911誕生60周年記念限定モデル「ポルシェ911 S/T」は最も軽く、最もエモーショナルな992だ!

2180
- Advertisement -

限定車「ポルシェ911 S/T」をスタジオでアンドレアス プレウニンガーとともに初チェック。GT3 RSのエンジン、シングルマスフライホイール付き6速マニュアルギアボックス、そしてわずか1,380キロの車両重量。911 S/Tは最も軽く、最もエモーショナルな992であるはずだ。

「911」を超える史上最高の「ポルシェ911」。世界中のエンスージアストが待ち望んでいた「911」・・・。ポルシェが「911誕生60周年」を記念して特別なモデルを開発中であることが知られて以来、この上ない賛辞が飛び交っている。このクルマへの期待は非常に大きい。そして今、「ポルシェ911 S/T」が満を持して登場した!

「GT3 RS」のエンジン、シングルマスフライホイール付き6速マニュアルトランスミッション、リアアクスルステアリングの廃止、わずか1,380キロの乾燥重量。「911 S/T」は、最も軽量で純粋な「992」であるはずだ。目標: 最高のドライビングプレジャー!

ポルシェのGT部門責任者、アンドレアス プレウニンガーが911 S/Tについて冷静に説明してくれた。

このドライビングマシンの責任者であるGT部門の責任者、アンドレアス プレウニンガー。彼は満面の笑みでフォトスタジオに入ってきた。すぐに撮影が始まった。「ポルシェ911」の誕生60周年を記念するこの特別なプロジェクトに対する熱意と情熱が、言葉の端々から、いや、音節の端々から伝わってくる。

ポルシェ911 S/Tの哲学

プレウニンガーは、「911 S/T」が彼にとってアニバーサリーの象徴でもあることを教えてくれた。彼の指揮の下で開発された25番目のクルマであり、もし1台しか選べないとしたら、このクルマだろう。私も普通なら、それはプレスに向けた言葉だと否定するだろう。ビジネスライクに彼はそう言わなければならない。しかし、アンドレアス プレウニンガーの場合は違う。彼の目の輝き、このクルマについての話し方 – 私は彼を信じる。では、彼が「996 GT3 RS」や「997 GT3 RS 4.0」、「911 R」のような素晴らしいクルマよりも「911 S/T」を好むのはなぜか?一緒に考えてみよう!

簡単に言えば、「S/T」は「GT3 RSツーリング」や「911 R」の後継車とも呼べるが、それはこのクルマを正当に評価するものではない。「S/T」という呼称は、ポルシェが「911 S」に特別に軽量なレーシングバージョンを設定した1969年に遡る。これは1969年にポルシェが「911 S」に特に軽量なレーシングバージョンを設定したことに由来するもので、ベーシックな「911 T」のパーツを使用してトップモデルをさらに軽量化したものである。

GT3ツーリングおよびGT3 RSとの違い

新型が登場するのはまさにここからだ。「GT3 RS」の525馬力の4.0リッター6気筒ボクサーエンジンは、より控えめな外観と組み合わされている。正直なところ、「S/T」はあまりにシンプルなデザインなので、一見すると「992 GT3ツーリング」と見間違えてしまいそうだが、微妙な違いがたくさんある。

ブラックの911 S/T はほとんど目立たないように見えるが、これは現代の最も壮観な911の1台だ。

たとえば、60アンペアではなく40アンペアの小型リチウムイオンスターターバッテリーを搭載した。そして「GT3」のリアアクスルステアリングは軽量化のために廃止されたが、それによりフロントアクスルにダブルウィッシュボーン、リアサスペンションにマルチリンクを採用し、シャシーを完全にチューニングし直す必要があったこ。「S/T」の車両重量は1,380kgで、「GT3 RS」より約70kg軽く、マニュアルトランスミッションの「GT3ツーリング」より40kg近く軽量化されている。

カーボン製ケージ、カーボン製ルーフ、マグネシウム製ホイール

見た目には「GT3ツーリング」と異なる特徴もいくつかある。よく見ると、フロントガラス越しに「GT3 RS」のカーボン製ロールケージが見えるし、ダブルバブルのカーボン製ルーフ(塗装済み)も、フロントフェンダー後端には「GT3 RS」に似たブレードがあり、ドアのデザインも「GT3ツーリング」とは違うことを通に教えてくれる。

さらに目立つのは、標準装備のマグネシウム製ホイール(255/35 ZR 20 VAと315/30 ZR21 HA)で、「GT3 RS」のものと紛らわしいほど似ているが、オフセットが異なる。フロントフェンダーはフロントフードと同様にカーボン製で、ホイールアーチのベンチレーション用のルーバーは省略され、すっきりとした外観となっている。

ヘリテージデザインパッケージは14,710ユーロ(約230万円)の追加料金。0から99までのスタートナンバーを省略することもできる。

また、「GT3 RS」から採用されたカーボン製ドアは、凹みとシャープなエッジを除けば、従来のボウハンドルで見分けることができる。スカートとディフューザーは「GT3ツーリング」と同じで、エキゾーストシステムは「RS」から流用されている。唯一の新しい特徴は、リアウイング(ガーニーフラップ付き)の上にある装飾的なグリルで、「S/T」では80km/hではなく120km/hから自動的に伸びる。グリルには「911 S/T」の文字と60年「911」のバッジがあしらわれている。

ヘリテージデザインパッケージ

ポルシェはほとんどすべてのボディパーツ(ウイング、ルーフ、ドア、リム、トランクリッド)を刷新しているが、「S/T」はまだ「GT3ツーリング」と紛らわしいほど似ている。そこで「S/T」をより際立たせ、明確に主張するために、17,505ユーロ(約230万円)のヘリテージデザインパッケージが用意されている。専用装備として、内外装にゴールドのレタリング、新外装色「ショアブルーメタリック」、「セラミカ」のマグネシウム製ホイールが含まれる。オプションで、デコラティブホイールのセットと0から99までの任意の数字を注文することができる。特に後者は、私に言わせれば、「S/T」のエレガントなルックにはまったく似合わない。このパッケージには、歴史的なポルシェのエンブレムとブラック/コニャックのレザーも含まれている。

ホワイトのマグネシウム製ホイール(「セラミカ」)は、ヘリテージデザインパッケージでのみ選択可能だ。

911 S/Tのコックピットはレトロな雰囲気

「S/T」に乗り込む。「992」ドライバーはすぐにくつろげることだろう。素晴らしいカーボン製フルバケットシート(追加料金なしで4ウェイスポーツシートプラス)は、PCCBブレーキやCFRPケージと同様に標準装備されている。ピンストライプ調のシートセンターパネルがノスタルジックな雰囲気を醸し出し、スポーティなコックピットに完璧にフィットしている。レトロな雰囲気は、スピードメーター、レブカウンター、スポーツクロノパッケージの時計に施されたグリーンのメーターイルミネーションによってさらに強調されている。

ポルシェ911 S/T

GT3 RSのエンジン、シングルマスフライホイールを備えた常時6速マニュアルギアボックス、リアアクスルステアリングの省略、そしてわずか1,380kgの車両重量。911 S/Tは最も軽量で純粋な992であるはずだ。目標は、最高のドライビングプレジャー!
S/TはGT3 RSツーリング、あるいは911 Rの後継モデルとも呼べるが、それではこのクルマを正当に評価することはできないだろう。S/Tという呼称は1969年にポルシェが911 Sに特に軽量なレーシングバージョンを設定したことに遡る。
GT3 RSの525馬力の4.0リッター6気筒ボクサーエンジンは、より控えめな外観と組み合わされている。正直なところ、S/Tは一見すると992 GT3ツーリングと見間違うほどシンプルなデザインだが、違いは多い。
軽量化を優先して60アンペアではなく40アンペアの小型リチウムイオンスターターバッテリーが採用された。さらに、GT3のリアアクスルステアリングは廃止された。それによってフロントアクスルにダブルウィッシュボーン、リアアクスルにマルチリンクを採用し、シャシーを完全にチューニングし直す必要があった。
そしてその努力は報われた。S/Tの乾燥重量は1,380kgで、GT3 RSよりも約70kg軽く、MTを搭載したGT3ツーリングよりも40kg近く軽量化されている。
視覚的にはGT3ツーリングと区別できる特徴もいくつかある。よく見ると、フロントガラス越しにGT3 RSのカーボン製ロールケージが見えるし、ダブルバブルのカーボン製ルーフ(塗装済み)も、GT3ツーリングにはないところだ。
さらに目を引くのは、標準装備のマグネシウム製ホイール(255/35 ZR 20 VAと315/30 ZR21 HA)で、GT3 RSのものと紛らわしいほど似ているが、オフセットが異なる。フロントフェンダーはフロントボンネットと同様にカーボン製で、フェンダー後端にはRSと似たブレードがある。
また、GT3 RSから採用されたカーボン製のドアは、窪みとシャープなエッジだけでなく、従来のボウハンドルでも識別できる。エプロンとディフューザーはGT3ツーリングと同じで、エキゾーストシステムはRSから流用されている。唯一の新しい特徴は、リアウィング上部の装飾グリル(ガーニーフラップ付き)である。ベンチレーショングリルには911 S/Tのレタリングと60年911バッジがあしらわれている。
S/Tに乗り込めば992ドライバーはすぐにくつろげるだろう。素晴らしいカーボン製フルバケットシート(追加料金なしで4ウェイスポーツシートプラス)は、PCCBブレーキやCFRP製ケージと同様に標準装備されている。ピンストライプのシートセンターパネルがノスタルジックな雰囲気を醸し出し、スポーティなコックピットに完璧にフィットしている。
グリーンのメーター照明、ピンストライプインサート付きのフルバケットシート、マニュアルギアスティックは、インテリアの最も重要な要素である。ドアを開けるためのシンプルなループ(ヘリテージデザインパッケージはレザー製)は、GT3 RSから採用されている。断熱材は削減され、エンジニアはカーペットの軽量化まで実現した。
マニュアルの6速トランスミッションについてである。911 Rと同様、S/Tはマニュアルギアボックスのみの設定だ。PDK?いいえ、結構!GT3と比較して、トランスミッションは根本的に見直されている。シングルマスフライホイールを備えた新しい軽量クラッチにより、回転質量が10.5kg節約されている。
一目見ただけでも、シフトノブが992 GT3よりも短いことに気づく。より短いシフトトラベルは、クラッチとギアスティックの高い操作性と相まって、完璧なドライブフィールをもたらす。
限定について一言: ポルシェ901の発表年に基づいて、1963台のS/Tが製造される。それ以前の特別モデルである997スポーツクラシック(250台)、GT3 RS 4.0(600台)、911 R(991台)に比べると、ポルシェはかなり多くの車両を製造しているが、S/Tを希望するすべての顧客が入手できるわけではない。

マニュアルギアボックスとシングルマスフライホイールを備えた唯一の本物

マニュアルの6速トランスミッションの話である。「911 R」と同様、「S/T」はマニュアルギアボックスのみの設定だ。PDK?いいえ、結構!「GT3」と比べると、トランスミッションは根本的に見直されている。シングルマスフライホイールを備えた新しい軽量クラッチにより、回転質量が10.5kg節約されている。

一目見ただけでも、シフトノブが「992 GT3」よりも短いことに気づく。これは、より良いシフトフィールを提供するためだと思われる。最初のテストでわかる: 「991.2 GT3」と比較すると、「992 GT3」のマニュアルギアスティックは歯切れが悪い。シフトトラベルの短縮とクラッチとギアスティックの高い操作性により完璧なドライブフィールをもたらす。これこそがポルシェのマニュアルギアスティックのあるべき姿なのだ(992 GT3オーナーの皆さん、ごめんなさい)。

992 GT3 RSのエンジン

そして、もうひとつのハイライトが待っていた。フォトスタジオで「S/T」をスタートさせるのだ。スロットルを開けたときの6気筒エンジンのキビキビ感、回転の上がり方の速さは信じられないほどだ。シングルマスフライホイールのおかげで、レスポンスは「GT3」よりもさらにダイレクトだ。そして、どうしても「GT3 RS 4.0」や「911 R」を連想させる特別なサウンド。

911のS/Tはこんなにたくさん作られている

「GT3 RS 4.0」と「911 R」といえば・・・。限定について一言。「S/T」は「ポルシェ901」の発表年を基準に1,963台が製造される。以前の特別モデルである「997スポーツクラシック(250台)」、「GT3 RS 4.0(600台)」、「911 R(991台)」に比べると、ポルシェはかなり多くの車両を製造しているものの、それでも「S/T」を希望するすべての顧客が手に入れられるわけではない。

911 S/Tの価格は、GT3ツーリングよりも10万ユーロ(約1,580万円)弱高い

「992 GT3」より10万ユーロ(約1.580万円)、「GT3 RS」より6万ユーロ(約948万円)ほど高い。しかし、「S/T」の発表で市場価格が一気に上昇することは確実なので、それも問題ではない。つまり、292,187ユーロ(約4,600万円)のベース価格は紙くず(無意味)ということだ。このクルマの種族にふさわしい走りをする真のファンが、手ぶらで帰らないで済むことを祈るばかりだ。

結論:
「S/T」はエンスージアストのための「911」であり、コンマ1秒を追い求めるのではなく、最後の10パーセントのドライビングプレジャーを追求するドライバーのためのものである。ありがとう、ポルシェ!この時代に「911 S/T」のようなエモーショナルな楽しいマシンを作り続けてくれてありがとう!

Text: Jan Götze
Photo: Porsche AG