ポルシェのSUVトップモデル 新型カイエンのプロトタイプの最終テストドライブに参加 その性能と実力は?

1125
- Advertisement -

ポルシェは、カイエンのフェイスリフトに全力で取り組んでいる。我々は、カモフラージュされたプロトタイプの最後のテストドライブに参加させてもらった。

2017年、ポルシェは社内で「E3」と呼ばれる3代目「カイエン」を発表し、2018年に市場に投入した。それ以来、社内のエキスパートたちは今回のフェイスリフトの準備に取り組んできた。そう、モデルチェンジなのだ。

シュトゥットガルトのポルシェは、大型SUVの将来計画についてまだコメントしていないが、ポルシェの電動化戦略をよく見れば、新型カイエンがおそらく純粋な電動車になることは、それほど想像力を必要としないことだろう。しかし、内燃機関を重視する市場はまだ存在するので、あと数年は現世代が並行して走り続ける可能性がある。これは、ポルシェがSUVとクーペのアップデートに多大な努力を払っている理由にもなっている。

AUTO BILDは、ポルシェのエンジニアのテストラップに同行することを許された。

デザイン、駆動、シャーシ、コックピットを見直し

インフォテインメントシステムを含むデザイン、ドライブトレイン、シャーシ、コックピットは、開発者のこだわりが詰まったものだ。後者はまだ膝の上の厚い黒いフェルトの下に隠れているが、誰も見ていない時にちょっとだけ下を覗くことができた。

まだ秘密: 改良型カイエンのコックピットを公開することは、まだ許されていない。

あまり多くを語ることはできないものの、センターコンソールはより整然とし、インストルメントクラスターはデジタル化され、新しいディスプレイが搭載され、一見するとまだ完成していないように見える。また、デザインの面でも、カイエンはまだベールを脱ぎ捨てていないのだ。しかし、ラッピングとは裏腹に見えてくるものもある。テールゲートやボンネットはもちろん、スカートやヘッドライトも一新されていて開発段階であるが、しっかりと作り込まれている。

シャーシ、パワートレイン、デザイン: ポルシェはフェイスリフトのためにかなりの部分に手を入れている。

新たにチューニングされたシャーシ、そして何より新しいパワートレインをじっくりと見ることが許された。ポルシェは「カイエンS」に搭載されていた6気筒エンジンをやめ、ほぼ新開発のV型8気筒エンジンを採用し、もはや古いターボユニットとの共通点はほとんどない。小型化・電動化の時代には、それだけでもニュースになる。

そして何より、この新型エンジンはテスト状態でも優秀な数値を示してくれた。8気筒は、「Sモデル」を440馬力から475馬力に押し上げ、600ニュートンメーターのトルクを発生するようになり(従来は550Nm)、2トンをはるかに超える重量のSUVを、明らかに自信を持ってハリウッドヒルズに押し上げることができるようになっている。

従来通り、ZF製の8速オートマチックがパワーを制御し、スロットルを開けると、V8特有の咆哮とともに、エンジンは自発的に力を発揮する。

欧州向けターボGTはなし

ポルシェはまだコメントしていないが、この新エンジンが後に「GTS」、「ターボ」、「プラグインターボSEハイブリッド」にも搭載されることは明らかだ。しかし、この8気筒エンジンは、クーペしかない「ターボGT」には搭載されない。

そして、現在のエンジンは将来の排ガス規制をクリアできなくなるため、少なくとも欧州では、「ターボGT」は2年を最後に価格表から姿を消すことになるのだ。早い段階ですでに予定していた販売目標を超えてしまった大型SUVの高性能モデルの消滅は営業マンたちを大いに悩ませるだろうが、「GT」に続くもうひとつのパワープラグインが発表されたことは、彼らに希望を与えるはずだ。

人気がある – しかし、もはやヨーロッパ向けではない。フェイスリフトにより、カイエンターボGTはラインナップから姿を消す。

ポルシェは、3リッターV6の出力をわずかに向上させたベースモデル(354馬力)と、エントリーレベルのプラグインもアップグレードした。プラグインは、6気筒エンジンに177馬力の電動モーター(従来は136馬力)と大型バッテリーを組み合わせたものだ。一方では、純粋な電気駆動を続け、他方では、より強力な電動モーターがその地位にふさわしいと感じる。加えて、大型化したバッテリーをより早く満タンにするために、最大充電電力を11kWに向上させた。

快適性を追求した新シャーシチューニング

また、サスペンションのチューニングも変更された。標準装備のアダプティブダンパーは、2つのバルブで動作するようになり、伸び側と縮み側を別々に調整することができるようになった。これにより快適性が向上し、「カイエン」はノーマルモードでは路面を滑らかに滑走し、パシフィックコーストハイウェイの長い段差を優しく弾むように走る。

テスト渋滞: ストップ&ゴー渋滞もエンジニアの課題だ。

同時に、よりワイドな広がりを実現することで、(さらに)スポーティな走りを可能にしている。ロサンゼルス北部のマルホランドドライブとサンセット大通りの間にある曲がりくねった山道で、スポーツまたはスポーツプラスモードの「カイエン」がSUVのトップアスリートであることを再び証明して見せた。エアサスペンション、スチールサスペンションにかかわらず、「カイエン」はまるで数百kg軽くなったかのようにカーブを曲がっていく。

2023年4月受注開始

きついコーナーを曲がる時にタイヤが鳴くことがあるが、これは意図的なものではない。ミシュラン製のヨーロッパ向けタイヤに比べて、やや柔らかめのアメリカ向けのネクセン製タイヤで走っているからだ。

ただし、新型カイエンからカモフラージュが外されるのは、SUVがワールドプレミアを迎え、注文が可能になる2023年4月以降となる予定だ。価格は?それはまだわからない。ベーシックな「カイエン」は現在でも82,000ユーロ(約1,150万円)と高価だが、フェイスリフトではさらに数千ユーロ(数十万円)の追加となると想定される。

Text: Michael Gebhardt
Photo: Porsche AG