日本初 スペインのスポーツカー「Hurtan Grand Albycin(フータン グランド アルバイシン)」が販売開始

1299

HURTAN JAPAN(フータン ジャパン)はスペインのコーチビルダーHURTAN Automovilesのスポーツカー「Hurtan Grand Albycin(フータン グランド アルバイシン)」を輸入販売開始する。グランド アルバイシンはクラシカルな出で立ちのスポーツカーで、オーダーメイドにより、自分仕様に仕立てることが可能だ。

Hurtan(フータン)とは

HURTAN Automoviles(フータン・オートモービルズ)はクラシックカーに魅せられたフアン・ウルタードが、1991 年にスペイン・サンタフェで設立した少数生産の自動車コーチビルダー(改造車体メーカー)。現在クラシカルなスポーツカー4モデルとキッチンカー1モデルを生産している。

MAZDA MX-5がベース

グランド アルバイシンはフータンのラインナップの中では最新モデルとなる。ベースはマツダ MX-5(マツダ ロードスター)を採用しており、よく見るとフロントスシールドとドアはそのままだが、クラシカルなスタイリングのマツダ MX-5(ロードスター)というわけだ。メッキパーツを随所にあしらったクラシカルな「ヘリテージ」とスポーティーな「ビスポーク」があり、それぞれカブリオレとタルガ(ベースはマツダ ロードスターRF)が選べる。

フータン グランド アルバイシン ヘリテージ カブリオレ。
フータン グランド アルバイシン ビスポーク タルガ。

2リッターのロードスター

パワートレインはヨーロッパ向けのマツダ ロードスターに準じて、132馬力の4気筒1.5リッターもしくは184馬力の4気筒2.0リッターに6速マニュアルトランスミッションの組み合わせ。タルガの2.0リッターのみ6速ATがオプションで選択できる。日本仕様にはない2.0リッター、6速マニュアルのカブリオレ(ロードスター)は非常に魅力的だと思える。

クラシカルな前後フェンダー。

クラシカルなエクステリア

起伏に富んだボリューム感あるデザインで、フェンダーがクラシックカーの雰囲気を醸し出していおり、ベース車両の面影はない。ベース車両に対して全長が29㎝長く、幅が5.5㎝広く、全高が1㎝低くなっている。ボディカラーは顧客の好みで選択可能で、マット塗装はもちろん「ロッソ コルサ」「オプシディアン ブラック」といった固有のカラーをオーダーすることも可能だそうだ。

日本向けのビスポーク タルガ。マットカラーが良く似合っている。

高級感溢れるインテリア

インテリアはベースのMX-5のままだが、ふんだんに使われたレザーとウッドによりベース車両とは全く違っていて高級感が増している。ボディカラーと同様にインテリアの表皮の素材、色は自由に決めることができる。

スパルタンな日本のロードスターが、ヨーロピアンスポーツカーに様変わり。
高級感が増したシート。

世界に1台のクルマをオーダーする

2021年に個人輸入のような形で1度日本に入ったようだが、今年、正規輸入販売代理店「フータン ジャパン」が立ち上がり、正規輸入新車として購入できるようになった。1台、1台ハンドクラフトで作られるため年間の生産台数には限りがあるようだ。自分好みに仕立てた、世界に1台のクラシカルな雰囲気の最新ロードスターに乗るという贅沢。人とは違うクルマに乗りたいと思う人にうってつけだ。発売は2月10日、価格は910万円からとのことで、安くはないが、とてもリーズナブルであると言えるのではないだろうか。

ヘリテージ カブリオレ。日本向け車両。

アウトビルト スペインのインプレッション動画

「スペイン風ロードスター」アウトビルト スペインのエンリケ ルイスによるロードインプレッション動画を見ると、結構なペースでコーナリングを楽しんでおり、ボディワークが変わってもハンドリングには影響がないように見える。

ビスポーク タルガ(左)とヘリテージ カブリオレ。どちらも日本向け車両。

問い合わせ:フータンジャパン https://hurtan.jp/

Text:アウトビルトジャパン
Photo:フータン ジャパン