【初テスト】 時速300kmでアウトバーンを駆け抜ける醍醐味 新型スズキ ハヤブサに初試乗&レポート

119

あなたの心の奥底にある鐘を鳴らす。

スーパースポーツ、スズキ隼(ハヤブサ)で、時速300kmを出せるか? この日本製マシンのスピードメーターは時速290kmまでとなっているが、果たして300kmに到達できるのだろうか? 我々は、誰もいない高速道路で行ったスピードテストをご紹介する。

フランス人、デンマーク人、日本人の方々、ご同情申し上げます: みなさんの国には、ドイツのように、アウトバーンがないので、かわいそうですね。
アウトバーンがないということは、完璧な「ハヤブサ」の幸福もないということだ。
世界のどのバイクにとっても、ホークノーズを持つスーパーバイク – 正式名称「スズキGSX 1300 RR」 – ほど、制限速度が毒になることはない。
このバイクでどこに行こうとしているのか?

思い起こせば、1999年に「隼」は、市販のオートバイとしては、初めて300km/hを超えて走った。
そして今回、2021年モデルでは、1速で135km/h以上のスピードを出すことに成功している。

スズキ ハヤブサのパワフルかつエレガントな走り

スズキのハヤブサは、カントリーロードが得意で、エレガントでスムーズな乗り心地、そしてパワフルに前に進むことができる。

デーゲリング(Dägeling)。
それが次の出口の名前だ。
午前4時25分、ハンブルクの北にあるA23号線は空いている。
デーゲリングまではフルスロットルで走りたい。
黒い大砲(ハヤブサ)の最高時速の乗り心地を試してみなければならない。
前日の夜には、スムーズな走行がすでに確認されていた。
「ハヤブサ」は、その点でも優れていることは確かだ。
264kgの「1340」は、とにかくエレガントに走る。
繊細なスプリング、滑らかなレース、カーブをストイックに通過し、息を呑むほど力強く前に出てくる。
素晴らしく力強い存在感で。
誰もが耳を傾け、目を凝らし、多くの人が質問してくる。
それだけでも、18,490ユーロ(約240万円)のベースプライスに値する。
また、スズキはドライブアシスタンスの面でも優れている。
ローンチコントロール、コーナリングABS、ウイリーコントロール、コンビブレーキ、アジャスタブルエンジンブレーキ、ドライビングモード、シフトアシスタント(アップ&ダウン)などが搭載されている。

270km/hでは、スロットルを躊躇すると、まるで緊急停止したかのようになる

時速270kmを超えると、テスターの内なる野獣が暴走してしまう。

しかし、いよいよ正念場を迎える。
その地獄のような最高速度を試してみたいのだ。
デーゲリングまでは30km弱あり、何度かスプリントするには十分な距離だ。
しかし、今は内なる野獣が狂ったように暴れている。
すべての神経細胞が吠えまくり、すべての腕の毛が唸りを上げているのだ。
私の中のすべてが懇願している。
右手の拳を開いてくれれば、スロットルが戻ってきて、あとは向かい風が解決してくれる。
なぜなら、スロットルを躊躇することは、ベスパのフルブレーキのような効果があるからだ。
それだけ空気抵抗がスピード270の上昇を阻害しているということだ。
1.86メートルの身長では、肘を膝より前に出し、頭を平らなフロントガラスの後ろにエレガントに置くことは容易ではない。
威厳のない運動だ。

スズキのスピードメーターは290km/hまでしか上がらない!?

最終的には301km/hで走行していた!

ヘルメットのバイザーのわずかに波打った上縁が、コックピットウィンドウのダークティンテッドエッジと混ざり合い、クリアな視界ではなく、歪んだイメージを作り出している。
マシンの大きな振動と、ヘルメットのクラウンを激しく揺らす風によって、全体がかき混ぜられていく。
最終的にはグレーの映像になってしまう。
そうこうしているうちに、スピードメーターがおかしくなってきた。
290までしか上がらない。
私は回転数で推測する。
5つ目のコースで100km/hで走行すると3500回転。
つまり、10,500回転で300km/hになる。
280km/hをはるかに超えたところで、タコメーターは深紅の方向に震え続けている。
6速に入れるか?
それとも11,000rpm付近でリミッターを作動させるか?
そんなことはどうでもいい。

なぜなら車は地球の曲率の少し前に現れるからだ。
ここから地平線までは、はやぶさの世界ではたったの2秒。
私は、久しぶりに喜んでラフな走りをした。
結局、勝負はついた。
私たちのGPS記録は本物の301km/hを記録した。
アウトバーンには、遅くともハンブルクで渋滞に巻き込まれる、通勤客がゆっくりと流れていく。
気の毒に。(笑)

テクニカルデータ: スズキ ハヤブサ(2021):
● エンジン: R4、水冷式 ● 排気量: 1340cc ● 最高出力: 190PS@9700rpm ● 最大トルク: 150Nm@70000rpm ● 最高速度: 295km/h ● タイヤ: V. 120-70 ZR17 / 190-50 ZR17 ● シート高: 800mm – 重量: 264kg – 燃料タンク容量: 20リットル ● 価格: 18,490ユーロ(約240万円)より

プラスとマイナス
プラス点: あらゆる状況下での性能と走行文化、主権的なハンドリング、豊かな装備
マイナス点: 高い価格、性能に見合った豊かな重量、非常に小さいスケールのスピードメーター

結論:
スペックシートではない。
また、ビッグネームでもない。
強いて言えば、スロットルを引いたときの反応だ。
ハヤブサがパワーを吐き出すときの平然とした態度は独特だ。
そして、幸いなことに、ちょっと怖い。
誰のために?
速いもの好きな人、こだわりのある人。
そうでない人は?
身長2メートルの男、初心者。

Text: Lars Hänsch-Petersen
Photo: Suzuki