フォルクスワーゲン 東京オートサロン 2022 に出展

56

“ドレスアップ”した新型「Golf GTI」を初公開

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、2022 年 1 月 14 日(金)から 16 日(日)にかけて幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オトサロン 2022」へ 4 年ぶりに出展します。

今回フォルクスワーゲンブースでは、ホットハッチの代名詞と言われる“GTI”の象徴カラーである『赤』を使って、世界中の多くの方に支持される“GTI”ブランドに親しみを感じていただけるよう、フォルクスワーゲン車の新たな楽しみ方をご提案いたします。
モデルは、“GTI”の象徴カラーである『赤』をエクステリアカラーに纏った本日発表の新型「Golf GTI」の他に、今後発売予定のフォルクスワーゲン本社のアクセサリー部門がドイツの老舗チューナー「Oettinger(エッティンガー)」*と共同開発したボディパーツを装着した新型「Golf GTI」の合計 2 台を展示します。
*Oettinger・・・1946 年、ゲルハルト・エッティンガー氏によってドイツ・フランクフルト近郊に設立された整備会社。エッティンガー氏の類稀なる技術力で改造されたビートルが話題を呼ぶ。その後、卓越した開発力により各ドイツ車メーカーからエンジンチューニングを任せられ、今でもそのスポーツ性や実用性を兼ね備えた製品ラインアップは高く評価されています。

ブースでは、“GTI”オリジナルグッズがもらえるプレゼントキャンペーン(数量限定)Volkswagenアカデミー公認トレーナーによるトークショーの他、第 42 回日本カー・オブ・ザ・イヤー(日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会主催)において、新型「Golf」が受賞した“2021-2022 インポート・カー・オブ・ザ・イヤー”のトロフィーを展示いたします。ぜひ、この機会にフォルクスワーゲンの新たな魅力をブースにてご体感ください。

<フォルクスワーゲン ブース概要>
展示場所:中ホール
展示モデル:新型「Golf GTI」

Text&Photo:フォルクスワーゲン グループ ジャパン