【初テスト】ポルシェの電動レーシングカー ポルシェ ミッションR

649

ポルシェ ミッションR: 電動レーシングカーに初搭乗。ポルシェは、我々をフル電動スタディモデル「ミッションR」の初ドライブに招待してくれた。レーシングスーツに身を包み、高電圧のトレーニングコースをラップする。レポート。

ポルシェの使命は明確だ。
「ミッションR」、IAAでワールドプレミアされたスタディモデルによって、ツッフェンホイザーはモータースポーツの旅がどこへ向かっているのかを示したいと考えている。正確には、「カスタマー スポーツ」においてだ。1,088馬力、全輪駆動、重量わずか1,500kg、2.5秒以下で0から100km/hに到達、最高速度は300km/h以上。つまり、「911 GT3 Cup」レベルの性能を持つ、この電動ランナバウトを、高速で行動力のある顧客層にも受け入れられるようにしたいのだ。そして、そのために多くの努力を重ねてきた。

ミュンヘンの見本市(IAA国際モーターショー)で、ポルシェがすでに説明してくれたセオリーは、ここまでだ。その数か月後、我々は、ロサンゼルスのエクスペリエンスセンターにあるポルシェ専用のサーキットで、再びこの電動ランナバウトに出会った。ここで、理論が通用することを実際に示すのが、文字通り、「ミッションR」の「ミッション(役目)」だ。
少なくとも、ある程度は・・・。
残念ながら、この100万ドル(約1億1千万円)のコンセプトカーは、現状では、時速100km以上出すことはできないからだ。

ロサンゼルスの ポルシェ エクスペリエンスセンターで、ミッションRは機能することを実際に示してみせた。

コックピットに入るには、かなりの努力が必要となる

この「ミッションR」は、「ポルシェ タイカン」より100ボルトも多い900ボルトの技術で動いている。うまくいかないと、命にかかわることもある。運転が始まる前に、緊急事態が発生した場合の対応について説明があった。アスファルトに触れずに車から飛び出す。後でわかったことだが、それは不可能な体操だ。レーシングスーツに防火下着、ブーツ、グローブ、ヘルメットを装着し、コックピットに入る。なるほど、著者は標準的なサイズを持っていないのかもしれない・・・。呼吸が苦しかった。立ち上がることもむずかしい。その逆境を、未来のレーシングカーの1周目が補って余りあるものにしてくれるはずだ。

タイトなボックス。AUTO BILD編集長のミヒャエル ゲバルトは、身長1.97mで、ミッションRのステアリングを握るのがやっとの状態だ。

もし、そう、もし、人が中に入ることができたらという前提だ。コックピットは単一金型によるハイテクで、車外でもシミュレーターで使用できるようになっている。具体的には、「乗る」→アクロバティックな才能が必要、「座る」→イワシの気分、「操舵」→右膝がバンスを塞いで曲がらないので不可能、ということだ。すぐに明らかになったのは、私にとって「ミッションR」に乗り込み、操ることは不可能だということだ。

ミッションRは、激しく前進し、シャープなステアリングを刻み、サーキットを40分走破する。

40分間のレースが可能なバッテリーを搭載

そのため、プランBが必要となり適用された。彼の名前はラース カーン、ポルシェのテストドライバーだが、何の問題もなくドライバーズシートに溶け込んでいる。そこで私は再び這い出し(「緊急時には地面に触れずに飛び出すんだよ!」という言葉を思い出しながら)、助手席に同じように無様に体を折りたたむ。クッションはなく、そうしないとより窮屈になるからだ。テストドライバー兼エンジニアであるラースが、軽快にハンドルを握り、いくつかのスイッチを押すと、いよいよ電動砲丸のテストが始まる。ピットレーンから、コースに出ると、ラースは迷うことなく思い切りパワーペダルを踏み込んだ。「ミッションR」は、まるで明日がないかのように前方に矢を放ち、私を硬いバケットシートの隙間に押し込んでいく。また、レーシングスーツがすべてをレースアップしていなければ、確実にお腹を壊してしまうだろう。このダイレクトなレスポンス、この瞬発力、つま先をピクリと動かすだけで、ワイルドなライディングが始まるのだ。

ジェット機と路面電車を掛け合わせたような、大きな音と唸り声を上げながら、「ミッションR」はコースを駆け抜け、警察犬のように鋭敏にステアリング操作に反応し、カーブを次々と切り開いていく。同乗者としても、このコンセプトカーには、玄人好みのエネルギーを感じることができる。
エネルギーに関しては、82kWhのバッテリーを搭載し、レースで40分まで使えるとされている。

ポルシェ ミッションR: 初テスト

AUTO BILD編集長のミヒャエル ゲバルトは、高電圧のトレーニングコースを受講し、レーシングスーツに身を包み、100万ユーロ(約1億1千万円)のワンオフカーの助手席でレーストラックを走った。
「ミッションR」は、「タイカン」よりも100ボルト多い900ボルトの技術を採用している。
コックピットはハイテクで、車外でもシミュレーターで使用することができる。
ラース カーン(左)はポルシェのテストドライバーであり、今回は彼が「ミッションR」を運転し、私が助手席に座った。
ピットレーンからコースに出ると、ラースは躊躇することなくパワーペダルを踏み込んだ。「ミッションR」は、まるで明日がないかのように前方に矢を放ち、私を硬いバケットシートの隙間に押し込んでいく。
ダイレクトなレスポンス、即戦力、つま先をピクリと動かすだけで、荒々しく走り出す。
82kWhのバッテリーを搭載し、レースで40分まで使えるとされている。

Text: Michael Gebhardt
Photo: Porsche AG