ボルボ・カーズとノースボルト スウェーデンのイェーテボリにバッテリー工場を新設し、3,000人の雇用を創出する

89
Volvo Cars and Northvolt accelerate shift to electrification with new, 3,000-job battery plant in Gothenburg, Sweden

ボルボ・カーズとノースボルトは、 2025年に操業を開始する新しいバッテリー製造工場の建設地に、スウェーデンのイェーテボリを選定。この工場で、最大3,000人の雇用を創出するという。両社が昨年12月に発表した約300億クローネ(約3800億円)の投資の一部として計画している研究開発センターを補完するかたち。

工場予定地は、ボルボ・カーズ最大の自動車工場とボルボ・カーズとノースボルト双方の研究開発部門に近接しており、インフラへのアクセス、充分な再生可能エネルギーの供給、関連する職業能力が得られる点で利点がある。
工場の建設は、2023年に開始され、次世代の電気自動車であるボルボとポールスターの車両に使用するために特別に開発された最先端のバッテリーセルを生産する欧州最大のセル生産ユニットの1つとなる。ボルボ・カーズとノースボルトは、元テスラ幹部のエイドリアン・クラークを生産会社の責任者に任命したのは興味深いニュースだ。

ボルボ・カーズとノースボルトが生産するバッテリーセル。

ノースボルトは、BMW、フルエンス、スカニア、フォルクスワーゲン、ボルボ・カーズ、ポールスターなどを主要顧客としているが、この工場の年間生産能力は最大50ギガワット時(GWh)で、これは年間約50万台分のバッテリーに相当する。

ボルボ・カーズの最高経営責任者であるホーカン・サムエルソンは、「ノースボルト社とのバッテリーセルに関するパートナーシップは、電動化における当社の戦略的目標にとって重要なものです。我々は、2030年までにプレミアム電気自動車セグメントのリーダーとなり、電気自動車のみを販売することを約束します」と述べている。

ノースボルトの共同創業者兼 CEO の ピーター・カールソンは、「イェーテボリにギガファクトリーを設立することは、世界で最もダイナミックな自動車産業地域の一つを継続的に変革し、持続可能なバッテリーの世界的なサプライヤーとなるための決定的な動きです」と述べている。

ボルボ・カーズのエンジニアリングおよびオペレーション部門の責任者であるハビエル・バレラは、「私たちの新しいバッテリー工場は、完全に気候変動に影響されない製造ネットワークを持つという私たちの高い目標をサポートし、今後何年にもわたって高品質のバッテリーの供給を確保することができます。ノースボルトとのパートナーシップにより、原材料から完成車までのエンドツーエンドのバッテリーバリューチェーンから大きな利益を得ることができ、当社の自動車に最適なバッテリー供給体制を実現します」と述べている。

2022年に稼働する研究開発センターは、ボルボとポールスターのドライバーが望む、航続距離の長さや充電時間の短さを実現することを目標に、イェーテボリに数百人の雇用を創出し、ボルボ・カーズを、バッテリーセルの開発と生産をエンドツーエンドのエンジニアリング能力の一部にする数少ない自動車ブランドの1つに位置づけることになる。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:ボルボ・カー・ジャパン