【ニューモデル情報アップデート】AMG初のハイブリッド メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス 果たしてその性能は?

127

AMGのハイブリッドで緑に深紅を。AMGもハイブリッドを目指す。燃料の節約に貢献。速く走るための新しいAMGである。

フロントにガソリンエンジン、トランクにバッテリー、片軸に電動モーターを搭載。特に目新しいことはない。プラグインハイブリッド、だ。書類上では強力で、超高性能とされているが、実際にはバッテリーの弱体化であっという間に速度が低下してしまう。ポルシェからも出ている。では、なぜ今までAMGからは出てこなかったのか??

そう考えた我々は、AMG初の自社製ハイブリッドモデルである「GT 63 S Eパフォーマンス」に何の期待も持たずに臨んだ。太い車、太いエンジン、電源ソケットの形をしたイチジクの葉によるライトグリーンのカラーリング。うん、うん、わかった、わかったという気持ちだ。

2基のスーパーチャージャーは、4リッターV8へ目もくらむような量のエアを強引に送り込む。そして、これだけで900Nmのトルクを扱うことができる。

しかし、その後にこれだ!と考えが変わる。マナーのあるボライド、マナーのあるモンスター、スタイルのあるブル、それがこのスーパーカーの短いバージョンだ。なぜなら、最大出力843馬力、最大トルク1,470ニュートンメートル(!)は、AMGの4ドアモデルで最高のパフォーマンスを提供するからだ。

システム出力843馬力

「GT 63 S Eパフォーマンス」は、クルマの速さ、安全性、快適性、楽しさをすべて備えている。さらに、昔ながらの最高の機械工学が、高度な電子制御によるドライビングダイナミクスコントロールと連動している。ツインターボチャージ付きのパワフルな4リッターV8エンジンは、9速ATを介して駆動輪にパワーを送り、同時に最大204馬力の電動モーターが、「63」のすでに圧倒的な推進力をさらに豊かにするのに貢献している。

GT 63の16インチブレーキディスクは、BMW 1シリーズの標準ホイールと同じ大きさだ。

ギアボックスのトルクコンバーターの代わりに、オイルバス内のクラッチプレートパッケージが動力接続を担い、2つのギアで動作するリアの電動モーターは、制御されたディファレンシャルを介して直接、駆動に寄与している。

その結果、爆発的な始動性、圧倒的な吸引力、稀に見る激しい追従性を最大に発揮することが可能となっている。そして、電子回路は後者を「スピードメーター320」で抑制する。必要であれば、7速で。「GT」は0から100km/hに3秒弱(!)で到達し、可能であればそのまま300km/hの大台に達してしまうのだ。

理論的には600km/hまで出せる余裕があるのだが・・・

レブカウンターを見れば、この巨体がいかに平然と速度を出しているかがわかる。9速で3600rpm前後と、ちょうどエンジンの回転数の真ん中あたりで回転している。そう考えると、数学的にはまだ600km/hまでのパワーさえ余裕があるのだが・・・。まああくまでも計算値で、それは無理というものだ。

グリーンフラップ: リアエプロンに、充電用プラグ差し込みがある。

電動モーターは2速ギアボックスを介して他の部分と結合しているため、高速走行も可能となっている。これは高速道路で最も顕著に現れる。アクセルが「キックダウン直前」になるまで、内燃機関は「AMG GT」を力強く前に押し出す。

スピードメーターがどうであろうと、ペダルを完全に踏み込むと、バッテリーの残量が引き出され、はっきりとしたサージ音とともに、さらに激しく加速し続ける。

12kmの純電気走行

ダンピングを自在に操るサスペンションは段差や凹凸を破壊し、ステアリングは理想的なパワーできれいに動き、シートは調整可能な脇腹でしっかりと、しかし非常に快適かつ確実に身体を包み込む。

カーペット裏の89kgのバッテリーブロックの周りには、温度を低く保つために、たくさんの水冷用の液体が流れている。

そのため、気軽に滑走したり(GTは数キロメートルの純電気走行も可能だが、6.1kWhのバッテリーを使用してもわずか12kmだ)、轟音とともにフルロードで急速に近づく地平線に感嘆したりすることができる。

同時に「AMG GT」は、約2.3トンの車重にもかかわらず、路面に対するグリップが驚くほどよく、かすれることもなく、リアに搭載したバッテリーと電動モーターのおかげで、ちょうどよいバランスになっている。全輪駆動とリアのロック効果のおかげで、グリップ力は十分だ。AMGが最大315mm幅のホイールを履かせたスーパーカーであると我々は考えている。

カーボンで統一されたコックピット、MBUXの最高峰、ドライブコントロールのためのボタンを中央に配置。そのあたりが「普通の」メルセデス・ベンツとの大きな違いだ。しかし全体的にはEクラスメルセデスと似た内装ではある。

テクニカルデータ&価格: メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス
• エンジン: V8ツインターボ+電動モーター
• 排気量: 3982cc
• システム出力: 620kW (843hp)
• 最大トルク: 1470Nm
• 駆動方式: 全輪駆動/9速オートマチック
• 全長/全幅/全高: 5054/1953/1447mm
• 荷台重量: 2380kg
• トランク容量: 335リットル
• 0-100km/h加速: 2.8秒
• 0-200km/h加速: 9.1秒
• 0-300km/h加速: 27.2秒
• 最高速度: 316km/h
• 平均燃費: 12.6km/ℓ
• 価格: 199,016ユーロ(約2,786万円)より

【ABJのコメント】
オリジナルモデルとして生み出された5ドアハッチバックモデルの「AMG GT」もこの度無事に?ハイブリッド化され、燃費と高性能を両方狙う準備を整えることと相成った。とはいってもあくまでもそれは、とことん省燃費を追求したものではなく、300km/h以上の最高速度と、めまいを起こすほどの加速力を持ったハイブリッドシステムなのである。いったいどんな人がこのハイブリッド化された「AMG GT」を選ぶのか、今一つ自分としては理解しがたいのだが、普通のメルセデス・ベンツの「Eクラス」とか「CLS」などでは満足できない、裕福な顧客が選ぶ4ドア(正確には5ドアハッチバックタイプ)なのだろう。

価格もこみこみで3,000万円と、なんとも豪勢なものだが、こういう自動車をポンと気軽に買える層も世の中には存在していることも事実である。ただし、相変わらずの文句で申し訳ないが、2.4トンというウェイトは重すぎないだろうか? 「Sクラス」のウェイト」を飛び越し、ゲレンデヴァーゲンにさえ迫ろうというそのヘヴィーさには、ちょっとなんだかなぁ、と感じてしまう。重いとタイヤも減りやすいし、ブレーキにももちろん負担を強いる。様々な部分に依存し負担をかけるから、定期的なメンテナンスも必須だろう。いくらハイブリッド化したといっても、頻繫にタイヤやブレーキパッドを交換しなくてはいけないのであれば、エコロジカルでもなんでもないし、そもそも本末転倒であろう。そんな部分があることを冷静に判断すると、無理やり高性能になるための犠牲があまりにも大きいような気がしてならないのだが・・・。(KO)

Text: Jan Horn
加筆: 大林晃平
Photo: Mercedes Benz AG