BMW X軍団2020 購入ガイドとアドバイス それぞれの特徴と強みは?

355

Xゲーム BMW X1, X2, X3, X4, X5, X6, X7: 購入アドバイス

BMW Xのすべてのモデルをテスト。X1からX7まで、サイズもパワーもそれぞれ異なる。長さは4.36から5.15メートル、パワーは160から625馬力。関心を持っている人々への購入へのガイドとアドバイス。

フロントにビッグサイズのキドニーグリルと白と青のプロペラのロゴ

BMWのような大規模なSUVプログラムを提供できるメーカーはほとんどない。
今ではミュンヘンの3台目にデビューする車には、すべてシリーズ名に「X」が付いている。コンパクトなX1から巨大なX7まで、すべての数字を占めている。
そしてこの命名法は、理解しやすいように単純な論理に従っている。Xの後ろに奇数の数字があれば、それはクラシックなベーシックモデルで、つまりX1、X3、X5、X7を指す。
Xの後ろの偶数は、おもにそのベースとなった、あるいはそのサイズのハッチバックモデルを表す。
これにより3組(X1/X2、X3/X4、X5/X6)のペアが誕生し、コンパクトクラス、ミディアムクラス、ラグジュアリークラスの順にBMWのSUVモデルラインアップを形成する。そして、2021年にはハッチバックモデルのX8が登場すると噂されるX7は、今もそれらのモデルの上に君臨している。

最高の栄冠: X7は巨大な外観で、86 x 36 cmのグリルはBMW史上最大のものだ。コックピット内は明らかに豪華だ。

すべての人に適したSUVをショールームに届けること。それぞれの人に相応しいSUVが並んでいることが理想だ。
しかし、現在の7つのモデルには、すでに数え切れないほどのエンジンや装備が搭載されているため、すべてを把握するのは容易ではない。
本当に必要なSUVはどれなのか? どのエンジンが自分の好みにあうのか? どのモデルが自分のライフスタイルに最もフィットするのか? などなど、多くの疑問が湧いてくる。
フォトギャラリーでは、BMW Xの全モデルに関して、重要な情報はもちろんのこと、私たちからの明確な推奨事項も掲載する。
さあ、一緒に2020年のミュンヘンXゲームを始めよう。

X1 & X2:

まずは、モデルラインナップの中で最小のSUVであるBMW X1とBMW X2のペアリングから始めよう。この2台のコンパクトSUVの場合、BMWは直列6気筒と後輪駆動は採用していない。単にミニ カントリーマンの前輪駆動テクノロジーを流用している。そして、それはバランスよくフィットしているから、うかつに四輪駆動には絶対に手を出さない方がいい。

20iと20dは200キロ以上の牽引力を持っているが、少なくとも2,000ユーロ(約24万円)以上のコストがかかるので、そのお金を他に投資したほうがいいだろう。

sDriveモデルも非常に便利で機敏で、コンパクトなサイズのため、交通量の多い都心部や狭い山道でも人気が高い。繊細なステアリングと張りのあるシャシーチューニングのおかげで、すぐに良い気分にさせてくれる。
ただし、最小のXモデル2台は、悪路や整備の行き届いていない脇道では少し頑固になることがある。したがって、スポーツサスペンション(350ユーロ=約4万2千円)や17インチ以上のホイールは避けるべきだ。18インチや19インチは良さそうに見えるが、明らかにオーバーサイズのため、家族の平安を揺るがしかねない。特に小さな家族は広々とした実用的なX1で快適に感じているので、必要以上のタイヤで無理はしないほうがいい。

X1のトランクは505~1550リットル(X1 25eは450~1470リットル)を保持している。一方で、X2の後部には470〜1355リットルの荷物が収まる。
8速オートマチックは2100ユーロ(約25万円)だが、これに勝るものはない。20iは燃費こそいまいちだが、挙動はとても生き生きとしている。
X2はスタイルにこだわる2人家族か子供が幼い家庭にお薦めだ。ルーフが7センチフラットになっているので、後部座席は頭の部分が窮屈だ。また、ラゲッジスペースも200リットル前後となっている。なにより、X2 は1,250 から 1,600 ユーロ(約15万円~19万円)、X1より高価なので、X1にするかX2にするか家族協議会が必要となろう。また成人がリアシートを使う頻度によってどちらかにするかが決まると思う。
クラシックな丸みを帯びた計器類とクールなiDriveコントロールを備えたコックピットは、とても印象的だ。X1もX2も、0から100km/hまで8秒以下で加速できる。

X3 & X4:

続いてX3とX4だ。BWMのX4(左)はスポーツ志向のユーザーを誘引するために設計されているが、X3はより日常的な機能を重視している。
ミッドレンジのSUVは、すべての面で他のSUVの平凡さを超えている。このことは、全モデルに搭載されている全輪駆動システムとオートマチックトランスミッション、直列4気筒と6気筒、そして喜びを伴う典型的なドライビング体験は魅力的で機能的だ。

X3のコックピットには、大型モニターを高い位置に設置し、直感的なiDriveコントロールを搭載している。長さ4.70mの高い位置に据えられた座席が提供する空間は、まったく何の不満もない。大人4人が驚くほど快適に移動できる。
X4がX3に比べて何よりも重要な点は、トランクの縮小だ。X3が1,600リットルという荷物用のスペースを備えるのに対し、X4は170リットル少ない容量の1,430リットルしかない。その上、X4の荷台はX3より9センチ高くなっている。

一旦旅に出れば、どちらのモデルも機敏な性格と上質な快適性が印象的だ。1.8トンの重量にもかかわらず、正確なステアリングは、コーナリング時にも軽快さを与えている。
特にX4に標準装備されたスポーツステアリングは特に好感が持てる。路面の悪路や凸凹も、巧みにチューニングされたスプリングが柔軟に吸収する。スポーツサスペンション(これまたX4には標準装備!)や豪華すぎるホイール(標準18インチ)だけが、車内の静けさを乱してしまうが。

スタリッシュだが、X3より5cmフラットなハッチバックモデルのX4は、フロントと、特にリアのヘッドルームが犠牲になっているが、それほど悲劇的なものではない。背の高いゲストを除けば…。
あなたのお財布のことを考えれば、20dをお勧めする。あなたがどちらのボディバリエーションを好むかに関係なく、である。190馬力の2リッターディーゼルは、48ボルトのオンボードシステムから8キロワット(11馬力)を得る。これは、始動停止がはるかにスムーズで、より効果的であることを意味している。そして、ガソリン消費量を削減することにもつながる。

全体としてはマイルドハイブリッドと呼ばれているが、かなりワイルドな走りもできる。7.9秒で、ミュンヘンのミッドレンジSUVは0から100km/hまでスプリントダッシュし、最高213km/hの速度に達することができる。穏やかな操作で、スムーズかつまたたく間に6速まで到達する。
ガソリン燃料消費量を節約することはできても、残念ながら購入価格は節約できない。X3 20dは、少なくとも49,300ユーロ(約591万円)するし、やや優れた装備のX4(スポーツステアリングとサスペンション、ワンゾーン自動空調などの代わりに3つのゾーン自動空調など)には、54,200ユーロ(約650万円)の費用がかかる。
名前に「M」がついたモデルは、夢の中でのみ挑戦すべきだろう。スポーツサスペンションや20インチホイール(Mモデルに標準装備)は厄介だし、300馬力を超える性能は、このようなSUVにはやはり場違いなのだ。そして、その価格も!
どちらにするかはもちろんあなたの好み次第ではあるが、実用的なのは間違えなくX3であり、X4はスペシャリティーカー、もしくはSUVの形をしたスポーツカーと考えた方が良いかもしれない。

X5 & X6:

アッパークラスへ、ようこそ! 今では信じられないかもしれないが、実はX5はBMW初のSUVだ。BMWの人々が長い間考え、「X」のついたタイプ呼称を思いついたのはもう20年以上も前の1999年のことだ。
現在X5は4世代のモデルが、米サウスカロライナ州のスパータンバーグで作られているが、あらゆる面で徐々に大きくなっている。今や4.92メートルの長さと2.0メートルという幅で、我々の駐車場やガレージには大きすぎるくらいのサイズだ。

しかし、利用可能なスペースは、それらのサイズに応じて大きく、後部座席も風通しが良い。ラゲッジスペースは、645から1860リットルとかなり大きく、典型的な上下2部構成のテールゲートを備えている。X5には、1,700ユーロ(約20万円)のオプション料金で7人乗りシートも用意されている。
インテリアは、先代よりもはるかに上質でよくなっている。我々の意見では、iDriveは現時点でマーケット内最高のシステムであり、明確に整理されたメニューと素敵なルックスを兼ね備えている。

幅広いエンジンの中から、我々は断然265馬力の3リッターディーゼルをお勧めする。厳粛で老々としたサウンド、上質なマナー、優れた走行性能と燃費性能を兼ね備えた素晴らしいパワーユニットだ。いつものように、(標準装備の)ZF製8速オートマチックトランスミッションが丁寧に反応し、パワーユニットにぴったりとフィットしている。
そして、より快適なドライビングをお望みなら、エアサスペンション(2,100ユーロ=約25万円)をお勧めする。
典型的なBMWのSUVであるX5は、決してドラマチックではないが、このクラスのSUVの中では明らかに最も扱いやすく、俊敏でバランスの良いSUVの1台だ。

一方X6であれば、X5よりも俊敏なパフォーマンスを見せる。
2008年に発売されたX6は現行モデルで3代目だ。
ここではX6のデザインについて議論する必要はないだろう。特にリアエンドに関しては…。X6、すなわちSUVのクーペは、最初から大成功を収めており、その後、多くの模倣者が出現したのは周知の事実だ。
X6は、X5よりも高価であるが、その壮大な外観以外には、X5より提供しているものは少ない。後部座席はより狭く、ラゲッジスペース(580〜1530リットル)もより小さい。
しかし、一方で、その外観が約束するものを保証する適切なエンジンを備えている。

X5Mコンペティション:

中でも我々は530馬力のV8ツインターボを推奨する。それが存在している間に購入すべきだというのが理由だ。熊のように強く、噛みつくような、毒のある、豊かなサウンド。そして、単純に素晴らしく非合理的だ。
625馬力とほぼ2.4トンのSUVの出会いは物理学の法則を揺さぶる。正確なステアリング、アダプティブシャシー、アクティブロール補正システムを駆使して質量を隠す。その結果、非常にスマートで安全なハンドリングを実現している。
Photo: BMW Group

X6Mコンペティション:

X6 M コンペティションは、さらに高い柔軟性を備えている。ミシュラン4Sスポーツ4Sのグリップ力は、リアを重視した4輪駆動システム、アクティブリアデフ、フロントアクスルの強力なネガティブキャンバーと相まって、驚くほどアンダーステアの少ないハンドリングを実現している。
Photo: BMW Group
4.4リッターのツインターボV8は、非常にハードにX6を推進させ、必要に応じて7,200回転までレヴアップする。同時に、それは常に滑らかに走り、フラップエキゾーストシステムのおかげで、V8は優しく穏やかなサウンドをたてる。
V8ユニットはそのパワーを有名なZF製8速オートマチックトルクコンバーターに伝達する。
Photo: BMW Group
オプションのMドライバーズパッケージと組み合わせることで、最高速度を290km/hにまでアップさせることができる。コックピットは人間工学に基づいてデザインされ、BMWらしい太いステアリングホイールリムと論理的なiDriveオペレーティングシステムが提供されている。
Photo: BMW Group

X7:

最後は当然BMW SUVの王者X7だ。
X7は、すべての快適性を備えたパワフルでラグジュアリーなSUVで、価格は最低でも87,800ユーロ(約1,053万円)からという高級車だ。
X7は全長5.15メートル、全幅2メートル、重量約2.4トン。そして四輪駆動とエアサスペンションが付属している。また、要望に応じて、四輪ステアリング(1,250ユーロ=約15万円)とロール補償(2600ユーロ=約31万円から)を取り付けられるようにもなっている。

ほぼ想定していた通り、標準で7つのシートの備わったX7のインテリアは広々としているが、我々は2列目には2つの快適なシングルシートの装着されたバージョン(850ユーロ=約10万円)をお勧めする。素材の選択、職人の技によって細部の品質はすべて第一級だ。
エンジンのラインナップからは、この高級車を楽々と、あるいは希望すればもっと速く走らせることができる壮大なV8ガソリンエンジンをお勧めする。
しかし、X7の場合、主たるフォーカスはエンジンよりも快適性に置かれる。BMW X7は、最大限の自信を持って、フルにリラックスした状態でドライブし、優しくスムーズにそして、車内を常に非常に静かな状態を保ち続ける。

いつの間にかBMWはフルラインナップのSUVメーカーになっていた!
でも、そんなことを言えばメルセデスベンツだって、アウディだって、いまやフルラインナップSVメーカーではあるのだが、それでもいざこうしてX1、2、3、4、5、6、7そしてこれから出るといわれている8まで数字を並べてみると、こんなにもモデルがあったのかと思わざるを得ないし、正直びっくりしてしまう。
街ですれ違ったXが、1なのか、2だったのか、3なのか、それともひょっとすると4だったのか、即座に判別できる自信はないし、それがどれくらい違うのかも説明できる才能もない。
では、もし人生で、これから自分で買うとしたら、どのXにするだろうか、と考えてみた。自分としたら、やはりSUVだから実用性は大切だし(つまり室内空間や荷室が広いこと)、せっかくSUVを買うのだから4輪駆動であること、速さはそこそこでいいから快適な乗り心地を持つことと、ディーゼルエンジンであることは必須で、できればサンルーフがついていたら嬉しいな、と私の要望はそんなところだろうか。さらに付け加えるならば、スポーティー過ぎないように、扁平率の高い、大きなサイズのタイヤは不要、というのも大切だが、どうしてもの時にはホイールをインチダウンすればなんとかなるかもしれない。
そんなこんなで、自分で買うのならX5の普通のディーゼルエンジンモデル、というのが結論だが、そこでネックになるのは大きさである。もはやX5のサイズは巨大と言っても良いサイズで、日常使いにはあまりにも大きすぎる。初期のX5からコンスタントに巨大化し、今やレンジローバーのようにX5は大きな車なのだ。
だとしたらX3を選びなさいとBMWは説明するだろうし、つまりフルラインナップというのはそういう風に「大きすぎるならXXを」、「スポーティーなのが良いのなら、こっちを」と細かく薦めることのできる、言ってみれば隙間のない、ニッチなものさえ備わったメーカー都合優先ともいえる車種展開なのかもしれない。そしてそれはユーザーの要望にも、きめ細かく対応してくれているということなのだとも考えられる。
だが…、本当に欲しいクルマは何か、を考えた時に、それだけ似たような車種があったら、やっぱり迷ってしまうだろう。そんなに車種必要なのだろうか?? 
というのは、3と5と6と7しかラインナップになかった時代のBMWを知っている者の、単なる独り言である。

Text: Gerald Czajka, Dirk Branke
加筆:大林晃平
Photo: Christoph Boerries