【速報 F1第4戦結果】レッドブル&フェルスタッペン パーフェクト勝利 ポールトゥウィン&1-2フィニッシュ エミリア・ロマーニャGP@イモラサーキット

114

レッドブルがホームレースでのフェラーリに完勝!マックス フェルスタッペンが、レッドブルのチームメイトであるセルジオ ペレスを抑えてエミリア・ロマーニャGPを制覇した。フェラーリ、シャルル ルクレール、メルセデス・ベンツ、ルイス ハミルトン、怒涛のレース展開。

フェラーリランドでレッドブル完勝!イモラで開催されたエミリア・ロマーニャGPで、マックス フェルスタッペンがレッドブルのチームメイトであるセルジオ ペレスを抑えて優勝した。フェラーリのホームレースで、ブルズが力を発揮し、2016年のマレーシアGP以来のワンツーフィニッシュを決めた。

「とてもいい日曜日だった」とフェルスタッペンはコメントした。レースではファステストラップも獲得し、ランキングの差を27ポイントに縮め、総合2位へと浮上した。地元のティフォシ(フェラーリファン)たちは、文字通り、落胆し、ため息をついた。

ウェット路面でのスタートで、レッドブルは成功の基礎を築いた。フェルスタッペンのスタートは完璧だった。ペレスは、フェラーリのルクレールを抑え、以後、2台はライバルをキープ、徐々にリードを広げていった。2台目のフェラーリ、サインツは1周目にダニエル リカルドと接触し、すでにリタイアしていた。

今季初めて緊張を見せるルクレール。

しかし、ルクレールは神経質なところも見せている。ペレスを追って、残り8周のシケインで赤いレーサーはコントロールを失い、バリアにソフトクラッシュし、フロントウイングを交換したため、6位に後退した。「こんなことはあってはならない」ルクレールは「言い訳はできない。やってはいけないミスをした」と悔しがった。「残念です。限界を超えてしまい、代償を払うことになった。」

一方、マクラーレンはオーストラリアGPで好調ぶりを維持し、結果を残した。3位にはランドー ノリスが入り、4位と5位には、メルセデスのジョージ ラッセル、アルファロメオのヴァルテリ ボッタスが続いた。アルファタウリの角田裕毅も大健闘、11位スタートから7位にまで順位を上げフィニッシュした。

一方、悪戦苦闘を続けるメルセデスのルイス ハミルトンは最大の恥辱を味わうことになった。7度のワールドチャンピオンは、ピエール ガスリーのアルファタウリにも抜かれ、マックス フェルスタッペンに周回遅れにされた。メルセデスのスターにとって、14位フィニッシュはあり得ないことだ。チームのボスであるトト ヴォルフは「今日はこの状態の悪いマシンを運転させることになってしまい、ルイスには申し訳ない」と謝罪した。ハミルトン「大丈夫。また戻って来るよ。」

次戦、2022年F1第5戦マイアミGPは、5月8日(日)にマイアミグランプリサーキットで開催される。

2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPレース結果:

1位 マックス フェルスタッペン(オランダ) – レッドブル
2位 セルジオ ペレス(メキシコ) – レッドブル
3位 ランドー ノリス(英国) – マクラーレン
4位 ジョージ ラッセル(英国) – メルセデス
5位 ヴァルテリ ボッタス(フィンランド) – アルファロメオ
6位 シャルル ルクレール(モナコ) – フェラーリ
7位 角田裕毅(日本) – アルファタウリ
8位 セバスチャン ベッテル(ドイツ) – アストンマーティン
9位 ケビン マグヌッセン(デンマーク) – ハース
10位 ランス ストロール(カナダ) – アストンマーティン

ドライバーズランキング(4戦終了時、10位まで)

  1. シャルル ルクレール(モナコ) – フェラーリ 86ポイント
  2. マックス フェルスタッペン(オランダ) – レッドブル 59ポイント
  3. セルジオ ペレス(メキシコ) – レッドブル 54ポイント
  4. ジョージ ラッセル(英国) – メルセデス 49ポイント
  5. カルロス サインツJr.(スペイン) – フェラーリ 38ポイント
  6. ランドー ノリス(英国) – マクラーレン 35ポイント
  7. ルイス ハミルトン(英国) – メルセデス 28ポイント
  8. ヴァルテリ ボッタス(フィンランド) – アルファロメオ 24ポイント
  9. エステバン オコン(フランス) – アルピーヌ 20ポイント
  10. ケビン マグヌッセン(デンマーク) – ハース 15ポイント

コンストラクターズランキング(4戦終了時)

  1. フェラーリ 124ポイント
  2. レッドブル 113ポイント
  3. メルセデス 77ポイント
  4. マクラーレン 46ポイント
  5. アルファロメオ 25ポイント
  6. アルピーヌ 22ポイント
  7. アルファタウリ 16ポイント
  8. ハース 15ポイント
  9. アストンマーティン 5ポイント
  10. ウィリアムズ 1ポイント

Text: Bianca Garloff
Photo: autobild.de