【ニューモデル情報】メルセデスSクラスのSUV EQS SUV ワールドプレミア直前にリーク写真がインスタグラムにアップ

35

メルセデスのSUV「EQS」がワールドプレミア前にインスタグラムでリーク!メルセデスEQSにSUVの派生車種が登場する。ワールドプレミアの直前に高級e-carがリークされた。最新情報とともにお届け。

メルセデスは、電気自動車のフラッグシップである「EQS」を強化する。新型高級e-SUVは、2022年4月19日に正式発表される予定だ。しかし、現在すでにインスタグラムで、カモフラージュもなく、細部まではっきりと「EQS SUV」とわかる写真が公開されている。

SUVである「EQS」の外観は、大きな驚きを与えるものではない。なぜなら、名前だけでなく、デザインもすでに知られているメルセデスの「電動サルーン」を強く意識したものだからだ。フロントには、どちらも大型のラジエーターと一体化したヘッドライトを備えた「EQ」グリルがあり、ライトストリップがフロントボンネットまでのエンドを形成している。

サイドビューでは、セダンと同様に埋め込み式のドアハンドルとランニングボードが特徴となっている。黒いホイールアーチはSUVらしさを強調している。SUVの「EQS」のリアは、サルーンのそれよりもかなり急で、おなじみの「コイル」照明パターンを持つテールライトも同様と思われる。

インテリアでは、サルーンでおなじみの1.41mのハイパースクリーンや、フリーフローティングタイプのセンターコンソールを備え持つ。シートやダッシュボードは基本的に通常の「EQS」と見分けがつかない。SUVのリアは、ルーフラインが高いため、セダンよりも広々としているように見える。その他、シートやインフォテインメント画面は「EQS」と同じだ。

EQSセダンに搭載された駆動システム

また、パワートレインに関する情報もWeb上に掲載されている。SUVのエントリーグレードである「EQS」は、約333馬力を発生すると言われている。「EQS」セダンと同様、524馬力のツインモーター仕様も投入される。また、セダンと同様、最高出力761馬力のAMG派生モデルも考えられている。

航続距離は流線形の「EQS」サルーンよりは短くなりそうだが、一方で価格は高くなりそうだ。我々は、SUVである「EQS」のエントリープライスを11万ユーロ(約1,500万円)程度と予想している。

Text: Andreas Huber
Photo: instagram.com/2006trungnghia_pwe_hunter/