7代目新型メルセデスEクラス エステート(S 214)に関する全情報! アッパーミドルエステートの覇権は安泰か?

5842
- Advertisement -

メルセデス・ベンツ Eクラス エステート(S214)。1978年に「メルセデス W123 エステート(S123)」が発売され、100万台以上のステーションワゴンが製造され、それから45年、シュトゥットガルトに本拠を置く同社は7代目(S123以来)となるEクラス エステートを発表した!

BMWは新型5シリーズを発表したばかりだが、アウディファンは新型「A6(おそらくA6という名称はなくなる)」をまだ待たなければならない。一方、メルセデスは、セダンの数週間後にEクラス エステートを発表した。

「214」シリーズは、新開発の内燃機関プラットフォームによる最後のEクラスとなるため、ここでは非常に特別な役割を担っている。

【サイズ一覧】
全長: 4949mm(S213: 4945mm)
全幅: 1880mm(S213: 1852mm)
全高: 1469mm(S213: 1468 mm)
ホイールベース: 2961 mm(S213: 2939mm)

メルセデスは、運転支援システムの面でも再びペースを上げ、Eクラスの標準範囲を拡大した。特に、サルーンとエステートは、レベル4に準拠したパーキングアシストに対応している。電動伸縮式トレーラーカップリングを注文すると、エステートは最大2100kgの牽引が可能だ。

エンジン: 発売当初は4気筒のみ

数ヶ月後の市場導入時には、メルセデスはEクラスに4気筒エンジンのみを搭載する予定だ。しかし、直列6気筒エンジンは数カ月後に登場し、ディーゼルプラグインハイブリッドも登場する予定だ。内燃機関はマイルドハイブリッドで、すべて統合スタータージェネレーター(ISG)、新しいバッテリー、15kWから17kWにパワーアップした電動モーターを搭載している。

価格: メルセデスEクラス エステート 約60,000ユーロ(約930万円)から

公式には、メルセデスはまだ価格を明らかにしていないが、装備が増えた分、基本価格も高くなるだろう。我々は、新型Eクラス エステートの価格を6万ユーロ(約930万円)前後と想定している。Eクラス エステートは55kWのオンボード・スーパーチャージャーを搭載しており、55kWのDCスーパーチャージャーをオプションで注文することができる。

デザイン: 新型Eクラス エステートはシューティングブレークだ

EQスタイルのイルミネーションラジエターグリル(オプション)、4眼フェイスを完全に再解釈した片側2つの曲面ライトエレメントを持つヘッドライト(LED標準装備)、フラッシュドアハンドルなど、そのデザインはアグレッシブだ。エステートは、このすべてをサルーンから引き継いでいる。特にサプライズはない。「アバンギャルド」、「エクスクルーシブ」、「AMG」の3つのラインはすでに知られている。

横顔では、傾斜したリアウィンドウを持つダイナミックなルーフラインが際立っている。無骨なエステートというより、スタイリッシュなシューティングブレークと呼ぶのが相応しい。リアでは、サルーン同様、人目を引く星のグラフィックが入ったテールライトを採用している。リフレクターはリアエプロンに配置され、特に広い開口部が確保されている。

リアには、サルーンに採用されたスターグラフィックが目を引く2分割のテールライトがエステートにも継承されている。リフレクターはリアエプロンに配置され、特に広い開口部が確保されている。

615〜1830リットルのトランクスペース

エステートの購入の決め手となるのは、トランクルームの容量だ。

テールゲートは、ボタンひとつで開閉する機能を標準装備している。メルセデスはこれを「イージーパック」と呼んでいる。その奥には615~1830リットルの収納スペースがある(プラグインハイブリッド: 460~1675リットル)。まずまずの数字だが、先代は640~1820リットルまで用意されていた。S212の695リットルは言うに及ばず。

エレガントでスポーティなフォルムの新型Eクラス・エステートは、すべての寸法でわずかに大きくなっている。全長4.95メートル(プラス4ミリ)、全幅1.88メートル(プラス28ミリ)、ホイールベース2.96メートル(プラス22ミリ)。

インテリア: ゆとりある空間とハイテクなコックピット

シートテストでは、広々とした空間が納得のいくものだった。身長1.83メートルの私でも、フロントもリアも非常に快適だった。

ホイールベースと幅の拡大は、主に乗員のために意図されている。メルセデスは、213よりも膝と脚のスペース、そして肘の幅を広げることを約束している。

12.3インチのデジタルメーターディスプレイ、14.4インチのインフォテインメントディスプレイ、そしてオプションの助手席用ディスプレイ(MBUXプレミアムプラス)で構成されており、こちらも12.3インチとなっている。

サルーンではすでにお馴染みだが、エステートでもそれに劣らず印象的なのが、MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンスシステム)スーパースクリーンを備えたコックピットだ。

装備: Eクラスに搭載されたTikTokとその他の機能

エンターテインメントの面でも、E-Classは多くのものを提供している。Burmester製の4Dサラウンドサウンドシステムと新しいサウンドビジュアライゼーション、さらに改良されたボイスコントロール(アクティベーションワードも不要)は、数多くの機能のほんの一部にすぎない。

メルセデスによれば、いわゆるサードパーティ製アプリの種類は今後も継続的に拡大していく予定だ。

TikTok、Angry Birds、Zoomなどのサードパーティ製アプリは、新しいアプリストアを介して利用できる。これにより、例えばオプションのセルフィーカムをビデオ会議(静止時のみ)に使用できるため、Eクラスは必要に応じてビジネスクラスに変身する。

数ヶ月後の市場導入時、メルセデスはEクラスに4気筒エンジンだけを提供する予定だ。しかし、その数ヶ月後には、直列6気筒エンジンが登場し、ディーゼルプラグインハイブリッドも登場する予定だ。価格は、204馬力のE200がベースとなる。

当分の間、ディーゼルは197馬力のE 220 dのみとなる。燃焼エンジンはマイルドハイブリッドで、すべて統合型スタータージェネレーター(ISG)、新しいバッテリー、15kWから17kWにパワーアップしたeモーターが搭載されている。

さらに、システム出力312ps、25.4kWhのバッテリーを搭載した「E 300 e」もあり、メルセデスは完全電気走行距離113kmを約束している。11kWの車載充電器が標準装備され、55kWのDC充電器もオプションで注文できる。

すべてのバージョンに、改良された9G-Tronicが標準で結合されている。アジリティコントロールサスペンションは、リアアクスルにシングルチャンバーエアサスペンションを装備している。連続調整式ダンピングを備えたエアマチックエアサスペンションは、追加料金で利用できる。

公式には、メルセデスはまだ価格を明らかにしていないが、装備が増えた分、基本価格も高くなる。我々は、新型Eクラス・エステートの価格は6万ユーロ(約930万円)程度になると想定している。

結論:
メルセデスEクラス?私にとっては、エステート一択!エステートは十分なスペースがあり、エンジンの種類も豊富で、技術も満載だ。アウディ、BMWとの三つ巴の戦いの中で、メルセデスは健闘している!

Text: Jan Götze
Photo: Daimler AG