【ユニークな比較テスト】BMW 4シリーズクーペ対決 エレガント対過激? 全く異なる世界? 430iとM4 CSLはどこがどう違うのか?

1026

マスプロダクトモデル対天才の対決: BMW 430i クーペがM4 CSLに対抗。さりげなくエレガントな430iクーペと、妥協を許さない不機嫌なM4 CSLを比較すると、その差は歴然だ。2台のBMW4シリーズ、しかしまったく異なる世界。

550馬力の「BMW M4 CSL」ほど、よりレーシーで、より繊細で、よりワインディングに適した「M」は存在しない。しかし、新型「CSL」がこれほどまでに確かな足取りで、これほどまでにパワフルで、これほどまでに刺激的なのは、いったいなぜなのだろうか。そこで、このクルマをマスプロダクトシリーズの弟分である「430i」と比較してみた。

「G22」シリーズのクーペは、このリーグで最も成功した一台であると我々は考えている。力強く、速く、それでいてエレガントで、旅に適した車だ。ドライバーにとっては、ボンネットの下にあるパワフルで活発なターボガソリンエンジンが上質な気分を与えてくれる。

430iに搭載されたターボ4気筒エンジンが活躍している

もちろん、クラシカルな後輪駆動も備えている。BMWは、ターボチャージャー付き2リッター4気筒エンジンから245馬力を得ている。そして、この「B48」エンジンがいかに洗練され、パワフルで、なおかつ経済的であるかに驚かされる。

430iの4気筒エンジンは245馬力、M4 CSLは直列6気筒の550馬力と、対等な対決を繰り広げている。

2ドア車が日常的な使用にも適し、CO2問題を慎重に処理し、あらゆる天候下で安全なロードホールディングを実現するために、BMWは「4シリーズ」をそれ相応に位置づけたのである。「430i」はそれゆえ、すべてに対応できる1台なのだ。「430i」のキャラクターは普遍的に遊び心があり、「CSL」のキャラクターは残酷なまでに妥協がない。ここでは、その重要な違いを説明する。

軽量化により、M4 CSLの低重心化を実現

1) 軽量化:「M4 CSL」は、遮音性の高い重要な部分を省いている。ルーフはシートメタルの代わりにカーボンパネルで覆われ、ボンネットも従来の「430」の素材からカーボンファイバー強化樹脂に変更されている。

CFRP製の高剛性シートシェル、リアベンチの省略、シャーシのアルミ化、カーボンセラミックブレーキ、そして各部のファインチューニングにより、さらなる軽量化を実現している。「CSL」の6気筒ツインターボエンジンよりも軽量な4気筒ターボエンジン、はるかに貧弱な寸法のサスペンションを持つ「430i」の重量にほぼ匹敵する。

精密なスポーツカー: 低重心のMは、量産車よりも洗練されたグリップでアスファルトの上を飛び回ることができる。

さらに重要なのは、「CSL」ではルーフが軽くなったことで重心が下がり、車重が減ったことで車体がより機敏になったことだ。バネ下重量が小さいほど、より自然な挙動を示し、Mはより洗練されたグリップでアスファルトを駆け抜けることができるのだ。

【車両データ】

モデル名 BMW 430iクーペMスポーツ BMW M4 CSL
エンジン 4気筒ターボ、フロント縦置き 6気筒ツインターボ、フロント縦置き
排気量 1998cc 2993cc
最高出力 245PS@4500rpm 550PS@6250rpm
最大トルク 400Nm@1600rpm 650Nm@2750rpm
駆動方式 後輪駆動、8速AT 後輪駆動、8速AT
0-100km/h加速 5.9秒 3.6秒
最高速度 250km/h 307km/h
全長/全幅/全高 4768/1852/1383mm 4794/1921/1386mm
乾燥重量 1616kg 1623kg
価格 58,900ユーロ(約850万円)より 165,200ユーロ(約2,350万円)より

4気筒と6気筒の出会い

2) ドライブ: 「430i」の2リッター4気筒シングルエキゾーストターボエンジンが、「M」のツインターボを6気筒3リッターに負けるのは明らかだ。しかし、Mエンジンのトルク出力は異常だと感じる。650ニュートンメートルのトルクは、2750回転から5950回転の広い範囲で使用できる。また、レスポンスの良さと回転欲は、エンジンルームでの下品な興奮に近いものがある。

430iの縦方向と横方向のダイナミクスは、明らかにサーキットのホットツールであるM4 CSLには太刀打ちできない。

トランスミッションもタイトだ。BMWは、一般的な8速ステップトロニックの代わりに、ほぼ一定の力でトルクコンバーターをロックアップするショートレシオのオートマチックを「CSL」に搭載した。また、エンジンやトランスミッションの専用マウントにより、素晴らしいグリップ感のあるドライビングを実現している。

4シリーズはGTとして成功

3) シャーシ: 意外と「CSL」はそんなに低くはないのだ。BMWはまた、快適なステアリングセットアップを選択した(M CSLではレシオがよりダイレクトでないため、さらに守備範囲が広がる)。2台のクーペのサスペンションも同様で、例えば、アルミニウム製の5リンク構造が左右のリアアクスルに採用されている。

430iクーペもコーナーはよく曲がるが、M4 CSLのようなシャープさは実現できていない。

ということは、「430i」も同じように高速カーブを鋭く切り取ることができるはず?違う!「CSL」では、リアシャシーの剛性接続、フロントエンドのストラットの執拗な剛性強化、リーディングリンクのラバーブッシュの廃止が、独特の精度を生み出しているのだ。

この遊び心と、遠心力に対して極めてタイトにサポートされる存在、そしてアクセルワークによるアクティブな生命感が、極限のドライビングフィールを完成させるのだ。つまり、「M4 CSL」はレーシングカーであり、市販車である「430i」とはかけ離れた存在なのだ。

サーキット用M4タイヤ

4) タイヤ: カップ2-Rのトレッドパターンと、その「ホット」コンパウンドは、ウェットコンディションやコールドコンディションでの境界部分を危険な曲芸のように塗りつぶしてしまう。

M4 CSLにはミシュランカップ2 Rが装着されているが、これには温度と空気圧、そして乾いたアスファルトが必要だ。

タイヤは乾いたアスファルトと十分な路面温度が必要で、スタート前に慎重に空気圧を調整する必要がある。普段使いに適しているか? いや、そうではない。でも、その方が、スピードが出るノダ。独創的な「CSL」はそれだけでいいのだ!

BMW 430iクーペ対BMW M4 CSL

さりげなくエレガントな「430iクーペ」と、妥協のない不機嫌な「M4 CSL」を比較。2台のBMW 4シリーズ、しかし、まったく異なる2つの世界。
550馬力の「BMW M4 CSL」ほど、よりレーシーで、より繊細で、よりワインディングに適した「M」は存在しなかった。しかし、新型「CSL」がこれほどまでに確かな足取りで、これほどまでにパワフルで、これほどまでに刺激的なのは、いったいなぜなのだろうか。今回は、マスプロダクトシリーズの弟分である「430i」と比較することで、その真価を見極めたいと思う。
「430i」クーペは力強く、速く、それでいて旅にふさわしいエレガントさを備えている。
1.軽量化: M4 CSLでは、防音材の重要な部分を削除している。ルーフはシートメタルの代わりにカーボンパネルで覆われ、ボンネットも従来の430の素材からカーボンファイバー強化プラスチックに変更されている。
CFRP製の高剛性シートシェル、リアベンチの省略、シャーシのアルミ化、カーボンセラミックブレーキ、各部のファインチューニングにより、さらなる軽量化を実現している。その結果「430i」の重量にほぼ匹敵する。
さらに重要なのは、「CSL」ではルーフが軽くなったことで重心が下がり、てこ入れされた質量が減ることで車の反応がより俊敏になったことだ。バネ下重量が小さいほど、より自然な挙動を示し、「M」はより洗練されたグリップでアスファルトを駆け抜けることができるのだ。
2.駆動: 「430i」の2リッター4気筒ターボエンジンが、「M」の3リッター6気筒ツインターボエンジンに負けるのは明らかだ。
しかし、我々が珍しいと思うのは、M型エンジンのトルク出力だ。650ニュートンメートルは、2750回転から5950回転の広い範囲で使用可能だ。また、レスポンスの良さと回転欲は、エンジンルームでの下品な興奮に近いものがある。
トランスミッションもタイトだ。BMWは、一般的な8速ステップトロニックの代わりに、ほぼ一定の力でトルクコンバーターをロックアップするショートレシオのオートマチックを「CSL」に搭載した。また、エンジンやトランスミッションの専用マウントは、素晴らしいグリップ感のある走りを実現している。
3.シャーシ: 意外と「CSL」はそんなに低くない。BMWはまた、快適なステアリングセットアップを選択した(M CSLではレシオがよりダイレクトでないため、さらに守備範囲が広がる)。
2台のクーペのサスペンションも同様で、リアアクスルにアルミニウム製の5リンク構造が左右に採用されている。それなら、「430i」も同じように高速カーブを鋭く切り分けられるはずだ?違う!「CSL」では、リヤサブフレームの高剛性リンク、フロントエンドのストラットの容赦ない剛性強化、リーディングリンクのラバーブッシュの廃止が、独特の精度を生み出している。
この遊び心と、遠心力に対して極めてタイトにサポートされる存在、そしてアクセルワークによるアクティブな生命感が、極限のドライブフィールを完成させるのだ。つまり、「M4 CSL」はレーシングカーであり、市販車である「430i」とはかけ離れた存在なのだ。
4.タイヤ: カップ2-Rのトレッドパターンと、その「ホット」コンパウンドは、ウェットコンディションやコールドコンディションでのボーダーラインを汚し、危険な曲芸のようなものにしてしまうのだ。
タイヤは乾いたアスファルトと十分な路面温度が必要で、テイクオフ前に慎重に空気圧を調整する必要がある。普段使いに適しているか?いや、そうではない。でも、その方が、スピードが出るのだ。「CSL」はそれだけでいいのだ。独創的!

結論:
BMWには、美しく、速いクーペがある。そしてその一台である過激派の「M4 CSL」は4シリーズを改造したものよりもはるかに優れている。テクノロジー、トラクション、スピード、そして異常に軽快で正確なドライビングフィールを兼ね備えているのだ。レーサーの原点とも言えよう。

Text: Jan Horn and Mirko Menke
Photo: BMW AG