【初テスト】フェイスリフトされた新型ポルシェ マカンTに初試乗 そのドライビングレポート

479

SUVのT-Time: 新型ポルシェ マカンTのファーストドライブ。ドライビングテスト: ポルシェ マカンT。新型マカンTは、4ドアモデルでは初めてTという文字が書かれている。我々はこのフェイスリフトを受けたSUVに初めて試乗した。レポート。

ポルシェのスペシャルモデルへの愛情は、今、マカンにまで及んでいる。これまで「718ケイマン」や「911」の後部に付けられていた「T(Touringの意)」が、これからはSUVのリアにも付けられる。その「T」という名の与えられた初のモデルは、1968年の「ポルシェ911T」だった。「ポルシェ マカン」のツーリングモデルは、ダイナミックなシャシーセットアップ、専用装備、そしてスリムなドライブという3つの点で特に際立っている。

ローダウンによりダイナミックプラスを実現

「マカンT」は、わずかなローダウン(スチール製シャシー: マイナス15mm、アダプティブエアサスペンション: マイナス10mm)、より硬いフロントスタビライザー、ポルシェトラクションマネジメントなどのシステムの最適化チューニングによって、その3つの要素を実現している。

よりダイナミックなセッティングのおかげで、マカンTはコーナーリングが特に気持ちいい。

カーブこそポルシェの命

「マカンT」は、しなやかなステアリングであらゆるカーブに進んでいき、大きく覚醒したデュアルクラッチ、十分なグリップ、極めて拘束力の強いトラクションで、ボディを押し出していく。リアアクスル(20インチが標準)にグリップ力のある、295インチタイヤを履いていても、フルパワーのオーバーステアにはパワーが足らない。とはいえ、「マカンT」はSUVというジャンルの中で、抜群に俊敏なモデルの1台だ。

【車両データ】

モデル ポルシェ マカンT
エンジン 4気筒、ターボ、フロント縦置き
排気量 1984cc
最高出力 265PS@5000rpm
最大トルク 400Nm@1800rpm
駆動方式 全輪駆動、7速デュアルクラッチ
全長/全幅/全高 4726/1927/1606mm
乾燥重量 1865kg
ラゲッジルーム容量 458~1503リットル
0-100km/h加速 6.2秒
最高速度 232km/h
平均燃費 9.9km/ℓ
CO2排出量 229g/km
価格 69,462ユーロ(約916万円)より

ポルシェは、フロントアクスルの重量が60kg近く軽くなっていることを強調している。そして実際、「T」はフロントヘビーではない。しかし、これは同じエンジンを搭載したベーシックモデルにも適用される。アゲートグレーのアドオンパーツや、スポーツテックスストライプのセンターパネルを備えた8ウェイ スポーツシートは、今回も「T」だけの特別仕様となっている。

節約できるお金: マカンTはベーシックモデルより4,998ユーロ(約65万円)高いが、含まれる追加装備はかなりの価値がある。

マカンTは価格面で優位性がある

価格も特別で、ベースモデルより4,998ユーロ(約65万円)高い。ただし、より豪華で特別な標準装備は、その倍、約1万ユーロ(約132万円)の価値があるとも考えられる。さらに4,046ユーロ(約53万円)を追加して、380馬力のマカンS(ターボなしV6搭載)を購入することも可能だ。

ドライビングレポート: ポルシェ マカンT

ポルシェのスペシャルモデルへの愛情は、いまマカンの上にも注がれている。これまで「718ケイマン」や「911」のリアに付けられていた「T(Touringの意)」が、今回からSUVの後部にも付けられるようになった。ちなみに「T」を備えたモデルは、1968年式「ポルシェ911T」から始まった。
ポルシェでツーリングを際立たせているのは、ダイナミックなシャシーセットアップ、それに専用装備、そして最後に流麗な走りの3つだ。
「マカンT」は、わずかなローダウン(スチール製シャシー: マイナス15mm、アダプティブエアサスペンション: マイナス10mm)、硬めのフロントスタビライザー、ポルシェトラクションマネジメントなどのシステムによる最適なチューニングによって、その3つの要素を実現しており、4気筒エンジンの265馬力(パワーアップなし)をカーブの多い場所で特にリアヘビーに配分している。
「マカンT」は、しなやかなステアリングであらゆるカーブに進んでいき、広い視野を持つデュアルクラッチ、十分なグリップ、極めて信頼性の高いトラクションで再び押し出していく。
リアアクスルのグリップ力のある295インチタイヤ(20インチホイールが標準装備)では、フルパワーのオーバーステアにはパワー不足だ。とはいえ、「マカンT」はSUVというジャンルの中で、抜群に俊敏な代表格の1台だ。
ポルシェは、フロントアクスルの重量が60kg近く軽くなっていることを強調している。そして実際、「T」はフロントヘビーでは決してない。そしてそれは同じエンジンを搭載したベースモデルにも適用される。
アゲートグレーのアドオンパーツや、スポーツテックスストライプのセンターパネルを備えた8ウェイ スポーツシートも、Tだけの特別仕様だ。価格も特別で、ベースモデルより4,998ユーロ(約65万円)高い69,462ユーロ(約910万円)からとなっている。備わったより豪華な標準装備に1万ユーロ(約132万円)程度の価値があるからに他ならない。

結論:
ポルシェは、新型「マカンT」に精細なフェイスリフトを施し、シャシーを巧みに磨き上げた。また、価格面での優位性も魅力だ。そして、6気筒エンジン搭載の「S」は、もはやそれほど高価ではない。ただし、オプション装備を加えなければ、の話だが。
AUTO BILD-テストスコア: 2

【ABJのコメント】
ポルシェのビジネス巧みな部分は、かつてのヘリテージを実に大切に、そして効果的に活用することで、そういった部分では、スイスにおける高級時計と同じように、自分のブランディングイメージとはどういうものなのかを徹底的に理解している、ということでもある。今回マイナーチェンジで追加された「マカンT」も、まさにそんな部分をしっかりと主張しながらも、新しく新鮮なイメージをマカンに付け加えることに成功しているといえるだろう。「T」という一文字がついたことで、マカンは大幅にイメージアップできたのではないかと個人的には思う。

そしてそれはマイナーチェンジによる内容や性能の向上うんぬんかんぬんよりも、もっと根本的に大切な部分で大きく貢献し、ポルシェと「マカン」のイメージアップを後押ししたといえる。いつも思うのだが日本のメーカーはこういう部分が弱い、というか使わないなんてもったいないなぁ、と、歯がゆくなってしまう。ヨーロッパ人のしたたかさと、ちょっとずるいともいえるマーケティング戦略、この部分はおおいに学ぶべきである。そうすれば、ダットサンという輝かしい名前を、アジアの発展途上国向けベーシックモデルに付ける、などという愚策は行わないはずだし、ポルシェのようにもっと昔をリスペクトして大切に使用したはずである。(KO)

Text: Stefan Novitski
加筆: 大林晃平
Photo: Porsche AG