BYD第2弾「BYD ドルフィン」上陸! 基本性能が高いBEVエントリーモデルが登場

704
- Advertisement -

BYDはグローバルで43万台を販売している電気自動車(BEV)「ドルフィン」を日本で販売すると発表した。日本では「ATTO 3」に続く2番めとなる。日本上陸して間もない「ドルフィン」の走りをチェックする。

「BYD ドルフィン」はVWゴルフ、アウディA3、メルセデスAクラス、BMW1シリーズ、カローラスポーツ、インプレッサ、マツダ3などなど競合ひしめくCセグメントに属するコンパクトカーだ。

ダブルウエストラインが印象的なサイドビュー。

サイズは全長4,290mm、全幅1,770mm、全高1,550mm、ホイールベース2,700mmで「ATTO 3」に比べて165mm短く、105mm幅狭く、65mm背が低い。ホイールベースは20mm短いだけで、両車プラットフォームはBYDが誇るブレードバッテリーを搭載した「e-Platform3.0」を使用している。1550ミリの全高は立体駐車場に入るサイズだ。日本以外は全高が1570mmなのだが、日本仕様のみ20mm削られて1550mmになっている。また、BYDのバッテリーには8年/15万kmの保証がついている。

オーシャンエステティック デザイン

エクステリアは「ATTO 3」と同じデザインチームによる「オーシャンエステティック デザイン」を採用。パッと見VW ID.4に似た感じで、丸みのある空力を意識したデザインだ。ガゾリン車からの乗り換えでも違和感がないクセのないデザインは好感が持てる。

大きなテールゲートスポイラー。

短いエンジンルームにはモーターなどの駆動系ユニットが入っている。フロント、リアLEDコンビネーションランプ、ドアミラー加熱デフロストが装備され、電気自動車にはお決まりの大きなテールゲートスポイラーが印象的だ。ボディパネルのつなぎ目のチリは狭く、建付けの良さを感じることができるし、ドアの開閉音もしっかりしていてる。

さっぱりしたインテリアデザイン

インテリアは「ATTO 3」同様ヨーロピアンデザインだが、こちらはシンプルで万人受けするデザインになっている。「ドルフィン」はBYDのエントリーモデルだが、シートなどの素材にはエコ素材を採用しており、安っぽさは一切なくきれいにまとまっている。

170cmのドライバーがシートポジションを設定した際の後席には十分な広さがある。フロアにはセンタートンネルがないためスッキリしている。
中央のモニターパネルは縦にも横にもできる。

5インチのメーターパネルは、小さいながらも必要な情報を見やすく表示している。ダッシュボード中央のタッチパネルは12.8インチで縦にも横にもなる。シートの掛け心地は前後とも申し分なく、リアはセンタートンネルがないため、床がフラットになっているためとても快適だ。フロントガラスを大きく寝かせているが圧迫感はなく、トランスミッション、マフラーがないために広い室内空間が確保されている。ラゲッジスペースも十分な広さで、うまくパッケージングされている。右ハンドル化にあたって、日本仕様はウインカーレバーも右にしているあたりにBYDの本気度がうかがえる。

センタートレイの右側のスイッチがギアセレクターになっている(左下)

ロングレンジの航続距離は476km

「ドルフィン」には2つのグレードがあり、今回テストしたのは「BYD DOLPHIN Long Range」の方でモーター出力150kW、航続距離476kmだが、もう一つは「BYD DOLPHIN」でモーター出力70kW、航続距離400kmだ。出力が半分以下となるが、車重が160kg軽いため、体感上は大差ないようだ。ツートンカラーが「ドルフィン LONG RANGE」の外観上の特徴となっている。特筆すべきは、リアサスペンションを作り分けていることで、「ドルフィン」はトーションビーム、「ドルフィン LONG RANGE」はマルチリンクを採用する。

電動モーター、駆動系はフロントに搭載される。充電はCHAdeMOに対応している。

FWDの「ドルフィン」の乗り心地は、総じてフツウ(良い意味で)だ。クルマ好きには少々物足りないだろうが、平均点はとても高いところにあり、大多数のドライバーの共感を得られるような角の取れた優しい乗り心地を示す。タイヤはブリヂストン エコピアが装備されていたが、タイヤとの相性も良好で、走りにおいては、これといったネガティブポイントは見つからなかった。世界一電気自動車を販売しているBYDならではと言うべきか、あえて電気自動車らしさを強調しない余裕を感じる。出だしも滑らかで、うっかりアクセルを踏みすぎて猛ダッシュするなんてことはない。パワー制御がよくできている。

幼児置き去り検知

ドルフィンには多くの安全・運転支援システムが装備されているが、中でもステアリング操作やペダル操作、時刻等の状況からドライバーの疲労度を検知して、疲労度が高いと判断した場合、ディスプレイに警告を表示する「ドライバー注意喚起機能」、車内の天井2箇所にあるミリ波レーダーが、生体が車内に残っているかを検出した場合、ライトの点滅とホーンで車外に知らせる「幼児置き去り検知」はユニークで、今後スタンダード化するのではないだろうか。

「ドルフィン」はBYDのエントリーモデルだが、全体的な品質は高い。

さて、気になる値段だが、「BYD DOLPHIN」が363万円、「BYD DOLPHIN Long Range」が407万円とかなり意欲的な設定となっている。

Text&Photo:アウトビルトジャパン