ベストセラーSUV 第3世代フォルクスワーゲン ティグアン 2024年に登場 プロトタイプ試乗を含む現時点での全情報!

1067
- Advertisement -

新型VWティグアンは、2023年9月末にワールドプレミアを迎える。AUTO BILDは、プロトタイプの試乗を許可された。

実は、今日は運転することが目的だったのだ。サスペンション、ダンパー、ステアリングがいかにうまく機能しているか、すべてがうまく調和しているかを見ようとしたのだ。そしてVWは、外装を完全にカモフラージュフィルムで覆った「ティグアン」を提供してくれた。

内装は他のプロトタイプのようにコックピットを布や毛布で覆われていないが忘れたのだろうか?いや、VWの人たちは、自分たちの新しいマルチメディア、巨大なスクリーン、高貴な素材、愛情に満ちた職人技に誇りを持っていて、それを世界に向けて大声で叫びたいだけなのだ!

2023年の第38暦週、すなわち9月末に、彼らはまずベストセラーのコンパクトSUVの第3世代をVWの全従業員に披露し、その後、ファミリーフェスティバルでワールドプレミアを祝う予定だ。モットーは「From Wolfsburg for the world」

4センチ追加: 新型VWティグアンは4.55mに成長した。レポーターのメイがテストドライブすることを許された。

VWはティグアンに「あらゆるコストでより良い操作性」を求めた

では、中から見ていこう。開発を担当する取締役会のメンバー、カイ グリューニッツ氏は、「より良い、直感的な操作性を求めたのは間違いない」という。「ゴルフ8」や最初のIDモデルでは、必ずしもそうではなかった。そこで、プッシュ式ステアリングホイールと、スピードダイヤルのフィールドを固定した最大15インチの巨大なタッチスクリーンに戻したのだ。

ワークステーション: ID.7と同じモニターで、上部に車や音楽のスピードダイヤルアイコン、下部にクライメートコントロールのアイコンがある。コンピュータサイエンスの学位がなくても、すべてが理解できるようになっている!

上部には、車両機能、アシスタント、音楽など、5つのお気に入りを割り当てることができるようになっていて、下部のバーは空調用で、ボタン一つで足元を暖めるなど、自由にプログラムすることができるようになっている。「重要なトピックを第一階層に配置したかったのです」とグリューニッツ氏は言う。そして、すべてがよりわかりやすく、より速く動作するようになったことだ。

ポルシェ マカンのコックピットとの類似点?

そして、きれいなパイピングが施されたダブルステッチのダッシュボードトリムをなでると、それがそのままドアパネルに続いている。「ポルシェ マカンで見てください、似ているところがあるはずです」。ポルシェという名のVW?しかし、すべてが本当に気持ちいい、すべてが直感的である。

ドライビングプレジャーを提供!ダンピングコントロールは、スポーティなハードから快適なソフトまで、モニターで調整できる。

最初の試乗車は、150馬力の「2.0 TDI」、「2.0 TSI」、そして2つのパワーレベル(204馬力と272馬力)のプラグインハイブリッドで、18.5kWh(前回:13kWh)のバッテリーによって、約100kmを電動で走れることになっている。

ボタンひとつで、ティグアンはセダンになる!DCC Proアダプティブサスペンションをオーダーすれば、ラグジュアリークラスのテクノロジーを搭載した2バルブダンパーが手に入る。

「ティグアン」は、できるだけロールの少ない俊敏なSUVであることが前提だが、車高が高いので簡単ではない。

オプションのDCC Proアダプティブシャシーを装着したティグアン

そのため、VWのエンジニアは、サスペンションコンポーネントを、リクエストに応じて減衰用のバルブが1つではなく2つあるアダプティブサスペンション、「DCC Pro」を搭載した。伸側と縮側を別々に制御できるため、クルマはセットアップが明らかにスムーズになり、ドライビングダイナミクスにも貢献する。

これまでVWは、このような2バルブ技術を用いたシステムを高級クラスのマルチリンクリアアクスルにしか採用していなかったが、今回はコンパクトクラスのマクファーソンストラットにも採用した。

ティグアンで、これほどまでにシャシーに広がりがあるのは初めてだ

しかも、15段階の調整によって、さらに良くなる。VWのテスターが推奨するスポーティネスよりも3段階硬くすれば、ゴムの下にある小石まで感じられるようになる。そして、コンフォートな工場出荷時の設定より3段階ソフトにすれば、まるでアスファルトの上を浮遊するような感じになる。「ティグアン」でこれほど広いシャシーの広がりを体験するのは初めてだ。

ティグアンのワールドプレミアは2023年9月末、ヴォルフスブルクのスタッフパーティで。

マルチメディア部門には驚かされる。大音量と静寂のためのロータリーコントロールについて、もう一度お話しする必要がある。押すとドライビングモードセレクターに変異し、もう一度スワイプすると、照明の雰囲気を変えたり、各テーマにSpotifyのプレイリストをリンクさせたりすることができる。VWは本当に何かを学んだようだ!

結論:
よくやった、VW!ヴォルフスブルガーは、昔からシャシーとステアリングの躾には長けていた。新型「ティグアン」では、DCC Proアダプティブサスペンションでさらに進化を遂げている。そのアダプティブサスペンションは、快適でふわふわしたものから、スポーティでしっかりしたものまで、個人の好みに応じて選択できるようになっている。そして、かつて、これほどの仕上がり、素材、直感的なマルチメディアをVWに期待することはなかった。さあ、どうぞ、試してみてほしい!

Text: Andreas May
Photo: Werk