【007祭り】007の大ファンの元F1チャンピオン ベッテル 憧れのDB5に座りドライブ&歓喜

58

アストンマーティンDB5。ジェームズ ボンドのカルトカーでベッテルがドライブ。F1ドライバーのセバスチャン ベッテルは、自らがジェームズ ボンドのファンであることを公言し、歴代のボンドカーの中で、最も象徴的な車の座席にも座ることができたことを素直に喜んだ。

ジェームズ ボンドが再び映画館を疾走している – セバスチャン ベッテル(34)はその真っ只中にいるのだ!
なぜなら、アストンマーティンは、「THEボンド」のカルトブランドの代表格であり、ベッテルは2021年からアストンマーティンのドライバーを務めているからだ。

現在公開中の映画、『007/ノータイム・トゥ・ダイ』では、ボンド俳優のダニエル クレイグがアストンマーティン ヴァルハラに乗っている。
しかし、伝説の「DB5」、「V8」、「DBS」も見ることができる。

ショーン コネリーが1960年代に「ゴールドフィンガー」で初めて運転した「DB5(4リッター直列6気筒、286馬力)」は、おそらく史上最も有名な諜報員のソリであり、また転がる戦闘機でもあるのだ。
今度はセバスチャン ベッテルもPRのために、席に座らせてもらった。
その際の写真をお届けする。

伝説のボンドカーに挟まれて笑顔を見せるセバスチャン ベッテル。

「F1-Insider.com」の質問に、ベッテルは、「僕はジェームズ ボンドと一緒に育ってきて、今では彼に少し近づいている」と答えている。「僕は今でももちろん車のファンで、ジェームズ ボンドはいつもかなりいい車に乗ることを許されていた。その中でも、DB5は僕のお気に入りのボンドカーなんだ」。

それに合わせて。
「DB5」のカルトドライバーであるショーン コネリーは、ベッテルのお気に入りのエージェントでもある。
ベッテル: 「それは最初からだよ。ショーン コネリーは僕のボンドのお気に入りなんだ。彼は本物のジェントルマンだった。僕はボンド役のピアース ブロスナンの世代で、彼の作品とともに育ったけど、ショーン コネリーを超える人はいないよ」。

F1では、ベッテルは「エージェント005」として「AMR21」でレースをしている。
「ジェームズ ボンドはフィクションだけど、レースは現実だよ」と彼は認める。
「しかし、時には前後の相手を排除するためのいくつかのボタンが欲しいと思うこともあるよ」と笑顔をみせる。

2012年、ブラジルで行われた世界選手権の決勝では、スタート時にスピンしてしまい、後ろから前に戻るために戦わなければならなかった」とベッテルは振り返る。「その時、僕は何か超能力を持っているように感じたんだ」と笑う。
結局、彼は絶望的な位置から実際に世界チャンピオンになった。

ベッテルは、自らがジェームズ ボンドのファンであることを公表し、史上最も象徴的なボンドカーのシートにも座ることができた。

ベッテルは、少なくともあと1年は「エージェント005」としてF1に参戦し続けたいと考えており、2022年には本物のボンドカーを手にしたいと考えている。
ベッテルは、「チームは成長しているし、成功したいと思っている。それを実現するために、我々は全力を尽くしている。どのくらいの時間がかかるかは、何とも言えないけれど、いずれにしても、ルール変更はとてもエキサイティングだ」。
背景を説明しよう。
2022年、最高峰クラスのレースは、シャシーと空力に関する、全く新しいルールに基づいて行われる。
したがって、2022年には、シャシーと空力のルールが一新され、クラス間の距離が縮まる。

また、アストンマーティンとの契約を2023年まで延長する可能性もある。
ひとつ確かなことがある。
それは、今回はギリギリまで交渉を先延ばしにしないということだ。
チームのボスであるオトマー サフナウアーは、「来年はもっと早い段階で話をする」と断言する。「そうすれば、質問も少なくなるだろう」と。
それまで「エージェント005」は、ローレンス ストロール陛下(アストンマーティンのオーナー)のためにレースを続ける。

Text: Bianca Garloff
Photo: Aston Martin