【F1第8戦アゼルバイジャンGP予選結果】フェラーリとレッドブルのガチンコ勝負続く フェラーリ1-4 レッドブル2-3 フェラーリ今シーズン6度目のPP

89

2022年F1第8戦: アゼルバイジャンGP予選。ルクレールはアゼルバイジャンでポールを獲得。ペレスがフェルスタッペンを破る。

アゼルバイジャンGPの予選でシャルル ルクレールが4回目のポールポジションを獲得! フェラーリのスタードライバーは、レッドブルのセルジオ ペレスとマックス フェルスタッペンの2人を降格させる。スクーデリア フェラーリにとって、これで今季6回目の1グリッド獲得となった。チームメイトのカルロス サインツは転倒して4位となった。

フェルスタッペンは3位に甘んじたものの、「あるラップで何かが足りなかったのかもしれないが、長い目で見れば我々のマシンは実際に良いものだ」と自信をのぞかせている。一方、ペレスは、またしてもフェルスタッペンの前でフィニッシュしたものの、「僕の予選は良くなかった」と自己批判する。「最後にはエンジンに問題が出てしまった。それがなかったらどうなっていたか、誰にもわからない」と不安げに語った。

現ドライバーズチャンピオンシップポイントランキング1位のフェルスタッペンはまたペレスに先を越された。

一方、ルクレールはバクーで2回目のポールポジションを獲得し、「まさかポールが取れるとは思っていなかった。レースペースは良好です」と意外そうに語った。「また、フェラーリもストレートで超高速を発揮するようになったのも心強い」と喜びを表現した。

メルセデスはジョージ・ラッセルが5位、ルイス・ハミルトンは7位だった。

バクー シティ サーキットで行われる2022年F1第8戦アゼルバイジャンGPは、日本時間の6月12日(日)午後8時からおこなわれる。またしてもフェラーリとレッドブルの一騎打ちとなるか、それともメルセデスが勝負に食い込んでくるか、興味の尽きないシーズン中盤の1戦となる。

ポールシッター、シャルル ルクレールのマシン。

2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP予選結果(10位まで)
1.シャルル ルクレール(フェラーリ) – 1分41秒359
2.セルジオ ペレス(レッドブル)- +0.282秒
3.マックス フェルスタッペン(レッドブル)- +0.347秒
4.カルロス サインツ(フェラーリ)- +0.455秒
5.ジョージ ラッセル(メルセデス) – +1.353秒
6.ピエール ガスリー(アルファタウリ) – +1.486秒
7.ルイス ハミルトン(メルセデス)- +1.565秒
8.角田 裕毅(アルファタウリ) – +1.697秒
9.セバスチャン ベッテル(アストンマーティン) – +1.732秒
10.フェルナンド アロンソ(アルピーヌ) – +1.814秒

Text: Bianca Garloff
Photo: automobile.de