【面白ネタ】ドイツのポップスター マティアス ライムのバイクコレクション ロイヤル エンフィールド トライアンフ そしてあのホンダ

407
- Advertisement -

ポップスターの中のロッカー、マティアス・ライムの自宅を訪ねた。ステージをこよなく愛する彼は、モーターサイクルに心を奪われている。特にクラシックなものが好きなのだ。ロイヤルエンフィールド、トライアンフ ボンネビルなどなど彼の現在のお気に入りを紹介!

バイカーの夢への道は、長さ25メートル、丁寧に舗装されている。雑草のない車道は、電動で開くガレージのドアの前で終わり、幅は5メートルもあり、真っ白だ。静かにバイクを走らせると、数秒後には「まさか」と思うだろう!

10台のバイクがスポットライトを浴びてそこに並んでいる。ステージライトに照らされ、きれいに整列している。「私のおもちゃのコレクションです」と、マティアス ライムは青い瞳で、にっこり笑いながら言う。

イルミネーションで飾られたライムのおもちゃの様子。棚にはヘルメットコレクション。

マティアス ライムは、ドイツで最も成功した歌手の一人だ。テレビのヒット番組、ラジオのヒットマラソン、全国コンサートで知られる。1990年、「Verdammt, ich lieb dich」で一夜にしてスターとなる。それ以来、22枚のスタジオアルバムを制作し、620万枚以上のレコードを売り上げた。彼の曲は、ウェブで、何百万回もストリーミングされ、YouTubeで視聴されている。2日連続で、大きなホールを満員にすることもしばしば。2023年夏には、ベルリンで、15,000人のファンの前で、1500回目の野外コンサートを行う予定である。

バイクを自分で掃除するマティアス ライム。滅多にしないそうだ。そして彼は雨の日にはバイクに乗らない。

マティアス ライムはスーパースターであり、スタンドプレーの人だ。2000年の半ばに突然倒れて療養に入り、2013年に再びドイツでナンバーワンになり、それ以来ずっとトップであり続けている。65歳にして、赤ちゃんもいる。娘のゾーイ(1歳)は、過去4回の結婚で生まれた、7人の子供の末っ子だ。

マティアス ライムには7人の子供がおり、さらに多くのバイクがある

遅刻魔のライムにバイクで会いに行く。ボーデン湖で。カナダやフロリダ、イビサ島やマヨルカ島での生活を経て、ボーデン湖に住んでいる。いつも旅に出て、いろいろ試している。「どれにしようかな?」、ライムのバイクは若い。ほとんどのバイクは1、2年前のもので、エンフィールドは新車だ。「自然な流れで購入したものです」と彼は言う。見て、一目惚れして、“このバイクは私のガレージのものだ”と思うんです」。

たまには新しいことを。カスタマイズドモデルの「BMW R ナインT アーバン G/S」に短時間試乗してみる。

ブラックの「ロイヤル エンフィールド クラシック500」も、そうして手に入れたものだ。「1000台のうちの1台。1000台限定のモデルです。今はどんどん価値が上がっていますよ」と、誇らしげに語る。ガレージの反対側には、後継モデルが住んでいる。風防付きのスカイブルーの「クラシック350」だ。「きれいでしょう? どうしても欲しかったんです。このエンジン。20馬力。単気筒。これに乗ると、癒されるんだ」。

ボーデン湖での休憩: マティアス ライムは、国境の三角地帯で多くの時間をライディングに費やしている。ロイヤル エンフィールド スーパーメテオ650も、発売直後に手に入れた。

そのすぐ隣には、ゴールドとアイボリーの「トライアンフ ボンネビルT100」があり、白いショートカットのカスタムシートが装着されている。「友人のボートビルダーがカスタムしてくれたんです」。カジュアルなルックスは、彼にとって重要だ。ジーンズ、レザー、お揃いのヘルメット・・・。バイクでもステージでも、見た目は正しくなければならない。

「もう重たいものには乗りたくないんだ」

カルトシンガーの体重は60kgと軽い。スキニージーンズを履いた彼の脚は、ツイッギーの竹馬を彷彿とさせる。「いつもそうなんだ。あそこでは好きなだけトレーニングできる。痩せたままなんだ」。軽いバイクに乗る理由がさらに増えた。「もう本当に重いものに乗る気がしないんだ、面倒くさくて」。

ハンドルを握るスター、サイドカーに筆者: グリーンマッシュチームは、まもなくイタリアの別荘に到着する。

最近、彼は「トライアンフ ロケット3」を友人に売却した。今では、2台所有しており、ライムはさらにレトロなバイクを所有している。彼はまだ新しい、「ロイヤル エンフィールド コンチネンタルGT」のシートに慣れる必要がある。「昨日初めて乗ったんだ。手首に負担がかかるけど、大丈夫だろう」と笑う。

マティアス ライムのバイクたち

マッシュ サイド フォース、29 PS
ホンダ ダックス125(9馬力)
ロイヤル エンフィールド クラシック350(20馬力)
トライアンフ ボンネビルT100(68馬力)
ロイヤル エンフィールド スーパーメテオ650(47馬力)
ロイヤル エンフィールド コンチネンタルGT(48馬力)
カワサキ W800(48馬力)
BMW R1250 RT(136馬力)
ハーレーダビッドソン スポーツスター1200(67馬力)
ロイヤル エンフィールド クラシック500(27馬力)

長時間のツアー – 彼にとっては数時間のことだ。「本当に長いツアーは苦手なんです。バイクに乗るのは好きだけど、長距離はちょっと・・・。それに、寒いときや雨の日もダメです」。風邪は彼にとっては毒だ。そして、彼の妻のクリスティン スタークは、彼の半分の年齢で、ポップシンガーである。彼女は「1200スポーツスター」に乗っている。ティンセルタンクはディスコボールのように輝いている。

マティアス ライム
1957年コルバッハ生まれ
1991年ワールドミュージックアワード
2003年以降、すべてのスタジオアルバムでドイツのトップ10入り
2011年 バレルマン賞(生涯功労賞)受賞
インスタの登録者数85,400人
Facebookで296,500人のフォロワーを獲得
6.2百万枚のレコード販売
「Verdammt, ich lieb dich」(くそっ、愛してる)のストリーミング7750万回。
ドイツのヒットパレードで16週連続1位を獲得(1990年)
6人の女性による7人の子供(1歳から50歳まで)。
これまでに所有したバイク: 50台

Text: Ralf Bielefeldt
Photo: Peter Musch