものを選ぶ。

地上高を増やし、外側に溶接されたロールケージ、ヘッドライトバッテリー、サンドプレート、ウィンチや工具が簡単に取り出せるようにボディに留められ、通常はトラクターにしか装着されないようなスパイクタイヤが装着されている。この地獄のようなイベントを敢行するには、これ以外に方法はない。

この群衆の中で、ただ一台だけがほとんどおとなしく、可憐に見える。というのも、我々はスイス軍の「Gクラス」2台を伴って、冒険に乗り出したからだ。「グレナディア」はマグナが開発し、ハンバッハで製造された「ランドローバー ディフェンダー」の真の後継者であり、それゆえ卓越した探検車であるとイネオスは主張する。そして、BMW製6気筒ディーゼル、8速ZFオートマチック、そして「トレイルマスター」エディションの3つのロックの背後にあるリダクションにより、大がかりな改造が不要なほど、オフローダーとしての完成度は高いという。

もちろん、タイヤに関しては、公式オプションリストから特別なトレッドを選ぶ。結局のところ、普通のトレッキングブーツでエベレストに登る人はいない。しかし、「チーム トリプルG」の6人の初心者が何カ月もかけて準備をし、何平方キロメートルもの地図、衛星写真、ツアーの説明をテラバイトサイズのナビゲーションデータベースに読み込み、果てしないパッキングリストを書き、野外キッチンで練習し、応急処置の講習を受ける、 ルーフにキャリアをねじ込み、スペアタイヤを数本載せ、高さのあるラックを作り、その中に回収材や工具、スペアパーツ、食料、キャンプ用品を隠す。

このようなオフロードの冒険は、プロのナビゲーションがあって初めて成功する

そこにたどり着くのに時間はかからない。ルーマニアとの国境をほんの数km過ぎ、文明の果てで最後の夜を共にした後、チームは出発し、荒野へと消えていく。なぜなら、初夏のハルツ山脈のように道路から見るとまだ家庭的な風景が、最初の1kmをオフロードで走ると真の荒野に変わるからだ。そして、「グレナディエ」はすぐに249馬力と、とりわけ550Nmのパワーをフルに発揮する。

埃ひとつない砂利道かと思えば、カーブを2つ曲がっただけで3台のオフロード車は膝下まで泥に埋まり、段々畑のような巨大な階段を上ったり、漏斗のように狭くなった陥没路をラクダのように針の穴を通すように走ったりする。

クルマのコックピットは、ドライバーの仕事場というだけではない。ナビゲーションセンター、臨時のキッチン、レクリエーションルームとしての役割も果たしている。

そして数分おきに、乗員たちは行く手を拒む木の幹や岩を体を張って取り除かなければならない。もはやボディビルだ。進路を確保したり、ぬかるんだ轍を通れるように、時には邪魔にならないように取り除き、時にはぬかるみを脱出するためのツールとして活用する。これぞ本当のブートキャンプだ!

1日の終わりにはシャワーもサウナもマッサージもなく、ただ時計を気にする。遅くなればなるほど、適切なピットを探すのが難しくなるし、午後7時59分に間に合わせなければ失格になってしまうからだ。

その後、車両を手早くチェックし、薄明かりの中でちょっとした修理をする。夜が明けたらすべてを片付け、未知の世界へと続く次の旅が始まる。

夜、キャンプファイヤーを囲むと、ある種のロマンスが生まれそうになる

森や高地の谷間は孤独で人里離れた場所だが、いつも数人の住人がどこかに現れ、言葉の壁を越えて対話することができる。いや、まだ彼らの手助けは必要ない。「グレナディア」と「Gクラス」はまだ自分たちであちこちを掘り進んでいるのだから。

しかし、どの道が通れて、どの道が通れないかは、地元の人が一番よく知っている。そして、日中は手と足を使った短いおしゃべりで十分なことが多いが、夕方になるとオンライン翻訳機のおかげで、国際理解と郷土料理を楽しむ時間がある。おそらく誰も、何が出てくるのか知りたくはないだろう。しかし、味はいいに違いない。

もちろん、ルーマニアでも厳しい自然が待ち構えていたが、我々冒険者をカルパティア山脈は両手を広げて歓迎してくれた。

このトロフィーでは深い友情を育む時間はあまりない。夜が明けるとすぐに、キャンプは忙しくなる。ある者はタブレットとテールゲートにねじ込まれたスクリーンでその日のルートについて話し、他の者はテントを張り、サイトを掃除し、コーヒーを淹れる。

とてもロマンチックに見えるが、実際には絶対に必要なことしかしていない。焚き火を囲んで焼き肉をし、装備を乾かし、翌日のことを話し合う。

午前7時59分、3台のエンジンに火が入り、「チーム トリプルG」は再び走り出す。フィニッシュまではまだ100km以上ある。

野生の森や日なたの細い道を抜け、見晴らしが何kmも続く高原を登り、地平線の雪に覆われた峰で立ち往生し、牧草地や草原を越え、おそらく何カ月も日が当たらないほど狭い谷へと下っていく。時には砂利の上を、時にはアスファルトの上を、そしてまた泥の中を、トリオは時には自力で、時にはロープを頼りに、曲がりくねった道を進みながら、地図上の青い境界線を常に注視し、片耳をラジオに、片耳を車に向け、神経をとがらせて突き進む。

誰も一人では通過できない、チームワークが必要なのだ

しかし、スイス軍の元気な年金生活者も、擲弾兵も何の問題も起こさず淡々と突き進んでいるかのようだ。そして、たのもしいBMWディーゼルのトルクは、どんなに厚い土でも押し流す。

チームワークがすべて: トリッキーな峠道では、チームメンバーが後続車に指示を出すのは絶対のマナーだ。

また、他の参加者と同じように車を少しジャッキアップしていれば、乗員の足の裏がヒリヒリするような地面の溝ごとに英国車が腹をマッサージされることもなかっただろう。まるで地元の林業事務所のボランティア職員のように、後続車のために路面を平らにしてくれるのだ。

他のチームは、時々、方向感覚を失って向かってきたり、近道をしようとしたり、農場で即席の作業場で冒険談を投稿したりするのに出会うが、「トリプルGトリオ」は勇敢に立ち向かう。タイヤが1本、廃棄された牧草地の柵の針金に引っかかって多少の傷は残ったが、工具とスペアパーツのパンドラの箱は、夕方の礼拝を除いて閉じられたままだった。

ゴールを目前に最後の集合写真: 「チーム トリプルG」は、2台のメルセデスGモデルと、筆者トーマス ガイガーが乗るイネオス グレナディアで構成されていた。まさにドリームチームだ。

大自然の中で何日も過ごしたこの冒険だが、結局は失敗に終わった。今回、イネオスがフィニッシュできなかったのも、他のどのマシンもフィニッシュできなかったのも、人間やマシンのせいではなく、舞台裏のパワーゲームによるものだ。というのも、カルパティア山脈で自分の足跡を見つけるのはそれほど困難ではなかったのに、ルーマニアの許可申請が最後まで取れなかった。官僚への根回しが上手くいかなかったのだ。

イネオス グレナディア号はカルパティア山脈で火の洗礼を受けた

「チーム トリプルG」が荒野で果敢に戦い、グレナディア号が長い目で見て競技者たちを驚かせ、納得させた一方で、主催者は行き詰まり、フィニッシュの2日前にイベントを断念せざるを得なかった。もちろん、これは多くの参加者にとって残念であり、失望である。しかし、旅が本当にゴールなのであれば、最終的には誰もが到着したことになる – そしてグレナディア号はカルパティア山脈での火の洗礼を受けたことになる。

結論:
4輪で冒険と自由を体験したいという衝動に駆られる人は、誰でも「スーパーカルパタ」に参加すべきだ。ルーマニアを縦断するこのオフロードツアーは、過酷なほど厳しいが、信じられないほど印象的だ。最も重要なポイントは、全体が大惨事にならないようにすることだ:イネオス グレナディアは真のオフローダーだった。

Text and photo: Thomas Geiger