時速400km超!「ブガッティ シロン スーパースポーツ」の世界へようこそ! ケネディ宇宙センターで体験する未知の世界

3205
- Advertisement -

これがシロン スーパースポーツの中身だ!ブガッティはあなたをケネディ宇宙センターでの最高速チャレンジに招待し、最もホットなロケットに点火する。スペースシャトルの影で、シロン スーパースポーツがその実力を見せつける。

朝の6時、ケープカナベラルのケネディ宇宙センターのクレデンシャルオフィスは大混乱に陥っていた。宇宙ビジネスは活況を呈しており、イーロン マスクが関わって以来、ここフロリダでは4日に1度はロケットが飛び立つ。だから、早朝からここに行列ができるのも不思議ではない。しかし今日、私は宇宙への軌道に乗るのではなく、高度ゼロで飛行を続ける。なぜなら、ブガッティは「シロン」の実力をもう一度証明したいからだ。

1600馬力、時速440kmのモールスハイム生まれの低空飛行車は、世界最速のストリートスポーツカーである。パスポート、ビザ、運転免許証、そして簡単な写真を撮り、公式IDカードを手に入れ、ここから月へのミッションを開始したバズ オルドリンやニール アームストロングの同僚になる。彼らがこのカウンターで午前中の手続きを免れたことを祈ろう。

しかし、私は発射台には行きたくない。「発射・着陸施設」と呼ばれる着陸帯にだけ行きたいのだ。最後のスペースシャトルが着陸して以来、この施設は民間のスペース フロリダによって運営されており、IATAでは「TTS」という略称が与えられている。

記録破りのドライバー、ピエール アンリ ラファネルが記者のトーマス ガイガーに熱狂の最終指示を出す。

バスに乗り込み、ゲートをくぐり、月面着陸用のサターンロケットを組み立てた「車両組立棟」と、そこから発射台までロケットを運ぶいわゆるクローラーを通過して出発する。天候に左右され、時には雷雨に見舞われることもあるこの建物は、139メートルと最も高い扉を持ち、容積は約370万立方メートルと世界最大級のホールである。もちろん、クローラーも他の追随を許さない。2台のクローラーはそれぞれ40×35メートルで、合計6093馬力の16個の電動モーターで駆動し、総重量5500トンを超える世界最大の自走式農業機械となっている。

1600馬力で380万ユーロ

世界最大、世界最強、世界一有名な宇宙港で、これ以上小さいものはない。それだけでも、ブガッティで小旅行に出かける十分な理由になるだろう。ブガッティはロードカーの最高峰であり、ベーシックモデルでさえ、16気筒、排気量8.0リッター、1500馬力、1600Nmで、価格は300万ユーロ(約4億7千万円)弱。スーパースポーツはさらに上を行く1600ps、380万ユーロ(約6億円)。リアエンドを23センチ延長したクレイジーなデザインは言うまでもない。

ロードカーの中で、このトップトランクが目立たないカテゴリーはない。このバス旅行の最後に、ケネディ宇宙センターでもう一人の記録保持者であるスペースシャトルの下に堂々と駐車するのも不思議ではない。液体水素と過塩素酸アンモニウムの混合物によって30.16メガニュートンの推力で軌道に投入され、最初は0.5G、その後3.0Gまで加速する。

3、2、1 – リフトオフ: 狂ったような推進力で、シロンはスタートラインで加速する。

幅91メートル、厚さ約50センチのこの滑走路は、全長4.6キロメートルで、300メートルずつの2つの滑走路を除いた長さである。これは世界で10本の指に入る長さの滑走路であり、「シロン」の地獄の走行には理想的なテスト環境である。

消防隊と救急医が待機

ただし、ここでのテストは適切な服装でなければ実施されない。宇宙服とまではいかなくても、少なくともオーダーメイドのレーシングスーツと、毎回のロケット打ち上げ前と同じようにミッションのブリーフィングがある。しかし、これほど楽なことはない。生まれて初めて時速400kmを出すには、ハンドルを握ってアクセルを踏むだけでいいのだから。

消防隊も救急医も、レスキューダイバーも警戒態勢に入っている。「ここから飛び立てば、ワニがたくさんいるプールのひとつにすぐに着地してしまうからです」。

ピエール アンリ ラファネルもまた、安心させるようなフレーズを練習している。その一方で、防火ウールのスーツが徐々に私の背中に張り付き始る。それは期待なのか、緊張なのか、恐怖なのか、それとも単に蒸し暑い春の気候のせいなのか?

ステアリングを切らないこと!記録への挑戦で最も重要なこと、それはハンドルをまっすぐに保つことだ。

ラファネルはおそらく世界で最も大胆不敵なコ ドライバーであり、おそらく最高であろう。何しろ彼は、最初は「ヴェイロン」で、次には「シロン」で、何千回ものテストドライブに同行し、世界中の若い億万長者や老練な馬力のプロフェッショナルたちに、たいていは美しく、強く踏み込めばたちまち野獣と化すボリードを熟知させてきたのだから。

そして今、彼は私の隣に座り、ウォームアップラップに出発した。時速150マイル(240km/h相当)は、這うようにしか感じない。それ以降の320km/hでさえ、挑戦というよりは自信をつけるためのワンステップくらいにしか感じない。この速度では、飛行機のパイロットならすでに鼻先を空に向けるだろうが、シロンは淡々と走るので、おそらくステアリングホイールから手を離しても大丈夫だろう。スピードメーターが上がれば上がるほど、私の脈拍は落ち着き、ラファネルも嬉しそうだ。

迷っている暇はない

この異次元の世界に飛び込むために発生するリスクを正当化できる給料はこの世にないのだからと、私が次のランの前に逃げ出すというシナリオは、彼にとってはいい冗談のように聞こえるかもしないが、数マイル離れたところで打ち上げの準備をしているスペースXロケットの爆風で、私の自信は再び砂上の楼閣のように崩れ落ちた。 しかし、今はもう疑っている暇はない。何しろ出発前のチェックリストにはまだいくつかの項目が残っているし、カウントダウンはとっくに始まっているのだから。 「シロン」はまさにこのような極限状態を想定して設計されている。ただアクセルを踏んで何が起こるかを確認するような単純なことではないのだ。

開発者はその責任を十分に認識しているため、適切な安全ループ(足枷)をインストールしている。それは、驚くほど飾り気のない2番目のキーを運転席の左側に差し込み、1回回してトップスピードモードを起動する。

ブガッティ シロンのW16ほど印象的なエンジンはない。

電子制御装置がもう一度すべてのシステムをチェックし、タイヤ空気圧を呼び出す間、私はミラーで巨大なスポイラーが私の背後でどのように平らになっているかを確認し、車がアスファルトの上に数ミリ低くなっているのを感じる。そしてシロンが鋭くなる。もし私が疑心暗鬼になってブレーキを短く踏んだり、ステアリングを数度以上切ったりしなければ、時速440kmは理論上可能なのだ。ラファネルの同僚であるアンディ ウォレスは、時速490kmの記録的な走りを披露し、スーパースポーツを再びギネスブックに登録した。

一方、私は最初の走行で時速375kmを記録した「だけ」だった。その理由は、その間にタイヤセンサーがアラームを鳴らし、推進力をカットしてしまったからだ。2回目は燃料タンク内の圧力が十分でなくなる。私の背後にはまだ50リットル以上の燃料がドロドロと残っていて、W16エンジンがフルスロットルで8分間に100リットルを吸い上げても、滑走路15/33の端までたどり着けるはずだ。

ヒューストン、問題はない

スチームハンマーは喉が渇いても、スペースシャトルにはかなわない。スペースシャトルは離陸後2分で約100トンの燃料を消費するが、8分後には時速27,000kmに達する。しかし、転ばぬ先の杖とばかりに、「シロン」は再び緊急モードに移行する。最高速度は380km/h。1回目と大差ない速度に、少なすぎると感じてしまう、ひどくおかしな気分になる。

ヒューストン、何か問題でも?「いいえ、そんなことはありません」とラファネルは言う。彼は合図とともにミッションコントロールを引き継ぎ、給油ステーションまで素早くドライブする。そしてケネディ宇宙センターの多くのロケットと同じように、私の打ち上げも延期され、昼食後にカウントダウンが再開された。

十分ということは決してない。400km/hを超えたとはいえシロンの最高速度は440 km/h。

そして今回、すべてが完璧にかみ合った。センサーが承認の合図を送り、管制塔が親指を立て、エルトン ジョンの「ロケットマン」が頭の中で唸りながら、私の首の16気筒に対抗して、シロンはコンクリートの上を走り抜ける。滑走路標識の太い白いストライプにも、数本の茂みの間で時折起きる横風にも苛立つことなく。

毎分60,000リットルの空気が4つのターボによってシリンダーに送り込まれ、クランクシャフトは7,000回転以上で回転し、毎秒100メートルのコンクリート片が4つの駆動輪の下に消えていく。それでもエルトン ジョンが「長い長い時間」と歌うのは正しい。今日ほど速く走ったことはなくても、30分がこれほど長く感じたことはないのだから。

ブガッティが0から100まで2.4秒で加速し、5.8秒後には200を超え、12.1秒後には300km/hを超える。それでも、フロリダの湿地帯に視線を釘付けにするものがあれば、外の風景はとっくに早送りに切り替わって緑の壁紙にぼやけているはずだ。

時速400キロに到達した!

「スピードメーターを見るな」、「常に右の白線を見ろ」とラファネルは私に叩き込んだ。しかし、ゴールが近づけば近づくほど、視線を落としたくなる誘惑は大きくなる。380、390、395、旗までまだ数百メートル。踏ん張れ、踏ん張れ、踏ん張れ、踏ん張れ、さらに深呼吸をすると、時速400kmの数字が表れたのだ!まもなく左右に旗が飛び交い、ブレーキングポイントを示す。パニックになってブレーキを踏んではいけない。そうしないと、スペースシャトルのパイロットがブレーキパラシュートを放り出すときのように、私は引き裂かれてしまう。ただし、彼らはそのような極度のストレスに備えて何カ月も訓練を積んでいる。

だから、ゆっくりと、しかし着実に圧力を高め、狂気のエネルギーがホイールアーチのピザサイズのカーボンディスクからちらつく熱に放散されるのを眺めながら、ウイングが車の後部を絵の中に埋めていく。そして同時に、快適ゾーンに戻ると視線を落としてスピードメーターを見ることができる。380km/h、360km/h、340km/h、320km/h、300km/h・・・。素人でもまた安心してハンドルを握れる速度。

センターコンソールの小さな追加ディスプレイには各行程の最高速度が記憶され、その数字をもう一度注意深く見ることができるようになった。そこには400km/hと書かれているが、その数字が意識に沁み込むのに帰りの5km全部を必要とした。それでも私は時速180kmでのろのろと走っているのだから、行きと比べて2倍以上の時間が必要なのだ。

この地獄のようなドライブの後、ブガッティはパチパチとブレーキディスクを鳴らしながら使用温度まで冷えていくが、私のクールダウンはもう少し待たなければならない。何しろここは「アクティブ滑走路」で、アルコールは禁止されているのだ。そのためラファネルは肩をすくめ、シャンパンシャワーをほのめかすだけだった。

しかし、スパークリングワインよりも重要なのは、私を「クラブ400」に迎え入れてくれた彼の背中を叩くことだ。おそらくブガッティの顧客が2、30人、エンジニアが数人、ギネスブックに載ったパイロットが一握り、F1のような低速シリーズを苦にしないレーシングドライバーが数人といったところだろう。

もちろん、燃料の詰まった巨大なチューブに自分を縛り付けて宇宙に飛び出すのはもっと勇気がいる。しかし、アメリカはすでに300人以上の宇宙飛行士を宇宙に送り出している。次回はクレデンシャルオフィスの前でそのことを伝えてほしいものだ。

結論:
人生最速のフライトだった! それなのに、30秒近くがこれほど長く感じたことはなかった。なんてクレイジーな体験だろう。そしてスペースシャトルの宇宙飛行士に敬意を表したい。それに比べれば、「シロン」は子供のおもちゃに過ぎないのだから・・・(笑)。

Text: Thomas Geiger
Photo: James Lipman