【蘇る伝説】史上最も壮大なスーパースポーツカーが帰ってくる LP500とLP500S QVを通してランボルギーニ カウンタックLP800-4を理解する

2866

雄牛が帰ってきた! おそらく史上最も壮大なスーパースポーツカーが帰ってくる。しかし、新しいランボルギーニ カウンタックを正しく理解するには、もう一度、旧いカウンタックにも乗らなければならない。

多くのランボルギーニファンは、これを再び見ることが叶うとは夢にも思わなかっただろう。現在、ファクトリーミュージアムに展示されている25周年アニバーサリーモデルのシルバーのカウンタックの隣には、50年前の1961年春にスーパースポーツカーの歴史を塗り替えたプロトタイプが再び展示されているのだ。

その「LP500」は、市販モデルの開発中に衝突安全性の犠牲となったにもかかわらず、だ。そして、その隣には、1990年の生産終了以来、情熱的な高速ドライバーたちが待ち望んでいた、もう1台のカウンタック、アイコンのニューエディションが、イノセントホワイトのボディを纏ってたたずんでいる。この「LPI 800-4」は、黄色い先代モデルとは異なり、ワンオフのままではなく、少なくとも200万ユーロ(約2億7,500万円)を超える価格で少量生産され、112台が製造される予定だ。

カウンタックを操るには、やはり本物の男が必要だ。ステアリングが鈍い、運転補助装置がない。

新しい「ランボルギーニ カウンタック」を正しく理解するには、それなりはやはり時間がかかる。そして、旧い「カウンタック」を知ってこそ、新しいカウンタックを理解することができる。今日、アニバーサリーモデルは再び走り出し、最初の数メートルでその名を正当に表していることを証明した。

カウンタック・・・、息をのむような驚きを表す感嘆詞

「カウンタック」は、闘牛に敬意を払わない数少ないランボルギーニのモデル名のひとつだ。「カウンタック」とは、デザイナーであるマルチェロ ガンディーニの生まれ育ったピエモンテ地方の方言で、息を呑むような驚きを表す言葉である。サンタアガータの静かな広場では、「カウンタック」が石畳の上をゴロゴロと転がり、カメラマンの前でポーズをとると、それだけで時が止まってしまうようだ。「カウンタック」にとってのホーム。教会の鐘も静まり返るようだ。

50年前のジュネーブモーターショーで、ランボルギーニが初めて「カウンタック」のベールを脱がせて、スーパースポーツカーの世界をひっくり返した時も、まさにこんな感じだったに違いない。それまでイタリアやイギリス、ドイツから高速道路に乗り込んできたスポーツカーたちは、この世のものとは思えないデザインと狂気の走りを持つクルマに、鉄くずのような刻印を押されて、突然過去のもののようになってしまった。

スーパースポーツカーには、いくつの吹き出し口があるでしょうか? アニバーサリーは、この問いに答えようとするものだ。

一方、12気筒エンジンの最強バージョンである455馬力はもはやそれほど派手ではなく、300km/hの最高速度は今や過疎化したミドルレンジモデルが達成しているが、その外観は依然として他の追随を許さないものだ。有機的でなく角張った、エレガントでなく極端、残忍で野蛮、果てしない楔、「カウンタック」ほど、ランボらしいものはない。それ以来、サンタガータのクルマはどれも同じシルエットで、「ミウラ」さえもいつの間にか忘れ去られてしまった。

ランボルギーニに乗り込むには機敏さが要求される

今見ても華やかな車だが、ドライバーにとっては同時にとても面倒な車なのだ。どこまでも広い敷居を乗り越え、ギロチンのようなドアを潜り抜け、高さわずか1.07mのフラットトップに入るには、ある種の機敏さが要求される。靴のサイズが36センチでも、過密状態で足入れが閉まる。そして、曲がった首が肩の間に消えて、どうにか屋根の下に頭が収まるようになると、スーパーカーのシートに潜り込んだアヒルのような気分になる。

LP500のフロントは、後のシリーズよりもさらにウェッジシェイプが強調されている。エクステリアミラー? 見た目が損なわれるだけだ。

しかし、5.2リッターの12気筒エンジンがリアで点火されると、毎分5200回の小爆発で500Nmを発揮し、地平線に向かって車を走らせる瞬間、そんなことは忘れ去るのだ。たった2分でフィンランドのサウナ並みの暑さになるとは・・・。プレゼントです! 耳障りな音? 忘れ去られた!? そして、早送りの筋の中に足場を見つけようとする視線に、比較的愛のないプラスチックの雰囲気には、とにかく目がない。もし、あなたがこの雄牛の角を取れば、あなたは選ばれたと感じ、誇りに思い、また、この怒りをどうにか抑えて、少し英雄になったように感じるだろう。

カウンタックには個性がある

それも、そう簡単なことではありません。比較的小さなピレリは、幅と高さがほぼ同じで、糊のようにコースに張り付く。今日、電子制御装置の軍隊が、あらゆるスーパースポーツカーを街乗り車のようにコントロール可能にしているが、それでも牛の王と戦うには、一人前の男が必要だ。

ステアリングはしっかり握りたいし、ブレーキは重いし、比較的長いシフトノブを開いている6速ゲートに押し込むときは器用さが必要だ。これをマスターすれば、エミリア・ロマーニャ州を巡る自動車ツアーで、カウンタックをスピード感あふれるタイムマシンとして体験でき、歴史をかき乱すことになる。時代を先取りしていたため、現在でもそれほど古さを感じさせず、それ以降の多くのランボルギーニよりも個性的である。

当時の近未来的なコックピットは、デザイン上のギミックである。

カウンタックがエミリア・ロマーニャ州の寂れた道路を走り、ファクトリーミュージアムに戻るとき、サンタガータの中心街には活気が戻ってくる。というのも、あと数ヶ月で開発者たちはこの新型カウンタックを完成させるからだ。たとえ、伝説的なデザイナーであるガンディーニがこのオリジナルモデルの再来を「面白がっていない」と伝えられていても・・・。

しかし、高さが1.20メートルもないヒラメは、レトロ以外の何物でもないことを望んでいる。デザインチーフのミッチャ ボルカートは、アヴェンタドールのプラットフォームにクールなカーボンのくさびをかぶせ、エアインテークのコウモリの耳に至るまで、同じようにクリアで鋭いラインを使いながら、オリジナルモデルを目指さしている。

排気量6.5リッター、最高出力780馬力

ボンネットの下には、カウンタックらしさを残しつつ、時代とともに変化していく姿がある。排気量6.5リッターに拡大したV12エンジンは、当初375馬力、試乗車の455馬力から、780馬力を発生する。また、ギアボックスには48Vの小型電動モーターが搭載され、追加の34馬力を発揮する。

カウンタックというか、後発のディアブロ? LP800のフロントデザインは、あいまいだ。そうだとしても、素晴らしい美しさだ。

814馬力のシステム最高出力と750Nmを超えるトルクで、新型カウンタックは100km/hまで2.8秒で加速し、フルスロットルでは355km/hまで加速し、オリジナルモデルをバックミラーに素早く置き去りにする。

結論:
ランボルギーニは、カウンタックの伝説を現代に蘇らせた。200万ユーロ(約2億7,500万円)を超える価格にもかかわらず、この112台はすでに完売となっている。

Text: Thomas Geiger
Photo: Lamborghini S.p.A.