【バイクライフの楽しみ方】強力なセラミックコート「Ceramic Pro ION」が「ハーレーダビッドソン CVO ストリートグライド」「ドゥカティ」を守る

328
- Advertisement -

バイクライフの楽しみ方。バイクのコーティング編。特にバイクの塗装面、タンクやカウルは傷つきやすく、傷がつくと目立ってしまう。大切なバイクを綺麗に乗りたい。色褪せもイヤ。そんなバイクオーナーの悩みを解決するスグレモノをご紹介する。

ボディコーティングは保護膜を作ることによりダメージから塗装を守ることはもちろん、艶が出ることで深みのある美しさをより引き出す効果がある。バイクの場合はクルマに比べて施工面積が小さいので比較的に気軽にコーティングを体験できることもあり、とても人気が高いメンテナンス方法の一つだ。

ハーレーダビッドソンCVO ストリートグライドを守る

ハーレーダビッドソン CVOストリートグライドは、ロングドライブの快適さを極限まで追求したハイエンドモデルだ。CVOとは「カスタム・ヴィークル・オペレーションズ」の略で、ハーレーのスペシャルモデルであることを意味する。CVOはハーレーダビッドソンの本社工場で厳しい品質管理のもと少数が組み立てられる。

熟練の職人がスクラッチ傷を除去し、鏡面磨きを行う

ハイエンドモデルにふさわしく、ミルウォーキーエイト117エンジンによるパワフルな加速とABSなどの電子制御に裏付けられた高いハンドリング性能を誇る。快適性能もハンパない。ロックフォード・フォズゲート社製のオーディオが装備され、ハーレー随一の音質を誇る。

エンビアスグリーンフェードという、見る角度の違い、光の加減によって色が変わって見える特殊な塗装は、ハーレーの中の選ばれた職人が手作業で塗っている。さらに、ブラックホールという全体的にブラックアウトされたこのストリートグライドは高級志向の特別なハーレーなのだ。

カーメイクアートプロは塗装の状況によって使用するツールを使い分けてスクラッチ傷等を除去していく。下地処理を怠るとせっかく塗布したコーティング剤が定着せず、耐久性が落ちてしまうのだ。

積極的にハーレーの走りを楽しみたいというオーナーの希望を受けて、徹底的にストリートグライドをキズや埃からプロテクションすることに決定。バットウィングフェアリングをはじめ、幅広いフェンダー、大型ケース、マフラー、フロントフォーク、エンジン本体、そしてシートまであらゆるところがコーティングされていく。

スクラッチ傷、ホコリ等が残ってしまうとコーティングがしっかり定着しなくなってしまう。LEDライトを使いながら磨き上げられる。

今回オーナーが選んだのは、「新製品のセラミックプロION」。コーティングを2layer / 2層コーティング塗り重ねていく。2層でセラミックプロ9H 4層相当のコーティングになるのが特徴。

シートの裏側にもセラミックプロ イオンを施工する。普段見えないところは経年変化による劣化を防ぐ目的で施工する。

新製品セラミックプロイオン

「Ceramic Pro ION(セラミックプロ イオン)」はCeramic Pro 9Hで革新的なセラミックコーティングを開発したCeramic Proが新しい技術「イオン交換テクノロジー」と、これまでの長い実績を持つ“ナノセラミックテクノロジー”を融合してできあがったセラミックコーティング剤。

ION BASE COAT:Ceramic Pro ION(セラミックプロ イオン)コーティングシステムのBASE COATでは、塗装上のクリアコートと結合。見えにくいキズなどを埋めることて高い保護性能を発揮する。TOP COATと結合することで酸化・腐食・摩耗・UV・損傷に対して優れた耐性を持つ。

ION TOP COAT:ION BASE COATの上にCeramic Pro ION(セラミックプロ イオン)コーティングシステムのTOP COATを施工することによって、イオン交換反応が活性化する。Base COATで施工された小さなイオンをより大きなイオンに置き換え、より高い密度を実現し、塗装上のクリアコートとコーティング皮膜とがより強力に結合させることによって優れた疎水性特性と耐候性・耐久性を発揮する。

Ceramic Pro 9Hを超える高い硬度により、優れた耐候性・耐薬品性により、ウォータースポットになりにくく、汚染物質による汚れや腐食に対する耐性が向上している。

「イオン交換テクノロジー」でセラミックコーティング皮膜の分子密度を大幅に増加させることによって分子レベルでの結合強度を高めることに成功。これまでのセラミックコーティングと比べ1層あたり約2倍の厚さを持ち、より深い艶と光沢を発揮する。また、ピラミッド状の強力な撥水基を備え、より耐久性に優れた疎水性能を持つ。

硬度・耐久性・防汚性・耐摩耗性などあらゆる性能を大幅に強化させるのが「Ceramic Pro ION(セラミックプロ イオン)」ということだ。
プレミアムペイントが一層際立つ美しさを得た「ハーレーダビッドソン CVO ストリートグライド」。心置きなくツーリングに出かけることができると話していたオーナーの満面の笑みが印象的だった。

マットカラーの「DUCATI SuperSport 950S」

「DUCATI SuperSport 950S」はレーシングマシンのような無駄のないシンプルさの中に美しいフルカウルを纏ったカリカリのスーパースポーツ。純白のカラーは汚れが目立つのと、どれだけ気を遣って走っても飛び石などによる小傷がつくのは避けられないため、早い段階でコーティングすることを検討したオーナーが選んだのは極めて硬度の高いセラミック層を形成する「Ceramic Pro 9H(セラミックプロ 9H)」だ。

オーナーがイメージするステッカーを耐候性、耐熱性のある特殊な素材で、デザインして作成した。

最近バイクでも流行のマットカラーは表面が凸凹なので汚れが付着しやすく、付着した汚れを除去しづらいという難点があるため。Ceramic Proでコーティングするのは有効である。マットカラーだから特別というわけではなく、Ceramic Proの性能をフルに活かすことが可能だ。

DUCATIはフルマットのため磨き作業はなし、入念に洗車を行ってからコーティング施工が行われた。

クリアカラーと違うのは、マット表面では艶消しの源である凹凸を削ってしまっては台無しなので、マット塗装されたところには基本的に磨きはできないということだけ。

カウリングだけでなく、あらゆるところにコーティングを施工することが可能だ。

Ceramic Pro 9Hは、マルチレイヤー施工・一層ごとの密着性を高めることにより高いレベルでのコーティングを実現。マルチレイヤー・コーティングの実現により、より優れた保護性能や耐スリ傷性能を実現したコーティングシステムで、高い疎水性、およびアンチグラフィティ効果により、水分が球状になって流れ落ち、ホコリ等も洗い流してくれる。また、硬いセラミック被膜で表面を保護するので汚れが固着しにくく、有害汚染や過酷な化学薬品からの優れた保護性能を発揮する。耐熱性およびアンチグラフィティ(耐落書き性)によりバイクにピッタリ、いつまでも美しさを保つことができるようになるのである。

綺麗好きだけど、洗車の手間はできるだけ避けたいというわがままなオーナーには、定番の硬いセラミック被膜で表面を保護するCeramic Pro 9Hを、新製品を試してみたいというオーナーには新開発のCeramic Pro IONを試してみてはいかがだろうか。カーメイクアートプロでは豊富なメニューから理想的なディテイリングを提案してくれるので、納得がいくまで相談することをお勧めする。

カーコーティング:https://ceramic-pro.jp/coating-automobile/
バイクコーティング:https://ceramic-pro.jp/coating-motorcycle/
ボート、ヨット、船舶コーティング:https://ceramic-pro.jp/coating-marine/
航空機コーティング:https://ceramic-pro.jp/coating-aviation/
Ceramic Pro JAPAN:https://ceramic-pro.jp/

Text:アウトビルトジャパン
Photo:Ceramic Pro JAPAN / カーメイクアートプロ