横浜ゴム「パイクスピーク・ヒルクライム」にサステナブル素材を使用した「ADVAN」レーシングタイヤを供給し2 年連続の総合優勝を目指す

215
- Advertisement -

アメリカのヨコハマタイヤコーポレーションは2023 年6 月25 日に米国・コロラド州で開催される「第101 回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」に参戦する6クラス、26台以上へ、サステナブル素材を使用したレーシングタイヤ「ADVAN A005」を含む「ADVAN」レーシングタイヤを供給する。2年連続の総合優勝をはじめ全クラスでの優勝を目指す。

サステナブル素材を使用した「ADVAN A005」を供給するのは、昨年総合優勝を果たしたRobin Shute(ロビン・シュート)選手で、タイヤは今年から「全日本スーパーフォーミュラ選手権」にワンメイク供給しているものと同スペックで、従来タイヤと同等のグリップ性能を維持しながらサステナブル素材比率33%を達成している。

昨年の「第100 回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」で総合優勝したRobin Shute 選手の「2018 Wolf TSC-FS」

また、エキシビションクラスで「2021 Tesla Model S Plaid」を駆るRandy Pobst(ランディー・ポブスト)選手へ供給する「ADVAN A005」は、走行時に最も変形が大きくなるサイドウォールのゴムを従来の石油由来のブタジエンゴムからバイオマス由来のブタジエンゴムに変更し再生可能原料比率を高めている。

「Porsche Cayman GT4 Clubsport」などで競われる「ポルシェ パイクスピークトロフィー by Yokohama」クラスへのワンメイク供給も継続し、6 年連続で「ADVAN A052」を供給する。

雲へ向かうレース

「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」は1916 年から開催されている伝統あるヒルクライムレース。別名「雲へ向かうレース」と呼ばれ、標高2,862m のスタート地点から標高4,300m にあるゴールまでの約20km のコースにて競われる。ヨコハマタイヤ装着車は2020年と2022年に総合優勝、2021年に2部門でクラス優勝を果たしており、今回の大会も期待が寄せられている。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:横浜ゴム