【F1第14戦ベルギーGP決勝】14番グリッドからスタートのフェルスタッペン 見事に勝利 ライバルのフェラーリとルクレールは?

93

F1: ベルギーGP@スパ フランコルシャン サーキット。空飛ぶオランダ人フェルスタッペンがスパで優勝。レッドブルのスターレーサーのワールドチャンピオン獲得の可能性は高い?

スパで開催されたベルギーGPで示した実力と強さ。マックス フェルスタッペン(レッドブル)ほど優れたドライバーはF1界に長い間存在しなかった。スターティンググリッド14番手からスタートして多くのライバルを抜き去り、今季9勝目、通算29勝目を挙げた。2位にはチームメイトのセルジオ ペレスが続き、フェラーリのカルロス サインツが3位でフィニッシュした。レッドブルにとっては21回目のワン ツーとなる。

Sky TVの評論家、ティモ グロックは「強さを見せつけられた」と評価する。そしてライバルたちは「みんな思い悩む」のだ。レッドブルは飛躍的にその差を広げており、マックス フェルスタッペンの好調さは頂点に達していた。”

12周目には早くも世界チャンピオンはトップに立ち、そのままトップでゴールした。フェルスタッペンはピットラジオで「信じられないような日曜日」と歓声を上げた。「もっとパワーが欲しい」とチームメイトのペレスは言葉巧みに釘を刺す。「マックスはただ遊んでいただけだ」と。

ルクレールはピットレーンでの速度違反で、5秒のタイムペナルティを受ける。

フェラーリはレース終了1周前にルクレールにソフトタイヤを装着させてファステストラップポイントを狙ったが、獲得することはできなかった。さらに、5位でフィニッシュするも、そのピットレーンで速度違反を犯して5秒ペナルティを科され、ラッセル、アロンソに続く6位に終わった。フェラーリは今、何もかもがうまくいかない。

フェルスタッペンはこれでチームメイトのセルジオ ペレスに92点、ルクレールに98点の差をつけた。「思ったより簡単だった」とレッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート マルコは語った。「マックスがフリー走行をすると、ペレスより1~1.5秒速かったんです。それが、今のところ、ものすごくやりやすいんです。フェルスタッペンの自信とドライビングテクニック、ホンダエンジン、そして我々が理解を深め、重量制限に近づいているシャシーが見事に組み合わさっているのです」。と嬉しそうに語った。

なお、次戦、2022年F1第15戦オランダGPは、1週間後の9月4日(日)に、ザントフォールト サーキットでおこなわれる。フェルスタッペン、故郷オランダで3連勝を遂げるか、フェラーリの巻き返しはあるか、ますます興味は尽きない。

2022年F1第13戦ハンガリーGP決勝結果(10位まで)
1位 マックス フェルスタッペン(オランダ) – レッドブル 1時間25分52.894秒
2位 セルジオ ペレス(メキシコ)-レッドブル – +17.841秒
3位 カルロス サインツJr(スペイン)-フェラーリ – +26.886秒
4位 ジョージ ラッセル(イギリス) – メルセデス – +29.140秒
5位 フェルナンド アロンソ(スペイン) – アルピーヌ- +1分13秒256
6位 シャルル ルクレール(モナコ) – フェラーリ – +1分14秒936
7位 エステバン オコン(フランス) – アルピーヌ – +1分15秒640
8位 セバスチャン ベッテル(ドイツ) – アストンマーティン+1分18秒107
9位 ピエール ガスリー(フランス) – アルファタウリ +1分32秒181
10位 アレクサンダー・アルボン(タイ)- ウィリアムス +1分41秒900

ドライバーズランキング(全22戦中13戦終了時点の順位 第10位まで)
1位 マックス フェルスタッペン(オランダ) – レッドブル 284ポイント
2位 セルジオ ペレス(メキシコ) – レッドブル191ポイント
3位 シャルル ルクレール(モナコ) – フェラーリ 186ポイント
4位 カルロス サインツJr(スペイン)-フェラーリ 171ポイント
5位 ジョージ ラッセル(イギリス) – メルセデス 170ポイント
6位 ルイス ハミルトン(イギリス) – メルセデス 146ポイント
7位 ランドー ノリス(イギリス) – マクラーレン 76ポイント
8位 エステバン オコン(フランス) – アルピーヌ 64ポイント
9位 フェルナンド アロンソ(スペイン) – アルピーヌ51ポイント
10位 ヴァルテリ ボッタス(フィンランド)-アルファロメオ – 46ポイント

コンストラクターズランキング(全22戦中13戦終了時点の順位)
1位 レッドブル 475ポイント
2位 フェラーリ 357ポイント
3位 メルセデス316ポイント
4位 アルピーヌ 115ポイント
5位 マクラーレン 95ポイント
6位 アルファロメオ 51ポイント
7位 ハース 34ポイント
8位 アルファタウリ 29ポイント
9位 アストンマーティン 24ポイント
10位 ウィリアムス 4ポイント

Text: Bianca Garloff
Photo: autobild.de