【クラッシュ!!!】また希少な歴史的モデルが大クラッシュ&大破損 その理由はいかにも憤懣やるかたないものだ!

3761

ドライバーはフォードGTをクラッシュさせる – マニュアルのギアボックスに圧倒されたからだ!オークションで70万ドル(約9,240万円)で落札された希少なフォードGTヘリテージが、シフトチェンジのミスで大破!?恥ずかしいクラッシュドライブの裏話!

「フォードGT」のようなパワフルなスーパーカーを所有すること、そして何よりもそれを使いこなすことは、多くの人が誇りに思うことのひとつだろう。しかし、550馬力のスポーツカーを所有することはできても、使いこなすことはできないとなると、ネット上ではすぐに悪意が立ち上ってくる。フロリダ州ボカラトンに住む50歳のオーナーが購入したばかりの「フォードGT」を大破させるという、今回のスーパーカーの事故もそうであった。

ネット上では、ドライバーは、ほくそ笑むのを惜しんでいなかった。コメントは「トップからのウィンク」というものまであった。あなたにはこの車はふさわしくありません。Facebookで「マツダ ロードスターをぶつけろ、それほど高くないし、嫌われることも少ないぞ」から「歩けよ」などなど。

ギアチェンジ時の横滑り

何があったんですか?複数の米メディアが警察の報告書を引用しているが、それによると、男性は先週金曜日の午後6時頃、まずスポーツフォードで横滑りし、その後ヤシの木に正面からぶつかったという。特に興味深いのは、「マニュアルのギアボックスに対応できなかった」と、クラッシュドライブを正当化するために身の毛もよだつような理由を述べている点だ。また、古いタイヤとぬかるんだ路面のせいでもある。しかし、それだけではない。ドライバーは4月にアメリカのオークション会場で、2006年式のヘリテージ・エディション・フォードを66万9000ユーロ(約9,200万円)相当で購入したばかりだったのだ。

フォードGTが保険に加入していない、運転免許証のない運転手

オレンジと水色の美しいガルフカラーに塗られたこの車が、事故当時保険に加入していなかったことは、特に深刻な影響を与えたと思われる。警察の調べによると、事故当時、運転手の免許証は一時的に無効になっていたというから、保険も役に立たなかっただろう。

事故に遭ったドライバーは、自動車ポータルサイト「R&T」の取材に対し、「1速からシフトアップするときにコントロールを失ってしまった」と語っている。事故当時、彼は時速35マイル(56km)で走行していた。車両が損傷しているため、この情報がもっともらしいかどうか判断するのは難しい。フォードのフロントは破壊され、ミッドエンジンのスポーツカーのボンネットは上に膨らみ、エアバッグは作動している。4,038台しか製造されなかったこの車の価値の喪失はもちろん、数万に及ぶであろう損害の範囲を見積もることは困難である。「フォードGT」はとにかく修理すること、こんな車を捨てる人はいない。

Text: Matthias Brügge
Photo: facebook/johnpeddie