アウトモビリ・ランボルギーニ、毎月の受注が生産枠を上回り、2022年第1四半期の販売台数が過去最高を記録

126

ランボルギーニは2022年第1四半期も好調が続き、世界販売台数は2,539台に達し第1四半期としては過去最高を記録した。2021年同期比で5%、2020年同期比で31%の増加です。2021年の記録的な年間販売台数(8,405台)、売上高(19.5億ユーロ)、利益率(20.2%)の流れに続く記録となった。

「グローバルな規模で新しい挑戦をもたらす年に、堅調なスタートを切ることができま
した。非常に痛ましく、あらゆる予測も困難な地政学的情勢により、先行きは不透明ですが、私たちは世界市場で並外れた訴求力を発揮しています。毎月の受注は生産枠を上回っており、現在、 カ月分の生産枠が十分に埋まるだけの受注があります。また、 年には ハイブリッドモデルの発表で電動化に向かいますが、残り 年足らずでランボルギーニの物語を新たな段階に進める準備も進行中です」。

アウトモビリ・ランボルギーニChairman&CEO ステファン・ヴィンケルマン

第1四半期の販売台数は、EMEA(欧州・中東・アフリカ、40%)、米州(32%)、アジア太平洋( 28%)で、営業を停止しているロシアを除き、すべての国で数字が伸びているという。

全体のうち約半数が、ウルス、残り半数がウラカンと、生産終了が近づくV12モデルのアヴェンタドール。ウルスとウラカンの両方で前年第1四半期と同様の伸びが見られ、それぞれの世界販売台数は 1,547台と844台で、今年もV10モデルの人気は堅調で、最新モデル「ウラカン テクニカ」の登場により、さらに訴求力が高まっている。
今年後半には、ウルスの新モデル2つとウラカンの新モデル1つという3つの新型車発表を予定している。ランボルギーニの勢いが止まらない。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:アウトモビリ・ランボルギーニ