ナイトライダーのナイト2000(K.I.T.T.)ルックのポンティアック ファイヤーバードの中古車が新しいオーナーを探している それもバーゲンプライスで・・・

636
- Advertisement -

ナイト2000(K.I.T.T.):ポンティアック ファイヤーバード。カルトシリーズ「ナイトライダー」のナイト2000(K.I.T.T.)ルックのポンティアック・ファイヤーバードの中古車が新しいオーナーを探している。

80年代から90年代にかけての子供たちが、マイケル ナイトことデヴィッド ハッセルホフのようにナイト2000(K.I.T.T.)に乗ることを夢見ないわけがない!K.I.T.T.(Knight Industries Two Thousand)は、TVシリーズ「ナイトライダー」のトーキングカーとして絶対的なカルトとなったが、この大スターのベースとなったのは、大きく改造された「ポンティアック ファイヤーバード トランザム」だった。

独ノルトライン=ヴェストファーレン州のヴァハテンドンクで、そのような車が売りに出されている。この第3世代の「ポンティアック ファイヤーバード(1982年から1992年まで製造)」はナイト2000(K.I.T.T.)に大幅に改造されている。

伝説のナイト2000(K.I.T.T.)

象徴的な赤いLEDライトバー(コックピットから操作可能)を備えた特別なボンネット、リアスポイラー、さらには黒いテールライトまで: 視覚的にも、さまざまなエクストラを備えたこの車両は、オリジナルに匹敵する。伝説の「カリフォルニア ナイト(CALIFORNIA KNIGHT)」ナンバープレートも装着されている。

ポンティアック ファイヤーバードの中古車

1993年に初登録された140馬力のクーペは、30年という節目を迎え、正式にクラシックカーとみなされるようになった。現在、走行距離は227,560kmだが、このポンティアックは最近乗られておらず、主に展示会やショールームで使用されてきた。

ナイト2000(K.I.T.T.)が公道に復帰できるよう、オーナーは2022年6月からいろいろと手を入れてきた:バッテリーの交換や電子機器の配線の変更に加え、照明の修理、ボンネットの再塗装、各種消耗部品の交換などが行われた。さらに、タイヤ、ホイールカバー、Trans-AMのフロアマットなども新調された。最後に、オイルサービスを含む点検が行われ、車検が行われた。

インテリアはよく保たれているが、ナイト2000(K.I.T.T.)にトリムされていない!

しかし、インテリアはTVカーに準じた改造が施されておらず、非常に良い状態だが、標準的な車両の普通の状態であるため、この車両は17,510ユーロ(約275万円)というバーゲンプライスで取引されている。

ちなみに、完全に改造された「K.I.T.T.」のレプリカは、インテリアに技術的なギミックを多く盛り込み、数年前に153,600米ドル(約2,150万円)でオークションにかけられた。ハッセルホフ自身がオークションに出品したオリジナルのレプリカは、2021年に300,000米ドル(約4,200万円)の値がついた。

フォトギャラリー: 「ナイトライダー」ナイト2000(K.I.T.T.)

「ナイトライダー」のナイト2000(K.I.T.T.): K.I.T.T.は80年代の「ナイトライダー」で一躍世界的なテレビスターになった。知的でしゃべるポンティアック トランザムは、デヴィッド ハッセルホフから当時のショーを奪った。
Photo: DPA picture alliance