「絶景かな絶景かな」バルカン半島の渓谷モンテネグロはキャンパーにとって理想的な場所だ! 

446
- Advertisement -

モンテネグロを巡るモーターホームの旅。バルカン半島の渓谷: モーターホームでモンテネグロを巡る。小さな国に大きな風景: モンテネグロはモーターホーム旅行者にとって理想的な目的地だ。たくさんの写真とともにたっぷり楽しんで!

いつもフランス、イタリア、スペイン、オーストリア、スイス、スカンジナビアに行く人たち、あるいはドイツに滞在する人たちへ: 私たちの右下には、バルカン半島と呼ばれる未訪問の国々が広がっている。クロアチアとスロベニアはすでに一般的なヒットリストに載っている。しかし、それ以外は?

ボスニア、セルビア、モンテネグロ、アルバニア、ルーマニア、ブルガリア、コソボ、モルダビアなど、かつては社会主義国であり、学校では習わないような言語が話されている国々に行く勇気のある人はごくわずかだ。

モンテネグロは黒い山という意味

我々は今、思い切って旅に出た。モンテネグロについて知っていることは?直訳すると「黒い山」。ボスニアの裏口からセルビアとの国境を越え、この小さな国に入ったとき、我々まさにそれを実感した

暗い雲が暗い山々に覆いかぶさっていた。気温は15度、小雨が降っていた。一方、首都ポドゴリツァの天気予報では、気温は35度、太陽は燦々と照りつけていた。それがモンテネグロという国なのだ!海岸沿いは夏に輝くが、黒い山々は心地よく、時にはとても爽やかで、驚くほど緑が濃い。

鉄の糸:ジップラインはモンテネグロのありとあらゆる深み、ここタラ峡谷に張り巡らされている。

モンテネグロはヨーロッパの峡谷の国だ。ここはかつて第二次世界大戦後、偉大なるユーゴスラビアに属していた国で、新しく再建された山岳観光の中心地だ。社会主義時代に、すでに避暑地であったため、ここには何千もの別荘があり、セルビア人、クロアチア人、ボスニア人、スロベニア人、コソボ人、北マケドニア人たちが今でもここで休暇を過ごしている。

険しいもの:ドゥルミトル南側には滝のような山がある。荘厳な光景だ。

ドゥルミトル観光は山の南側が最も美しい。さまざまな奇岩が連なる荘厳な風景が目の前に広がる。雄大な星空も楽しめるので、ここでキャンプをするのがベストだ。実際、モンテネグロでは野宿は禁止されているが、許可された場所もあり、ドゥルミトルにも適した所がある。

我々はピヴァ湖という大きな貯水池で一夜を明かした。ピヴァ湖へは、トンネル内のヘアピンカーブがある冒険的な道を通る。湖の西端にあるヴルブニツァのキャンプ場でキャンプをした。小さいが、夜を過ごすにはいい場所だ。キャンプ場は実際には湖に直接面しているのだが、夏には水位がかなり下がるので、少し歩かなければならなかった。

自国のキッチンがない国

カーブや狭さ、断崖絶壁を恐れない限り、モンテネグロの旅はまったく問題ない。モンテネグロは山だらけの快適な小国であり、約70万人しか住んでいない。住民は友好的で、英語も少し話せることが多く、物価は安く、ユーロが公式通貨で、2006年の独立以来EU加盟交渉が続いており、NATOにも加盟している。60年にわたる共産主義が骨身にしみた旧ユーゴスラビアの共和国として、モンテネグロならではの特色ある料理はないので、肉(沿岸部では魚も食べられるが高い)、フライドポテト、野菜の少ないファーストフードのような定番料理がほとんどだ。

しかし、我々はキャンパーであり、自炊ができる! 例えば羊肉だが、山には羊の大群がいるし、道路にも羊がいる。また、農家から直接仕入れた新鮮な野菜も調理した。ハチミツやラキ、ハムやチーズもよくある。後者は安くはないが美味しい。その一方で、常に魅惑的な景色がある。たとえばネビディオ渓谷は、下を見るだけでめまいがするような、短くて細い橋が架かっている。

カラフルな天候: 海岸では太陽が燦々と照りつけるが、高地ではときどき雨が降る。

アドリア海はモンテネグロ最大の観光地だ。この小さな国には魅力的な海岸線があり、クロアチアの魅惑的な海岸線がそのまま続いている。美しい海岸沿いの町は、夏になると主にバルカン地域全体からの日光浴客でごった返す。どこもかしこも大混雑で、駐車スペースが圧倒的に足りない。あまりいい組み合わせではない。とはいえ、町は一見の価値がある。たとえば、小さな半島にあるブドヴァは、1979年の地震の後、オリジナルに忠実に再建された完全な城壁がある。

コトル湾の素晴らしい眺め

モンテネグロのハイライト、コトル湾がある。氷河期の氷河によってこのように形成されたのではなく、かつての峡谷が陥没し、そこに海が侵入してできたものだ。

コトル湾は地中海で最も美しい景観のひとつであり、コトルの町自体も地震後に独自に再建された真珠のような町である。しかし、オーバーツーリズムとのバランスは難しい。湾は非常に複雑で、沖合のリサン湾から幅330メートルの狭い海峡を通って船でしかアクセスできない。

コトル湾(手前にコトルの町が見える)は世界で最も美しい湾のひとつ。

私たちの船はマリブと呼ばれ、湾や島々の素晴らしい景色を眺めることができた。しかし、最もセンセーショナルな景色は、コトルからロヴチェンまで蛇行した道をドライブするときに見ることができる。悪名高い朝着のクルーズ客たちがバスで山に挑む前に、かなり早い時間から出発することを強くお勧めする。彼らはほとんどのスイッチバックでバックしなければならず、予想外の大渋滞を引き起こす。朝の7時には私たちだけだった。光が一番きれいな時間帯でもある。

モンテネグロへの旅

小さな国に大きな風景: モンテネグロはキャンパーにとって理想的な旅先であり、古風で野性的で美しく、友好的で物価が安い。バルカン半島旅行の象徴的なところだ。
広々とした国土: 小国の北西部に広がる草原の高原地帯は不毛の地であり、スコットランドを彷彿とさせる。
大胆な道: 目もくらむような石橋がタラ峡谷にかかっている。
明確なアナウンス: 茶色の標識が公式パノラマルートを示す。
ユネスコ世界遺産: ドゥルミトルの広大な草原には、中世の墓石が並ぶステッチ畑がある。
サイレント クロス: ステッチの道標。道路は片側一車線しかないことが多い。
道端のゴミ: 残念ながら、ほとんどどこでも目にする。
ドゥルミトルの峰々は、まるで険しい歯のように空に向かってそびえ立っている。
フォトフレーム: ドゥルミトルの写真を額装するために用意されている。
ロンリーマリブ: ヤブジャク(Žabljak)近くのプライベートキャンプ場。
細い道: スシツァ渓谷に下る魅惑的な道。
深い地面: スシツァ峡谷の最終的な姿だ。
揺れるアート: 装飾された展望台のマリブ。
グリーン: ブレズノ エスノ ヴィレッジは、ショップやレストランを備えた博物館である。
言葉を失う場所: 1943年のナチスによる虐殺のドーラ記念碑。
古い美: クロアチア国境に近いコトル湾の入り口にあるヘルツェグノヴィ。
素敵なピクニック: コトル湾を見下ろしながらスナック。
フローティングロード: コトル湾を渡る小さなフェリーがある。
聖地: 有名なオストログ修道院は岩から切り出された。日曜日は非常に混雑する。
ギザギザの名残: ここにはかつて社会主義があったことがところどころに見て取れる。
石造りの傑作: 1896年にロシア皇帝によって建設されたカレフモストツァーリ橋。
絶景: アドリア海を望む聖サヴァ礼拝堂。
高価な島:アドリア海に浮かぶブドヴァ近郊のハイソな観光リゾート、スヴェティ ステファン(左)。
マリブがマリブらしい、ヴェリカプラザでキャンプ。
キッチュな光: ヴェリカプラザ(ロングビーチ)の夕日。
レアなバル: きれいな路地にはたくさんの古いバルがある。
ヴェリカプラザのビーチレストランのタコ。この国の典型的な料理は昔のままだ。
居心地の良い小さなスポット: ヴェリカプラザの松の木の下でキャンプ。
小さなストロマー:カタツムリはVelika plažaのTropicanaキャンプ場のプラグが大好きだ。ドイツに戻ると、CEEアダプターケーブルのプラグにカタツムリがいた。

観光客は美しい海岸に引き寄せられる

海岸に戻ると、状況は一変していた。私たちは再び観光客の群れの中にいた。しかし、海岸は美しい。絵のように美しいブドヴァを通り過ぎ、同じく美しいペトロヴァツ ナ モルをクルージングし、港町バルから数キロ離れた丘の上にあるバル旧市街の要塞まで猛暑の中を歩き、もちろんバルにも行った。マリブでウルチニを一周し、ヴェリカ プラジャ(ロングビーチ)と呼ばれるビーチの美しい砂浜を見た。

ここではキャンプ場が隣り合わせに並んでいる。スペースは十分にあるが、「トロピカーナ」キャンプ場のドイツ語を話すオペレーターは電気に気を配るべきだ。電気はしばしばコーヒーを淹れるのに十分でさえなかった。でもそれは、コンセントの中でくつろいでいた小さなカタツムリのせいかもしれない。ビーチは素晴らしく、夕日も素晴らしかった。

Text & photo: Bernhard Schmidt