新車ニュース 新型メルセデスEクラス フェイスリフトバージョンの全詳細情報

716

ニューEクラスに多くの新機能。メルセデスEクラスが大幅マイナーチェンジを受けた。将来的には、「パワー‐ナッププログラム(Power-Nap Program)」と7種類のプラグインハイブリッドを搭載したエンジンシリーズが登場する予定だ。価格付きで全情報をお届けする!

➤ 外観
➤ インテリア
➤ 装備
➤ AMG E53
➤ エンジンと価格(最新版!)

メルセデスEクラスの第10世代は、新しいプラグインハイブリッドバージョン、よりクリーンなディーゼル車、およびアダプティブクルーズコントロールのバージョンアップや破壊行為や盗難に対するシステムやなど、多くの新機能を備えたフェイスリフトが施された。

フェイスリフトは、よりスポーティに見える

今回のフェイスリフトでも、メルセデスはEクラスにいつもの要素を与えている。フロントは、ラジエターグリルの刷新と新しいエプロンの採用だ。矢の形をしたデイタイムランニングライト(CLSを彷彿とさせる)を備えたデザインに変更されたヘッドライトには、LED技術が標準で採用されているが、インテリジェントマルチビームLEDライトはオプションで利用可能となっている。
リアには、幅を狭くした2分割ヘッドランプが採用され、車幅を広く見せている。また、トランクリッドとエプロンのデザインも一新された。
全体的に、前モデルのEクラスよりもスポーティな印象を与えている。それは、メルセデスが、アバンギャルドが現在の標準であるということだ。従来までのフードマスコットのモデルなど、ごく少数でしかないのである。

リアでは、特に2部構成のテールライトがモデルチェンジを特徴付けている。

Eクラスの新型ステアリングホイール

インテリアは先代に近いが、技術的な変更点が多い。デジタルコックピットと10.25インチのスクリーンを2つ備えたメルセデスのインフォテイメントシステムMBUX(Mercedes Benz User Experience)が標準装備されている。オプションで、ディスプレイは12.3インチに拡大することも可能だ。
新しいステアリングホイールは、アダプティブクルーズコントロールにおいて重要なタッチセンシティブなものになった。これまでは、電子制御装置は、ドライバーがまだステアリングホイールの上に手を置いていることを認識するために、わずかなステアリングの動きを必要としていたが、今度は触れているだけでよい。
ナビなどのシステムも最新のMBUXバージョンとなり、音声認識などにより様々なコントロールや、目的地情報などを見つけやすくすることができるようにもなっている。

新たにデザインされたシートは、ドライバーの体格に合わせて自動的に適応するようになっていて、ドライバーやパッセンジャーの身長を入力しておくと、シートは自動的に適切な位置に移動し、あとは微調整するだけだ。

エスケープルート機能とパワーナップ(Power-Nap)プログラム

メルセデスは、Eクラスのフェイスリフトに搭載されるアシスタンスシステムをさらに改良した。将来的には、ドライバーが交通渋滞や障害に気づく前に、リアルタイムの交通データに反応することができるようになるのが、ディストロニック(Distronic)アクティブプロキシミティアシスタントだ。アダプティブクルーズコントロール使用時に渋滞に近づくと、時速100kmにまで減速する。
またエマージェンシーレーン機能も追加となった他、メルセデスはアクティブブラインドスポットアシストをさらに改良した。
プラグインハイブリッド車には、「パワーナップ機能」も搭載されている。長旅の途中で充電のために立ち止まった場合、ドライバーは短い仮眠をとることができ、最適なタイミングで再び車に起こされるという機能だ。

アシスタントシステムは、Eクラスの自動運転に向けた準備をさらに進めている。

メルセデスはまた、盗難や破壊行為に対抗するものを考え出した。このシステムは、アバンガードと呼ばれ、2020年半ばからオプションで利用できるようになる。空き巣や盗難の警報システムから、車を動かすと警報が作動するレッカー移動防止システム、盗難や駐車違反を検知し、スマートフォンのアプリを介して所有者に即座に通知する装置まで多岐にわたる。
さらにエキサイティングなのは、警察と協力して、メルセデスは、泥棒がそう簡単に解除できない位置情報機能をEクラスのフェイスリフトに装備したいと考えている。現時点で日本で利用できるかどうかは不明だが…。

E53は435馬力を保持

メルセデスEクラスは、引き続きスポーティなAMGモデルも提供する。しかし、当初は、E53のみがラインナップに加わる。いつものように、それは、パナメリカーナグリルを装備されたフロントだけでなく、特別なステアリングホイールと独自のMBUX機能を備えている。電動化された3リッター直列6気筒エンジンは、435馬力と520Nmのトルクを発揮し、EQブーストスタータージェネレーターにより、短時間的に22馬力と250Nmのトルクを追加で発揮するなど、そのパフォーマンスレベルの高さを維持している。

いつものように、メルセデスAMG E53はフロントが変更され、非常にスポーティな外観を備えている。

Eクラスのフェイスリフトは5万ユーロ(約625万円)以下でスタート

今回のフェイスリフトでは、合計7バージョンものプラグインハイブリッドモデルがエンジンラインナップに加わった。電動化された駆動システムは、156~367馬力のガソリンエンジン、160~330馬力のディーゼルエンジン、後輪駆動または全輪駆動との組み合わせなど、ほぼすべてのバリエーションが用意されている。
また、48ボルトの車両用電動システムを搭載した電動4気筒ガソリンエンジンも用意されており、最大20馬力と180Nmの追加でエレクトリックパワーを発生させることができるようになっている。Eクラスに搭載される他の4気筒と6気筒の両エンジンも見直されていて、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの両方とも、よりダイナミックなレスポンスを発揮できるよう改良された。
ディーゼルをよりクリーンにするために、メルセデスは粒子フィルターとNOx貯蔵触媒コンバーターを採用している。さらに、それぞれに2つのSCR触媒コンバーターを搭載し、ダブルアドブルー(AdBlue)インジェクションを実現している。

すべてのエンジンが改善され、より自然に反応するようになった。

多くのニューテクノロジーを搭載しているため、メルセデスはモデルアップグレードの一環として価格を引き上げている。
E クラスのフェイスリフトはすぐにでも注文することができ、コストは、ベーシックな197 馬力の E200 サルーンの48,475 ユーロ(約605万円)から始まり、ステーションワゴンは約3,000ユーロ(約37万円)の追加費用がかかり、E200エステートモデルは51,860ユーロ(約648万円)からとなっている。
最も安いディーゼルモデルは49,641ユーロ(約620万円)からのE220dで、ディーゼルのエステートモデルは52,788ユーロ(約659万円)からとなっている。
最上位モデルのMercedes-AMG E53は、サルーンが82,646ユーロ(約1,033万円)で、エステートが85,531ユーロ(約1,069万円)から始まります。

以下、テクニカルデータとともに各モデルの価格をリストアップする。
(それにしても驚くほどの種類である!!)
【テクニカルデータ】
●ガソリンエンジン
メルセデスE200:
• エンジン: 4気筒ガソリン • 排気量: 1991cc • 内燃機関エンジンの最高出力: 197PS • 電動モーターの最高出力: 10kW/14PS • 最大トルク: 320Nm(内燃機関エンジン)/160Nm(電動モーター) • 加速: 0-100km/h 7.5秒 • 平均燃費: リッターあたり15.1~16.6km • 価格: 48,475ユーロ(約605万円)、ステーションワゴン51,860ユーロ(約648万円)より。

メルセデスE200 4MATIC:
• エンジン: 4気筒ガソリン • 排気量: 1991cc • 内燃機関エンジンの最高出力: 197PS • 電動モーターの最高出力: 10kW/14PS • 最大トルク: 320Nm(内燃機関エンジン)/160Nm(電動モーター) • 加速: 0-100km/h 7.6秒 • 平均燃費: リッターあたり13.6~14.2km • 価格: 51,212ユーロ (約640万円)、ステーションワゴン54,597ユーロ(約682万円)より。

メルセデスE300:
• エンジン: 4気筒ガソリン • 排気量: 1991cc • 内燃機関エンジンの最高出力: 258PS • 電動モーターの最高出力: 10kW/14PS • 最大トルク: 370Nm(内燃機関エンジン)/160Nm(電動モーター) • 加速: 0-100km/h 6.2秒 • 平均燃費: リッターあたり14~15.1km • 価格: 55,115ユーロ(約688万円)、ステーションワゴン57,905ユーロ(約723万円)より。

メルセデスE450 4MATIC:
• エンジン: 6気筒ガソリン • 排気量: 2999cc • 内燃機関エンジンの最高出力: 367PS • 電動モーターの最高出力: 16kW/22PS • 最大トルク: 500Nm(内燃機関エンジン)/250Nm(電動モーター) • 加速: 0-100km/h 5.0秒 • 平均燃費: リッターあたり12~12.6km • 価格: 64,617ユーロ(約807万円)、ステーションワゴン67,400ユーロ(約842万円)より。

メルセデスAMG E53 4MATIC+:
• エンジン: 6気筒ガソリン • 排気量: 2999cc • 内燃機関エンジンの最高出力: 435PS • 電動モーターの最高出力: 16kW/22PS • 最大トルク: 520Nm(内燃機関エンジン)/250Nm(電動モーター) • 加速: 0-100km/h 4.5 秒 • 平均燃費: リッターあたり11.3~11.7km • 価格: 82,646ユーロ(約1,033万円)、ステーションワゴン85,531ユーロ(約1,069万円)より。

●ディーゼルエンジン
メルセデスE220d:
• エンジン: 4気筒ディーゼル • 排気量: 1950cc • 最高出力: 194PS • 最大トルク: 400Nm • 加速: 0-100km/h 7.3秒 • 平均燃費: リッターあたり20.4~21.2km • 価格: 49,641ユーロ(約620万円)、ステーションワゴン52,788 ユーロ(約659万円)より。

メルセデスE220d 4MATIC:
• エンジン: 4気筒ディーゼル • 排気量: 1950cc • 最高出力: 194PS • 最大トルク: 400Nm • 加速: 0-100km/h 7.5秒 • 平均燃費: リッターあたり18.5~19.6km • 価格: 52,378 ユーロ(約654万円)、ステーションワゴン55,525 ユーロ(約694万円)より。

メルセデスE400d 4MATIC:
• エンジン: 6気筒ディーゼル • 排気量: 2939cc • 最高出力: 330PS • 最大トルク: 700Nm • 加速: 0-100km/h in 4.9秒 • 平均燃費: リッターあたり15.6~16.3km • 価格: from 64,932 ユーロ(約811万円)、ステーションワゴン67,723 ユーロ(約846万円)より。

●プラグインハイブリッド
メルセデスE300e 4MATIC:
• エンジン: 4気筒ガソリン • 排気量: 1991cc • 内燃機関エンジンの最高出力: 211PS • 電動モーターの最高出力: 90kW • 最大トルク: 350Nm (内燃機関エンジン)/440Nm(電動モーター) • システム総出力: 235kW(320PS)と 700Nm • 加速: 0-100 km/h 5.8秒 • 平均燃費: リッターあたり52.6km • 電動のみの航続距離: 46~49km • 価格: 59,060ユーロ(約738万円)より。エステートモデルなし。

メルセデスE300de:
• エンジン: 4気筒ディーゼル • 排気量: 1950cc • 内燃機関エンジンの最高出力: 194PS • 電動モーターの最高出力: 90kW • 最大トルク: 400Nm (内燃機関エンジン)/440Nm(電動モーター) • システム総出力: 225kW(306PS)と700Nm • 加速: 0-100km/h 5.9秒 • 平均燃費: リッターあたり71.4km • 電動のみの航続距離: 50~53km • 価格: 57,453 ユーロ(約718万円)、ステーションワゴン60,244 ユーロ(約753万円)より。

メルセデスE300de 4MATIC:
• エンジン: 4気筒ディーゼル • 排気量: 1950cc • 内燃機関エンジンの最高出力: 194馬力 • 電動モーターの最高出力: 90kW • 最大トルク: 400Nm (内燃機関エンジン)/440Nm(電動モーター) • システム総出力: 225kW(306PS)と700Nm • 加速: 0-100 km/h in 5.9秒 • 平均燃費: リッターあたり62.5km • 電動のみの航続距離: 46~49km • 価格: 60,190 ユーロ (約752万円)、ステーションワゴン62,981 ユーロ(約787万円)より。

【フォトギャラリー】

フェイスリフトEクラス サルーン
ニューEクラス ステーションワゴン オールテレイン
メルセデスAMG E53サルーンとエステート