新型「VW T-Cross」登場 フォルクスワーゲンのエントリーSUVの全情報!

640
- Advertisement -

フォルクスワーゲンのエントリーSUV、T-Crossがフェイスリフトを実施。力強く、上質にアップデートされたT-Crossは2024年初頭に発売される予定だ。

2018年以来、「T-Cross」はVWのSUVレンジのエントリーモデルとなっている。この小型SUVは、最大1281リットルのトランク容量とスライド式リアシートという、このクラスでは使い勝手の良さで輝きを放っている。小型ヴォルフスブルクモデルのフェイスリフトは2023年第3四半期の市場投入が予定されており、2024年初頭に発売される。

フロントから見ていくと、特にバンパーとヘッドライトのシグネチャーが新しくなっている。フォグランプはこれまでクロームリングに収められていたが、現在は細いLEDストリップになっている。「T-Cross」と「Life」の装備ラインでは、これまでハロゲンヘッドライトが採用されていたが、LEDヘッドライトが標準装備となった。

サイズ: 大きくなったT-Cross

トップモデルの「Style」と「R-Line」には、「IQライト(IQ.Light)」も装備される。マトリックスLEDテクノロジーは、対向車や前方の道路利用者を効果的にフェードアウトさせ、連続的なハイビームでのドライブを可能にする。

テールライトには新しいグラフィックが施され、スカートも新しくなった。

全長は4,135mmと、マイナーチェンジ前のモデルより3cm近く長くなっているが、それでもコンパクトSUVセグメントに属している。ホイールベースは2.65メートルで、フロントおよびリアセクションの非常に短いボディオーバーハングと相まって、特にメリハリのあるシルエットを実現している。

フロントおよびリアバンパーの新しいデザインは、「T-Cross」のサイドセクションをより力強い外観に仕上げている。また、エクステリアミラーハウジングに一体化されたライトプロジェクションも、少なくとも「ライフ」以降の装備ラインから採用されている。「T-Cross」の全モデルには、リアに新デザインのバンパーが採用され、LEDテールランプも新たに採用された。3種類の新しいデザインのホイールが、フレッシュな「T-Cross」の外観を引き締めている。

より上質なインテリア素材

「T-Cross」のマイナーチェンジでは、特にインテリアに大きな変更が加えられた。ヴォルフスブルクに本拠を置く同社が誇る新素材は、小型SUVを大幅にアップグレードすることを意図している。標準装備の対角8インチまたは10インチ(装備ラインによって異なる)のデジタルコックピットは健在。

中央には、装備によって直径8インチまたは9.2インチの独立型ディスプレイが採用されている。その背後には、先進インフォテインメント世代のハードウェアとソフトウェアが配置されている。クライマトロニック搭載車には、インフォテインメントシステムの下に、デジタルイルミネーションタッチスライダーによる空調機能のコントロールも装備されている。

中央に9.2インチ、ステアリングホイール後方に最大10インチのディスプレイを備えたデジタルインテリア。

ラゲッジルームは、リアシートの高さまで荷物を積むことができ、トランク容量は385~455リッターとなる。リアシートを倒すと(60:40の比率が可能)、最大1281リットルの収納スペースを持つフラットな荷室になる。さらに、助手席シートの背もたれは折りたたむことができる。全長2.40メートルの荷室は、リアからフロントまで連続し、サーフボードからパラグライダーまで、あらゆるものを収納することができる。

VW T-Crossのベース価格は若干上昇する可能性がある

ボンネットの下には、フェイスリフト前と同様、ターボチャージャー付きのガソリンエンジンが3種類用意される。エントリーモデルは95馬力の1リッターユニットで、その上には110馬力と116馬力の2つのエンジンが用意される。トップエンジンは再び1.5リッター4気筒で、110kW(150馬力)の「1.5 TSI evo2」の最新バージョンで、7速DSGと組み合わされる。

この小型SUVは2023年第3四半期から注文が可能で、最初のユニットは2024年初めに納車される。ほぼ恒例となっているように、おそらく若干の値上げが行われるだろう。「T-Cross」は現在22,450ユーロ(約350万円)からだが、フェイスリフト後は少なくとも24,000ユーロ(約375万円)になるだろう。

Text: Sebastian Friemel
Photo: Volkswagen AG