衝撃の動画!テスラに不満のオーナーがとった過激な行動とは?

154

対応が好意的でないことに失望

YoutuberがテスラモデルSを爆破。フィンランドのテスラオーナーは、モデルSのバッテリーが壊れたことに不満を抱き、30kgのダイナマイトで自分の車を爆破したのだ。

フィンランドのユーチューバーがテスラモデルSを爆破!

その理由とは?
テスラの品質の低さと信頼性のなさについての失望だと言われている。
オーナーの名前はトウマス カタイネンで、Pommijätkät(ドイツ語:Bomben-Typen)チャンネルで公開されたビデオでは、なぜ電気自動車(2013年製)を爆破したのかを語っている。

新しいバッテリーのための2万ユーロ(約260万円)を支払う代わりに車は爆破される

わずか1,500km走っただけで、「タイプS」のダッシュボードパネルには、さまざまなエラーメッセージが表示され、何度もレッカー移動を余儀なくされた。
テスラの修理工場に持ち込んで1ヵ月後、カタイネンのもとに「モデルSはもうどうにもならない、バッテリーパックを交換しなければならない」というメッセージが届いた。
その費用?
なんと20,000ユーロ(約260万円)!
「保証も何もないらしい」とトウマス カタイネンは言う。
そこで彼は怒りにまかせ、30kgのダイナマイトとイーロン マスクの人形を運転席に置いて、車を爆破することにしたのだった。
この映像が本物かどうかは確認できていない、いずれにせよ爆風は強烈な印象だ。
数秒のうちに「モデルS」のほとんどが粉々になり、破片は非常に高く舞い上がり、巨大な衝撃波をスローモーションで見ることができる。
爆破されたテスラの残骸は、変形した板金部品と数千個の破片の山である。

Text: Katharina Berndt
Photo: Pommijätkät

中華SUV「CEO」のオーナーがクルマを爆破!はこちら