アプリ売りのオジさん彷徨記 Vol.22 北陸編 1

304
- Advertisement -

残暑が続く今週は福井と石川を回り、最近ビデオ・アプリを導入した、クライアントのフォローアップです。

先ずは、今年ショールームをリニューアルオープンした、Fukui BMWにお邪魔しました。対応いただいたのは、アプリ導入をリードしていただいた、工場長の松葉さん。松葉さんはBMWジャパンの定める基準をクリアし、マイスターのタイトルホルダーですから、BMWの整備に関してはプロ中のプロ。

背中にMEISTERの文字が入った専用のツナギ。この称号を目標に頑張るメカニックも多いそうですよ。

導入トレーニング後も現場をリードされているので、お客様からの好評価も集まってきていて、イイ感じで進んでいるのは嬉しい限り。ちょっと話しをお聞きすると、BMWは新ショールームの影響もあるのか、販売はまあまあの推移とのことですが、MINIは入荷がまだ思ったように復活していないため、ちょっと苦労しているそうです。ショールームには限定車が展示してありましたが、普通のモデルを欲しいと思うお客さんも多いでしょうから、お客様の選択肢には大きく影響しますね。

広々したワークショップはスペースもたっぷりあり、メカニックの皆さんも働き易そう(左)。ワークショップはショールーム裏手に位置するため、ショールーム内とワークショップ入口脇にも、サービスアドバイザーが座っています。愛車の診断や整備時には、「動画を見せてくれ」と、声を掛けてください!
ワークショップ脇のサービス受付。

福井駅から北に位置するFukui BMW、リニューアルしてご覧の通り、すっきり綺麗な外観となりました。2階にもスペースがありますが、メインは1階のショールームです。外に並んだBMWは試乗車かと思いますが、Z4まで用意されているのは珍しいかも。秋以降でも乗ってみたい1台です。

ちょっとだけお話しを聞くと、冬場の雪も厳しいので、やはり四駆のSUV系は人気が高いそうですし、引き合いも多いそうです。そういった状況は、北陸だけなく信越から東北以北まで、全国的に変わらないはず。普段使いをするお客さんも多いでしょうから、地域の環境によってクルマ選びが決まるのは、万国共通ですね。

ショールーム内のサービス受付とご担当。「ビデオを見たお客様は一様に、驚きと共に分かり易さで、喜んでいただけています」と、嬉しいフィードバックをいただきました。

続いてMINIのショールームもお邪魔しました。BMWに比べると小さめですが、グッズなど含めてところ狭しと展示されています。ショールームの女性に現在のイチ押しお聞きすると、「この限定車がイチ推しです」とのことでした。「シャドウエディション」、黒系の色を纏い、引き締まった印象のボディーが特徴です。

ボディー脇に専用のグラフィックが施された限定車「シャドウエディション」。

他には、このエリアでも人気が高そうなコンパクトSUVのクロスオーバーや、クラブマンにクーパーも展示中。ほぼフルラインが揃っている感じですね。裏に試乗車も揃っていますから、好みのMINI選びも楽しそうですし、細かい車種や仕様、ボディーカラーに内装などに拘らなければ、比較的早期のデリバリーも大丈夫そうですよ。気になる方々は先ず、お店に一報を。

お約束のデリバリールーム。1台置いてありましたから、幸せなオーナーに嫁ぐ日も近いでしょう。

新車・中古車販売、車検・点検整備から一般整備まで、何でもお問い合わせは下記から。
Fukui BMW 〒910-0015 福井県福井市二の宮4-44-1 TEL: 0776-27-8320
https://fukui.bmw.jp/
MINI福井 〒910-0015 福井県福井市二の宮4-43-15 TEL:0776-27-5532
http://www.fukui.mini.jp/ja_JP/home.html

Text&Photo&Movie:ナカタ ヒロユキ

【筆者の紹介】
ナカタ ヒロユキ
少年の頃から乗りモノ好きで、輸入車のセールスとしてキャリアをスタートし、インポーターでは法人営業や中古車を含め、様々な営業関係のマーケティングを経験。その後ドイツ系の会社で、業務支援アプリを全国の自動車ディーラーを中心に営業中。ほぼ毎週どこかへ出没するが、時には愛機Buellに跨ったり、料理を楽しんでいる。