特別なランドローバー ディフェンダー2台がジェームズ・ボンド映画60周年を記念した公式チャリティオークションに出品された

345

ジェームズ・ボンド映画60周年を記念した公式チャリティオークションに、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場した「DEFENDER」のスタントカーが出品された。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のオールテレインアクションシーンに登場し、特別にカスタマイズした「DEFENDER 110」のスタントカーには入札が殺到し、最終的に18万9,000ポンド(約3,000万円)で落札され、その収益は英国赤十字社によって、重要な人道支援活動に使用される。 今回の出品車両は、映画撮影中に使用された10台の「DEFENDER」のうちの1台で、特別な車両識別番号「VIN 007」が付けられている。

もう1台は、ジャガー・ランドローバーのパーソナライゼーション部門のSVビスポーク(スペシャル ビークル オペレーションズ)が製作し、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に登場した「DEFENDER」を想起させる「DEFENDER 110 V8 BOND EDITION」が、16万3,800ポンド(約2,630万円)で落札され、収益は、絶滅危惧種の保護、生物多様性の保全および地域コミュニティの活性化など、アフリカ全土で活動する自然保護慈善団体「Tusk」に寄付される。全世界で販売した「BOND EDITION」はわずか300台だが、今回出品されたモデルはインストルメントパネルのエンドキャップに特別な「60 Years of Bond」のロゴを採用した英国仕様だった。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:ジャガー・ランドローバー・ジャパン