【比較テスト】アウディ RS e-tron GT対メルセデスAMG EQE 53対ポルシェ タイカン ターボ 勝者は? ドラッグレース動画&35枚の画像&性能データ付き

1602
- Advertisement -

バトル オブ eリムジン: ポルシェ タイカン ターボが、ライバルであるメルセデスAMG EQE 53、アウディ RS e-tronとドラッグレースで競い合う。囁くように静かに、怒涛のダッシュを見せる電気自動車、最速のeリムジンはどれ?

3台の電動リムジン、合計2,000馬力以上のパワーと長いストレート: スプリント性能を直接比較できる理想的な機会だ。「メルセデスAMG EQE 53 4MATIC+」と「アウディRS e-tron GT」、そして「ポルシェ タイカン ターボ」がスタート地点に立つ。

新しい「メルセデスAMG EQE 53 4Matic+」は、スペックを見ただけでめまいがする。運転する必要さえない。687馬力!最高速度240km!トルク1,000Nm!1000ニュートンメーターだ! これがエコモービルの装いをしたスーパースポーツカーのキーデータだ。

超電動車を比較するために、最もエキサイティングな3台を選び出した。新型メルセデスAMGに対抗するのは、646馬力のオーバーブーストを備えた「アウディRS e-tron GT」と、680馬力(それも短時間のパワーピーク作動で)の「ポルシェ タイカン ターボ」である。

メルセデスAMG EQE、アウディRS e-tron GT、ポルシェ タイカンの3台が競い合う。

3台とも、強力なバッテリーパックを車のフロアに搭載している。AMGは90.56kWh、アウディとポルシェでは83.7kWh(ネット)の容量の電池が搭載される。メルセデスはその後約478kmの航続距離を達成するはずだ。

一方、ポルシェの理論的航続距離は466km、アウディ(タイカンと技術の枠組みを共有)はこの計算式で481kmを達成しているとされている。

AMG EQE 53は、478kmという説明書上の航続距離にもかかわらず、テストでは288kmにとどまり、約束は破られた。

例えば、高速道路を使った実用的なラウンドでは、AMGはメルセデスが約束した100kmあたりのエネルギー消費量のほぼ2倍を消費した。その結局、EQEの航続距離は約290kmにとどまった。アウディとポルシェも、実走行では、320kmしか達成できなかった。

EQEで最も快適な旅を

そのサイズでは、メルセデスの方が正直だ。このカテゴリーで最も風格のあるこのクルマは、最も広い空間も提供している。運転席、助手席、同乗者がゆったりと座り、ラゲッジも一番広いスペースが確保されているので安心だ。同時に、メルセデスはXLサイズのストローマのトレーラー連結を認める唯一のメーカーであり、自転車ラックや最大750kgの重量を牽引できるようになっている。

また、クリアなメルセデスは運転しやすいので、狭い通路でもドライバーのストレスが軽減される。残念なのは、「EQE」の方が圧倒的に大きな回転半径を持つことで、このアドバンテージの大部分を食いつぶしてしまっていることだ。

また、我々の主観では、「EQE」は最も快適なフロントシートを提供している。厚みのある、適度な硬さのシートは快適なサポートを提供してくれる。

コーナーはタイカンの領分

コーナリング走行といえば、これは明らかに「タイカン」の得意とするところだ。フィーリングに富んだ正確なステアリング(極めて類似したデザインのアウディよりもさらに敏感)は、素晴らしく正確な運転操作を可能にする。

ポルシェはもちろん、電気自動車としてトップレベルの速さを誇り(生産台数は260台!)、スタンディングスタートから競合他車を圧倒している。

ポルシェの生き生きとしたアクティブさがそれにマッチしている。基本スタンスがしっかりしているにもかかわらず、バランスのいいシュツットガルトのクルマは、ステアリングに関してもどこかフットワークが軽く、とても素直なのだ。

RS e-tronはポルシェに匹敵するキビキビ感

アウディも同じように、きびきびとした走りを好む。しかし、メルセデスと同様、0-100km/h加速のテストになると、かなり抑制される。

ポルシェはここで、ドライビングダイナミクスの面で何が可能であるかを示している。高いブレーキ性能によって、ドライバーは2.3トンのグライダーを33メートル以内に完全停止させることができるのだ。

RS e-tron GTの走りはポルシェと似ているものの、ブレーキが少し悪く、そしてスプリントはコンマ2秒遅くなる。

メルセデスは重い(ポルシェやアウディより200kg近く重い)のだが、それを全輪操舵で隠すと同時に、より品格のある走りに変えているのだ。素晴らしいのは、4ドア車は、サスペンションが反発するときに穏やかな揺れで厚い段差を受け流し、高速でエッジの効いた段差を同じように滑らかにすることができることだ。

また、走行音も静かで、アクセルペダルの操作性もよく、変速モードの変更にもインテリジェントに、あるいは直感的に反応して回復する。

【性能データ(測定値)】
モデル アウディRS e-tron GT メルセデスAMG EQE 53 4MATIC+ ポルシェ タイカン ターボ
0-50km/h加速 1.4秒 1.4秒 1.3秒
0-100km/h加速 3.3秒 3.2秒 3.1秒
0-130km/h加速 4.9秒 5.0秒 4.7秒
0-160km/h加速 7.1秒 7.6秒 6.8秒
0-180km/h加速 8.9秒 10.0秒 8.4秒
0-200km/h加速 11.1秒 13.0秒 10.4秒
0-230km/h加速 15.0秒 19.7秒 14.2秒
制動距離(100k/h時より) 34.5m 34.9m 33.0m
乾燥重量 2,365kg 2,559kg 2,337kg
航続距離 324km 288km 318km

もちろん、ポルシェは電気自動車として最高速度260kmを達成し、停止状態からライバルに差をつけ、中速からの加速でもメルセデスを追い越した。

穏やかに加速するAMGは、ローンチコントロールが追加されるダイナミック・プラスならもっと速かったはずだ。比較テストの詳細は、以下、フォトギャラリーとともにご覧ください。

電動スポーツカー3台比較

聞きたくなければ、感じればいいのだ。メルセデスAMG EQE 53、アウディRS e-tron GT、ポルシェ タイカン ターボが比較テストで囁くように静かな電気自動車としての力を発揮した。最も印象に残る高貴な電気自動車はどれ?
新しいメルセデスAMG EQE 53は、キーデータを見ただけでクラクラする。687馬力!最高速度240km!1000Nmのトルク!
比較のため、アウディ RS e-tron GTは646馬力のオーバーブーストと830Nmのトルク、ポルシェ タイカンは680馬力と850Nmだ。いずれも電動モーターの特性で、一気呵成にダッシュする。
3台とも、強力なバッテリーパックを車のフロアに搭載している。メルセデスでは、90.56kWhの容量を持つセルがエネルギーを供給し、478kmの走行に十分なエネルギーとなるはずだ。
アウディは、RS e-tron GTの航続距離を481kmとしている。ここでは、ポルシェと同様に83.7kWh(ネット)のバッテリーが電力を供給する。タイカンはフル充電で466kmの走行が可能とされる。
しかし、高速道路を含む実用的なラウンドでは、結局、EQEの航続距離は約290kmに留まった。一方、アウディとポルシェも、実走行で320kmしか走れなかった。
メルセデスの方がサイズ的に優れている。このカテゴリーで最も風格のあるこのクルマは、最も広い空間も提供している。運転席、助手席、同乗者がゆったりと座り、安心できる。後方では、ルーフの形状によって空間がわずかに制限されている感じだ。
アウディのリアスペースは、どちらかというと狭く感じる。
ポルシェの2列目のスペースは狭いのだが、前席のスペースは十分確保されている。
ポルシェと同様、アウディのシートは、長距離走行に適したデザインとなっている。
私たちの主観的な評価では、EQEは最も快適なフロントシートを提供している。厚みのあるシートはクッション性が高く、カーブの多い道でもしっかりとサポートしてくれる。
EQEのワークプレイスは、MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンス)メインディスプレイというデジタルアバンダンスで占められている。
典型的なインゴルシュタット製インテリア。ドライバーズディスプレイのグラフィックが簡単に変更できるコックピットボタンに触れるだけでいいのだ。
この比較では、「タイカン」が最も運転が楽しい。フィーリングに富んだ正確なステアリング(非常によく似たデザインのアウディよりもさらに敏感)は、素晴らしく正確な運転操作を可能にする。
ポルシェの生き生きとしたアクティブさがそれにマッチしている。基本スタンスが充実しているにもかかわらず、バランスの良いシュトゥットガルトのクルマは、ステアリングを切ったときに何か足取りが軽く、とても素直なのだ。
メルセデスは公道では特に巨大だが(ポルシェやアウディより200kg近く重い)、それを全輪操舵で隠しながら、同時に威厳ある乗り心地に変換することができるのだ。素晴らしいのは、サスペンションが反発するときに穏やかな揺れで厚い段差を受け流し、高速でエッジの効いた段差を同じように滑らかにすることができる。また、アクセル操作への追従性が高い。
アウディの走りはポルシェと似ていて、こちらもきびきびと走る。
しかし、メルセデスと同様、0-100km/h加速のテストになると、かなり抑制される。
ポルシェはもちろん電気自動車として最速のトップスピード(260km/h)を誇り、スタンディングスタートでライバルに差をつけ、中速からの加速でもメルセデスを追い越す。
穏やかに加速するAMGは、ローンチコントロールが追加されるダイナミック・プラスならもっと速かったはずだ。
この比較では、コンマ1、2秒の差で負けているものの、0-100km/h加速が3.3秒とアウディが一番遅いというのは、実に信じられないことだ。
続いて、価格について説明する。新型EQEは6桁以下では買えないし、それは序の口だ。テスト車には、様々なパッケージや特別なコンフィギュレーションが備わっていた。だから結局、138,242ユーロ(約1,960万円)が請求書に載っている。それでもアウディに比べたらお買い得だ。アウディ(テストに関連する装備付き)の価格は157,680ユーロ(約2,240万円)だ。そしてそれすらも、少なくともポルシェと比べれば、まだまだお買い得なのだ。スピードと楽しさを存分に享受できるタイカン ターボの場合、175,270ユーロ(約2,480万円)が必要となる。

第3位 800点満点中570点: ポルシェ タイカン ターボ
スピード、ハンドリング、ブレーキ、ドライビングフィールどれもが秀逸。だが同時に高価である。

第2位 800点満点中585点: アウディRS e-tron GT
非常に普遍的で、非常に速く、モダンに見える。この比較では、エレガントなスポーツカーである。

第1位 800点満点中610点: メルセデスAMG EQE 53 4MATIC+
パワフルなAMGとして、このトリオの中でより大きくより快適で、最高の1台だ。

結論:
抜きんでた走行性能のタイカン ターボ。高い技術力に高級感や快適性を備えたe-tron GT。3台の候補車とも、それができているが、AMGの偏差値が少し他より優れている。

Text: Berend Sanders and Jan Horn
Photo: autobild.de