エッセンモーターショー ドイツ最大のチューニングカーショーの紹介とレポート

84

エッセンモーターショー2021のハイライトとトレンドをレポート。

エッセンモーターショー2021のハイライトとトレンドをご紹介する。開催され、大きな満足感を与えてくれる、エッセンモーターショー。以下、チューニングフェアのトレンドとハイライトだ。

ハイライトは、ショーそのものだ。
第53回エッセンモーターショー(EMS)は、3Gルールに加えて、マスク着用が義務付けられていたが、プレビューデーにはすでに多くの来場者が訪れていた。
約2年ぶりに開催される数少ない自動車イベントの楽しさと相まって、良い雰囲気に包まれていた。
一部のメーカーがキャンセルしたにもかかわらず、主催者はその空いたスペースを巧みに利用していた。
その分、主役であるクルマのためのスペースを確保したのだった。
そして、傾向だけでなく、ハイライトは何だったのだろうか?

GT3用カーボンキットを高く評価されたシドニー

シドニー ホフマンは、EMSで最も親しまれている顔の一人だ。
ドルトムント出身の彼は、整えられたひげと黒のポロシャツを身にまとい、高品質なチューニングを提供する共感できるビジネスマンであることをアピールしている。
彼のブースで、シドニーは、カーボンパッケージと過去の多くのプロジェクトを参照したフォイリングを施した「992ポルシェ911 GT3」を展示していた。
マットカーボン製のボンネットやディフューザーなど、カスタムフィットのパーツは、コンプリートパッケージとして43,200ユーロ(約560万円)弱。
その代償として、スタンドを訪れた多くのトレーダーやビジターが述べているように、その品質は正しいものだ。

フィリップ ケイスのカーボンボディワークの施されたアウディRS4セダンは多くの人目を引いていた。

アイキャッチャーのJP、RS4カムバックのカエス

チューナー、JPパフォーマンスのブースでは、象徴的な「日産GT-R R35」と、カラフルなフォイルを施したトヨタスープラが展示されていた。
しかし、絶対的な存在感を放っているのは、リアエンジンの「ゴルフ2 GTI」であるサンダーバニー(Thunderbunny)と、プライオ デザイン(Prior Design)とのコラボレーションによる『グランツーリスモ』の「VWビートルGT」だった。
その数メートル先には、フィリップ ケイスがカーボンボディを採用した「アウディRS4セダン」が展示されていた。
2019年末、チューナーの1300馬力の「RS4 B5」は焼失してしまった。
それ以来、カムバックを目指して今日まで努力を重ねてきたのだった。

トヨタの「GRヤリス」は、2020年、2021年の年に絶対的なヒット商品となり、現在は残念ながら完売している。
それでも手に入れたい人のために、エッセンモーターショーには、さまざまなコンバージョンが展示、提供されていた。
また、デビューしたばかりの「アウディRS3」も、すでにチューンナップモデルが作られ、開場を訪れた人々を驚かせていた。
MTM社は612馬力、710Nmと性能向上を図ったり、H&R社ではローダウンを行ったりして顧客を魅了していた。
そして、今や、電気自動車のチューニングも増加傾向にある。
エッセンモーターショーに出品された改造テスラは、スターテック社の「テスラ モデル3」だけではない。
チューンナップメーカーの報告によれば、テスラモデルの改造需要はますます増加しているという。

エッセンモーターショー2021のハイライトとトレンド

チューナー、シドニー(Sidney)のブースでは、カーボンパッケージと過去の多くのプロジェクトを参照したフォイリングを施した「ポルシェ992 GT3」が展示されていた。
マットカーボン製のボンネットやディフューザーなどのカスタムフィットパーツは、コンプリートパッケージとして43,200ユーロ(約560万円)弱という価格となっている。
また、シドニーのブースでは、DMAXとAUTO BILD共催の「チューニングトロフィージャーマニー」を受賞した、ペター ヴェイス氏の「VW T3フラットベッド」が展示されていた。
チューナー、「JPパフォーマンス」では、「VWゴルフ2 GTI」にリアエンジンを搭載した「サンダーバニー(Thunderbunny)」や、プライオデザインとコラボレーションした『グランツーリスモ』の「VWビートルGT」が来場者の目を引いていた。
フィリップ ケイスが手がけた「アウディRS4」セダンが、カーボンボディになって帰ってきた!
2019年末、このチューナーの1300馬力の「アウディRS 4 B5」は焼失してしまった。今、それ以来のカムバックを目指している。
GRヤリス? 2020年、2021年の年に絶対的な人気を誇ったトヨタの「GRヤリス」は、現在、残念ながら完売状態だ。それでも手に入れた人たちのために、さまざまな「GRヤリス」コンバージョンが提供されている。
チューナー、ジアクッツォは、ルーフスポイラー、リアディフューザー、サイドスカート、フロントリップを含むコンプリートスタイリングキットを用意している。
HJSでは、サウンドを向上させるステンレス製AGAを提供している。
市場デビューしたばかりの「アウディRS3」 がすでに改造されている。MTMは、セダンを性能アップして612馬力と710Nmを引き出した。
0から100までのスプリントタイムは3.1秒。200km/hでは9.7秒となる。
H&Rのコイルオーバーサスペンションのフロントは40mm、リアは45mm低くなっている。
OZ製の20インチホイールを採用している。
スターテック社の「テスラ モデル3」。テスラモデルの改造に対する需要はますます高まっているという。
常連のTune It Safe。今年は、ポルシェ911タルガ4をベースにしたTechart GTにHankookタイヤなどを組み合わせた合法的なチューニングカーを出品した。

Text: Robin Hornig
Photo: autobild.de