【クラシック モーターショー】ちょっと懐かしいクルマ×15台 画像と販売価格とともに楽しみながらご覧ください トップバッターは日本車です

844
- Advertisement -

ブレーメンクラシックモーターショー2023: ヴィンテージカー、クラシックカー、ヤングタイマー。ブレーメンのクラシックカーフェアから掘り出し物を紹介。そして立体駐車場で、伝統的な自家用車の販売が再開された。

2023年のクラシックカーショーシーズンの開始から、3ヶ月。今回はブレーメン クラシック モーターショーからのレポートだ。昨年はオンラインのみでのライブストリーミングでファンを満足させたが、今回は実際に入場可能な本格的なショーの開幕となった。

朝一番で、関係者は自家用車の販売ができる駐車場に集まっていた。隣の暖房の効いたホールでは、高貴なコレクターズアイテムや高価なガレージゴールドが脚光を浴びているが、淡いネオンの光の中では、250台ほどの安価なオールドタイマーやヤングタイマーが、買い手を待って潜んでいる。

たくさんのクルマが、見て、驚いて、語り合う

今回も掘り出し物があったようだが、4桁台の提示は少数派だった。しかし、メインストリームのクラシックカーからエキゾチックカーまで、見るもの、感嘆するもの、ショップで話すものがたくさんあったことだけは間違いない。

ブレーメンクラシックモーターショー2023のバーゲン情報

最も安いクラシックカーであり、同時にこの日のハイライトでもあるこの「日産サニー4×4」は、四輪駆動と現代的な装飾ステッカーが施されている。1988年に発売され、今や超レアな日本製コンパクトカーを車検で通すには、いくつかの鈑金塗装が必要となる。その代わり、購入時には多くのスペアパーツが付属している。走行距離はわずか109,000km、価格はわずか1,988ユーロ(約29万円)と大変お買い得だ。
90年代、ゴルフファンなら誰もが指をくわえて見ていた、1994年のGTI特別モデル”Edition”。BBS製ホイールとレカロ製シート、走行距離は117,200kmで、よく整備された個体である。8,900ユーロ(約125万円)で購入できる。
「レクサスLS 400」は、90年代にSクラスと競合し、販売台数こそ少ないものの、その信頼性は伝説となっている。ダークブルーの1999年モデルは、豪華な装備と囁くように静かなV8を3,300ユーロ(約47万円)というスリムな価格で提供している。しかし、フロントエプロンなど、いくつかの外観上の修理が必要だ。
久しぶりの登場だ。初代「VWポロ」、1981年製、50馬力、走行距離わずか7万km走行で、素晴らしいコンディションだ。5,800ユーロ(約84万円)。
ベビーベンツといえば、メルセデスは後期モデルに全力を尽くした。この1992年の 「アバンギャルド アズッロ」のようなカラフルな特別モデルは、若い顧客を「190」に引きつけることを目的としていた。このオートマチックトランスミッションとエアコンを備えた「2.3」は、8年間、屋根付き車庫の中で保管され、その後、アクスル、シャシーのオーバーホール、エンジンの各種新品パーツを含めて生き返らされ、現在17,500ユーロ(約253万円)で新しい恋人を待っているところだ。
「XJ40」は、ジャガー製サルーンの中で最も過小評価されている1台だ。品質という点では、先代シリーズよりも明らかに優れていた。一方で、その80年代のエッジの効いたルックスに仲間は増え、良いクルマは徐々に高価になってきている。このスイスから来た1992年製の「4.0リッター ソブリン」は9,800ユーロ(約142万円)という比較的リーズナブルな価格で、走行距離はわずか64,000km、メンテナンスの行き届いた車だ。
VWファンには人気の2.2リッター5気筒エンジン(115ps)搭載の「パサート32bセダン」だ。すでに241,000キロを走行しているが、よく整備され、素晴らしい装備を備えており、4,750ユーロ(約68万円)という適正価格だ。
フランスのテールフィン: スウェーデン人がブレーメンに持ち込んだ「プジョー404(1.6リッター/75馬力)」で、保存状態の良いインテリアを備えている。1960年代のサルーンファンにはたまらない、ピニンファリーナの素晴らしいデザインで、6,950ユーロ(約100万円)と決して高くない。
すでにクラシックカー!「ルノー19シャマードGTD」、1992年2月初回登録、クラシックカーライセンスプレートも取得している。5,900ユーロ(約85万円)という価格。「ルノー19」を探しているなら、これ以上の個体は滅多にないだろう。
おばあちゃんの「ゴルフ2」、まだあったんだ!私のおばあちゃん(1927年生まれ)が初めて所有したオートマチックモデルで、走行距離はわずか23,400km、グローブボックスには新車購入時の請求書(8,500ユーロ=約123万円)が入っている。
バーンセンのベスト: 1987年製、1.8リッター/90馬力、ステンレス製エキゾーストシステムを備えた、状態の良いワインレッドの「フォード シエラ」は、駐車場で最も安いクラシックのひとつで3,800ユーロ(約55万円)だ。
レモンの咲く土地に憧れる? このランチア ベータ クーペ(100馬力、1982年製)は繊細なゴールドに輝いているが、価格はわずか4,750ユーロ(約68万円)だ。果敢に挑戦する人はいますか?
スポーティーな90年代のアウディ。グリルのSエンブレムにもかかわらず、この1995年のクーペのボンネットには115馬力の2リッターしか搭載されていない。しかし、新しいタイミングベルトと入念な点検で、この4気筒(走行距離23万km)は、シーズン開始をリスクなく迎えることができるようになっている。価格は11,000ユーロ(約159万円)だ。
スウェーデンの老舗!?ブレーメンの駐車場で、ベージュの内装の赤い「サーブ900 c」が2台、風変わりなブランドのファンを待っている。この1987年の個体(走行距離73,560km、5,000kmでクラッチ新品)は8,900ユーロ(約129万円)だ。
まさに「会計士」!「W126」ファンのためのハイライトは、このシグナルレッドの「メルセデス280S」、4速マニュアルギアボックス、ベージュのクロスインテリア、右側ウィングミラーなしだ。非常によく整備された状態で、クラシックカーライセンスプレート取得済み。走行距離129,000km。12,900ユーロ(約187万円)だ。

ブレーメンの駐車場では、昔から早い者勝ちというわけではない。経験上、遠くからやってきて、もう古い車を家に持ち帰りたくないという売り手の多くは、その時に価格交渉に応じてくれることも多い。

Text: Martin G. Puthz
Photo: Martin Puthz/AUTO BILD