新車情報 新型BMW4シリーズ クーペいよいよ登場 画像とともに全情報公開 

1499

BMW 4シリーズ クーペ: イントロダクション、デザイン、エンジン、価格

新しい4シリーズは独立したモデルとなる。3シリーズデビュー1年後、BMWは4シリーズをローンチする。新型クーペは兄弟モデルのミドルサイズセダンとは名前が異なるだけではなく、独自の道を歩む。技術的、見た目の両面で。

Photo: AUTO BILD Montage / BMW Group
Photo: AUTO BILD Montage / BMW Group

➤ デザイン
➤ シャシー
➤ エンジン
➤ 価格/マーケットローンチ時期

1年前、BMWはミドルクラスのベストセラー「3シリーズ」のニューモデルを市場に投入し、2019年末には、その「ツーリングバージョン」が続いた。そして今、その次のステップとして新型4シリーズ クーペが登場する。先代モデルから、ミュンヘンを拠点とするメーカーは、スポーティな2ドアクーペを「3シリーズ クーペ」から、「4シリーズ」へと改名した。2020年10月にマーケットに導入される予定のニューモデルでは、4シリーズは3シリーズとは明確に異なるモデルに生まれ変わる。視覚的にも技術的にも。

デザイン: 外側はスポーティ、内側はクラシック

もちろん、新型4シリーズは3シリーズから多数のパーツを採用している。それにもかかわらず、クーペは2ドアの3シリーズよりもはるかにスポーティに見える。
特に4シリーズはサルーンよりも6センチほど車高が低くなっているからだ。これに加えて、リアアクスルのトレッドが23mm広くなったことで、BMWは筋肉質なリアエンドを実現している。
しかし、クラシックな3シリーズとの違いは、フロントに備わった大型サイズのメガダブルキドニーグリルを見れば一目瞭然だ。そして、私たちは、すでに昨年のフランクフルトショーで発表されたコンセプト4スタディモデルから、このことは事前に認識していた。しかし、常とは異なり、大きなグリルは、単なるモーターショーのためのデモンストレーションではなく、実際にシリーズ生産化されることとなった。あなたがベーシックバージョンの4を選択するか、スポーツバージョンを選択するかによって、ジャイアントグリルは、攻撃的にもなりうる。
大きなエアインテークとギザギザのリアデフューザーは、「M-エアロダイナミクスパッケージ」の特徴であり、今後必ず登場するはずのM4(おそらく最大510馬力)がおそらくもたらすであろう、ハイパフォーマンスを予感させる。
4シリーズのデザインは控えめなエレガンスに焦点を当てているが、決して目立たないように見えることはない。

上に向けて伸びあがるようなウィンドウラインを備えた凹型グリーンハウスによって、4シリーズは、よりダイナミックに見えるようになる。なかなかシンプルで美しいし、メルセデスベンツと違い、クーペの似合うクルマである。

3シリーズと4シリーズのインテリアはよく似ていて、フレームレスウィンドウを備えた大きなドアからコックピットに入ると、そこは典型的なBMWの世界だ。新型クーペのサルーンやツーリングよりも低い位置に座ると、後方の視界はやや制限されているが、インテリアデザインはおなじみのものだ。
そして、デジタル計器、大型インフォテインメントタッチスクリーンやデジタル音声アシスタントにもかかわらず、4シリーズは何年も前のものと同じように感じる。それほど進化した内装なのである。

コックピットは、ほとんど3シリーズと同様なものだ。むろん着座位置は4ドアバージョン(3シリーズ)よりもやや低い。

ランディングギア:
新型4シリーズは足回りを変更し、よりダイナミックになっている。。リアアクスルのトレッドが広くなったことで、見た目がよりクールになっただけでなく、ドライビングダイナミクスの面でも効果を発揮している。
フロントアクスルのキャンバーを増やし、重心を合計21mm下げている。さらに、空力的な微調整と、トランクリッドのミニリアスポイラーがリフト量を減らしている。

4シリーズの重心は、3シリーズに比べて21ミリ下げられている。

BMWはまた、シャシーの再設計に多くの頭脳と投資を投入した。フロントのストラットドームとボディの間とリアのストラットを追加することで、ステアリングレスポンスとクルマ全体の剛性を向上させている。さらに、ストロークに依存するショックアブソーバーは、よりタイトになり、スポーティな方向に微調整されている。
もちろん希望者には、個人の好みに合わせて調整できるアダプティブシャシーも用意されている。
また、3シリーズと同様に、4シリーズでもリアアクスルにリミテッドスリップデフが採用されており、最もグリップ力のある車輪にパワーを送ることができるようになっている。

エンジン: BMW初の48ボルト技術を搭載したガソリンエンジン

当初は、暫定トップモデルのM440iには最大374馬力が用意される。加えて、マイルドハイブリッドシステムによって11馬力が供給される。
3リッター容量の直列6気筒エンジンは、BMW初の48ボルトテクノロジーを搭載したガソリンエンジンだ。これは、ガソリンエンジンの500Nmというトルクに加えて、発進時や加速時により強力なブーストを提供することを目的としている。これにより内燃機関の効率も良くなり、燃料消費量も削減されるようになっている。
BMWによると、四輪駆動のM440iの燃費は、リッターあたり約14kmとなっている。

M440iは、Mパッケージを備えていない430iに比べて、よりシャープでアグレッシブなルックスになっている。

ラインナップの直列6気筒の下には、184馬力(420i)と258馬力(430i)の2つの2リッターターボ4気筒エンジンがある。
ディーゼルエンジンは、190馬力の420dのみが4つの燃焼室を持ち、430d(286馬力)とM440d(340馬力)は3リッター6気筒パワーに頼っている。
よりパワフルな2種類のディーゼルエンジンには四輪駆動が用意されているが、2021年3月までは市場に投入されない。少なくとも当分の間は、全てのエンジンに 8速オートマチックトランスミッションが組み合わされる。

市場導入時には、3種類のガソリンエンジンと1種類のディーゼルエンジンが用意される。さらなるエンジンのバリエーションは今後も追加される予定だ。

【フォトギャラリーと市場導入時期と価格】

フロントは、先代モデルよりも3シリーズとの差別化が図られている。縦の支柱の代わりに、ジャイアントキドニーグリルには銀色のインレイが施されている。丸いライトから横型に変更されて、よりフラットになったヘッドライトが印象的で、ラジエターグリルから独立している。8シリーズを彷彿とさせる、角張った2つのデイタイムランニングライトが特徴的だ。

8シリーズとの類似性は、横から見たときにより明白となる。ウィンドウのラインが上がった小さなグリーンハウスと、よりかさばったリアは、兄貴分を彷彿とさせる。側面はより滑らかになり、遊び心がなくなった。最大の特徴は、フロントからリアへと走るリベートで、以前よりも低くなり、モールやメッキ類なども少なくなったことだ(写真はM440i)。
シルエットは、より伸びやかに見え、低く構えている。全長は4.768メートルで、新しい4シリーズは、先代に比べなんと12.8センチも長くなっている。全高はわずか6mmしか先代より高くなく、クーペのルーフまでの長さは1.383mとなっている(写真はM440i)。全幅は1.852メートルと、2.7センチ拡大している。

リアは、新型4シリーズがいかにシンプルであるかを最もよく表している。ビーズやシワもほとんどなく、完全にクリーンだ。テールパイプはさらに外側に移動し、BMWらしいプラスチック製の縁取りで囲われている。L字型のテールライトは、テールゲートに向かって細くなっている。立体的なデザインで、5シリーズのフェイスリフトのリアライトを彷彿とさせる。
新しいライトとメガグリルを採用し、ベースとなっている3シリーズとは明らかに一線を画している。8シリーズ同様、高級感のあるプレミアム感がよくわかる。
4シリーズ クーペは、4気筒と6気筒のガソリンエンジンとマイルドハイブリッドエンジン(184~374馬力、電気モーターからの出力は11馬力)、4気筒ディーゼルエンジン(190馬力)というラインナップで市場投入される。
さらに2つの6気筒エンジンと、最高出力510hpを発生すると予想されるM4も続く。
標準モデルには8速オートマチックトランスミッションが標準装備され、M4にはマニュアルトランスミッション付きバージョンも設定される。

マーケットローンチは2020年10月

現時点で、新型4シリーズの価格は、まだBMWから発表されていない。
先代モデルと3シリーズとの価格差は3500 ユーロ(約42万円)だった。このロジックに従えば、4シリーズのニューモデルは、最小モデル420iが約44,350ユーロ(約532万円)から開始すると推測される。より強力なガソリンエンジン、430iとM440i は、それぞれ約 49,150ユーロ(約589万円)と 66,350ユーロ(約796万円)からのスタートとなるだろう。
クーペは2020年10月に発売され、その後、2021年春にコンバーチブル、2021年夏に4ドアのグランクーペが発売される予定だ。

Text: Michael Gebhardt
Photo: BMW Group