日本には12台のみ!JAGUAR最後の内燃エンジン搭載スポーツカー「F-TYPE ZP EDITION」を発表

114
- Advertisement -

JAGUARは、2024年モデルをもって内燃エンジン搭載スポーツカー「F-TYPE」の生産を終了するにあたり、1960年代を象徴する「E-TYPE」の2台のレーシングカーにインスピレーションを得た限定モデル「F-TYPE ZP EDITION」を発表した。

わずか150台限定の「F-TYPE ZP EDITION」は、JAGUARがデザインした最後の内燃エンジン搭載スポーツカーとなる。最高出力575PSを発生するV型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジンを採用し、SV BESPOKEのパーソナライゼーション・エキスパートがインテリアおよびエクステリアのカラーを特別に厳選して仕立てる。

最高出力575PS、最大トルク700Nmを発生するV8スーパーチャージドエンジン、全輪駆動(AWD)で、0-60mph加速3.5秒、最高速度は186mph(約300km/h)。

「JAGUARは、2025年からモダンラグジュアリーなBEVブランドになるという目標を掲げ、その歴史上最も大胆な変革を進めています。今回の限定モデルは、JAGUARの内燃エンジン搭載スポーツカーの原点となった『E-TYPE』に敬意を表したモデルでもあります。」
「『E-TYPE』が50年前にそうであったように、『F-TYPE』も10年以上にわたってスポーツカー愛好家を魅了してきました。『F-TYPE ZP EDITION』は、その系譜を称えるものであり、2015年に発表した『F-TYPE PROJECT 7』や2020年の『F-TYPE HERITAGE 60 EDITION』などがあります。私たちのスポーツカーの長きにわたるヘリテージにインスピレーションを得てコレクターズ ・エディションに加わることになります。」
JAGUAR担当マネージング・ディレクター ロードン・グローバー

どちらのボディカラーも、従来の「F-TYPE」にはなく、今年初めにJAGUAR CLASSICが発表した7組限定の「E-TYPE PROJECT ZP COLLECTION」のために特別に開発したものだ。

「F-TYPE ZP EDITION」には2種類のボディカラーがある。ひとつは、1961年の発売直後にレースに参戦し初勝利を挙げた「E-TYPE PROJECT ZP」を想起させるオウルトンブルー・グロスペイントに、マーズレッドとエボニーのデュオトーン・レザーインテリアを、もうひとつにはクリスタルグレイ・グロスペイントに、ネイビーブルーとエボニーのデュオトーン・レザーインテリアをそれぞれ組み合わせている。どちらの仕様も、ドアには手作業によるポーセリン・ホワイトグロスのレーシングスタイル・ラウンデルを配し、そして同じくポーセリン・ホワイトグロスのフロントグリルサラウンドを採用している。

フルーテッドシートパターンのインテリア、グロスブラックのエクステリア・アクセント、グロスブラックのブレーキキャリパー、「ZP EDITION」のフェンダーバッジ、20インチ鍛造アロイホイール(グロスブラック・ダイヤモンドターンド仕上げ)、「F-TYPE ZP EDITION」のスクリプトを配したトレッドプレートとダッシュボードなどを装備。さらに、‘ONE OF 150’と刻印されたSV BESPOKEのコミッショニングプレートも装着している。

「F-TYPE ZP EDITION」は、クーペおよびコンバーチブルがあるが、日本にはクーペのみ、各色6台、計12台が割り当てられた。車両本体価格は23,630,000円。

「F-TYPE」は、2013年に「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をはじめとする数々の賞を獲得。JAGUARのV型8気筒ガソリンエンジンを象徴するこの独特なエキゾーストノートは、大英図書館に保存されている。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:Jaguar Land Rover Japan

Auto Bild Japan おすすめのクルマグッズはこれ!