F1カレンダー2020 とF1トリビア×16 Part2

68

2020年の全22レースの予定

今年、F1史上初めてとなる22レースが世界各国で開催される。
開始時間も含めてスケジュールが発表された。

今年はF1史上、記録的なシーズンとなる。かつて1シーズンに22回レースがおこなわれたことはなかった。残念なことにドイツGPは今年のカレンダーには載っていない。これは、1985年以来となるオランダGPの復活と、ベトナムからの初エントリーとは対照的な出来事だ。
レースの開始時間は、日本GPを除いて、すべて確定している。いつものように、ヨーロッパのレースはドイツ時間の午後3時10分にスタートする。イギリスGP(ドイツ時間午後4時10分)とアメリカGP(ドイツ時間午後8時10分)は2019年より1時間遅れで開始される。

フォーミュラ12020年シーズンカレンダー+レーススタート時間(ドイツ時間)
3月15日 オーストラリアGP@メルボルン (午前6時10分)
3月22日 バーレーンGP@マナマ (午後4時10分)
4月5日 ベトナムGP@ハノイ (午前9時10分)
4月19日 中国GP@上海 (午前8時10分)
5月3日 オランダGP@ザンドヴォールト (午後3時10分)
5月10日 スペインGP@バルセロナ (午後3時10分)
5月24日 モナコGP@モンテカルロ (午後3時10分)
6月7日 アゼルバイジャンGP@バクー (午後2時10分)
6月14日 カナダGP@モントリオール (午後8時10分)
6月28日 フランスGP@ル カステレ (午後3時10分)
7月5日 オーストリアGP@シュピールベルグ (午後3時10分)
7月19日 イギリスGP@シルバーストーン (午後4時10分)
8月2日 ハンガリーGP@ブタペスト (午後3時10分)
8月30日ベルギーGP@スパ フランコルシャン (午後3時10分)
9月6日 イタリアGP@モンツァ (午後3時10分)
9月20日 シンガポールGP@シンガポール (午後2時10分)
9月27日 ロシアGP@ソチ (午後1時10分)
10月11日 日本GP@鈴鹿 (レース開始時間未定)
10月25日 アメリカGP@オースティン (午後8時10分)
11月1日 メキシコGP@メキシコシティ (午後8時10分)
11月15日 ブラジルGP@インテルラゴス (午後6時10分)
11月29日 アブダビGP@アブダビ (午後2時10分)

F1トリビア(いくつご存じだろうか?) Part2

その10:今日でこそ、アフリカで開催されるレースはなくなったものの、昔は大いに盛り上がった。モロッコGPに加え、南アフリカGPもあった。特に南アGPは通常ではない日を選んで開催された。1965年と1968年は1月1日、1962年は12月29日だった。これより早く始まるシーズンは不可能だし、これより遅く終わったシーズンもいまだかつてない。

その11:カナダGPはモントリオールの人工島でおこなわれる。そしてカナダの気候は非常に変わりやすい。1978年、ドライバーはこれまでで最も寒いフォーミュラ1レースで文字通り凍結した。測定された気温はわずか5度だった!

一方、2005年にバーレーンでおこなわれた砂漠レースでは温度計は42.5度を指していた。史上もっとも暑いレースだった。

その12:1976年、ニキ ラウダはニュルブルクリンクサーキットのノルトシュライフェ(北コース)での事故で大やけどを負った。しかし多くの人々からノルトシュライフェはもっとも素晴らしいコースだと称賛されてもいる。23km超にも及ぶ長いコースで、1950年代にはスターティンググリッドも極めて広いものだった。1953年には35台のレーシングマシンが並んで一斉にスタートした。史上どこよりも広いサーキットだ。

その13:バレンシアのストリートサーキットはコース設定がひどく、大不評だった。2009年には、まったく追い越しゼロを記録した。それ以外の場合は、2003年のモナコ、2005年のインディアナポリス、2017年のソチで、同様の追い越しゼロレースが起きた。

その14:長い間ストリートコースは人気を保っている。シンガポールGPは2008年に始まった。史上初のナイトレースとして開催されたことでも有名だ。

その15:イタリアでは長年イモラでレースが開催されていた。今までにイタリアで93回GPレースが開催され、ドイツ(77戦)とイギリス(72戦)がそれに続く。これまでのところ、イタリアGPとイギリスGPのみが毎年開催されている。サーキットでは、モンツァほど多くのレースが行われた場所は他にない(68戦)。

その16:ザントフォールトサーキットも記録を持っている。1969年のオランダGPではF1史上初めて15名のレーサーが横一線に並んで一斉にスタートを切った。その後このスタート形式は8回おこなわれている。2005年からは7回。もっとも最近では2018年の中国GPでおこなわれた。