【動画付き】新型ポルシェ911タルガ クールなタルガトップ911近々デビュー

25

ポルシェ911タルガ(2020): 4S、エンジン、馬力、価格、マーケットデビュー、PDK

450馬力911タルガ4S登場。
新型ポルシェ911の3番目のボディバージョンが登場する。最大450馬力のパワーを備え、2020年夏にデビュー予定。その全情報!

ポルシェは新型992世代第3のボディバージョンを発表した。カレラクーペとカブリオのギャップを埋める911タルガだ。
1965年の初代タルガ同様、フルオートマチックルーフシステムは、前席上部の可動式ルーフセクション、ラップアラウンドリアウィンドウで構成されている。

電動ルーフは19秒以内に開閉できる

その他、タルガは8代目911の典型的な特徴も備えている。
大幅に強調されたホイールアーチに加え、くぼみのあるフロントボンネット、リアのライトストリップ、ワイドなリアスポイラーなどだ。
10.9インチの中央ディスプレイを備えたインテリアは、クーペモデルのカレラバージョンと同じだ。

再び2つのパフォーマンスレベルで

911タルガには、今回も2つのパフォーマンスレベルが用意されている。
「タルガ4」と、よりパワフルな「タルガ4S」だ。
どちらも容量3リッターの6気筒ボクサーエンジンを搭載し、ツインターボチャージーを搭載している。
タルガ4のエンジンは385馬力、450Nmを発揮し、先代モデルよりも15馬力アップしている。
オプションの「スポーツクロノパッケージ」を装着すると、スポーツカーは4.2秒で100km/hまで加速し、最高速度は289km/h(先代より2km/hアップ)だ。
一方、タルガ4Sは、0から100km/hに到達するのに3.6秒しかかからず、最高速度は304km/hとなり、先代タルガ4Sよりも3km/hアップしている。
これは、純粋にエンジンパワーの向上によるものだ。そのパワーユニットは450馬力と530Nmを発揮し、先代モデルより30馬力と30Nmアップしている。

PDKを標準装備

どちらのタルガも8速ダブルクラッチ(PDK)トランスミッションが標準装備されており、パワーをインテリジェントな四輪駆動に伝達する。ただし、タルガ4Sには、スポーツクロノパッケージを含む7速マニュアルトランスミッションも用意されている。
パフォーマンスを最大限に引き出すために、タルガ4はフロントに19インチ、リアに20インチのホイールを装着している。330mm径のブレーキディスクとブラックの4ピストン‐モノブロック固定キャリパーを備えたブレーキシステムが備わっている。
タルガ4Sのホイールサイズは、フロントが20インチ、リアが21インチ。ブレーキディスクは直径350mmとさらに大きくなり、赤い4ピストンキャリパーで固定されている。高額なオプションながらセラミックブレーキシステムも用意されている。

PDKが標準装備されているが、タルガ4Sにはオプションとして7速マニュアルトランスミッションも用意されている。

4Sシリーズにはトルクベクタリングプラスが採用されている

タルガには電子制御式可変ダンパーが標準装備されている一方、タルガ4Sには電子制御式リアアクスルトランスバースロック付きの「トルクベクタリングプラス」が標準装備されている。このパッケージは、タルガ4には、オプションとして用意される。
他の992型ポルシェ911と同様、タルガモデルにも「ウェットモード」が搭載されており、路面の濡れ具合をセンサーで検知し、インスツールメントクラスター内の信号でドライバーに適切な走行モードへの切り替えを指示する。
アシスタンスシステムでは、アダプティブクルーズコントロールを備えたポルシェ「InnoDrive」が初めて利用可能となった。またガソリンスタンドなどの段差への対応として地上高を上げることができる「スマートリフト」機能もさらに進化されている。

価格と市場ローンチ

ポルシェ911タルガの新型モデルは、2020年8月からディーラーショールに並び始める予定だ。
価格は「タルガ4」が128,486ユーロ(約1,541万円)からで、「タルガ4S」は143,956ユーロ(約1,727万円)からとなっている。
このレベルのクルマを購入する人にとって、約180万円の差なら、4Sをセレクトする人が多いのではないかと推測される。

1965年に登場した初代タルガと同様に、フルオートマチックルーフシステムは、フロントシート上の可動式ルーフセクション、ラップアラウンドリアウィンドウで構成されている。そのルーフは19秒以内に開閉できる。
450馬力+530Nmタルガ4Sは、0から100km/hに到達するのに3.6秒しかかからず、最高速度は304km/hとなり、先代タルガ4Sよりも3km/hアップしている。
著しく目立つホイールアーチに加えて、これらには、くぼみのあるフロントボンネット、リアのライトストリップ、ワイドリアスポイラーなどが備わっている。
911タルガには、今回も2つのパフォーマンスレベルが用意されている。タルガ4と、よりパワフルなタルガ4Sだ。どちらも容量3リッターの6気筒ボクサーエンジンを搭載する。

Text: autobild.de
Photo: Porsche AG