ミシュラン、今年の Movin’On(ムービング・オン)サミットで 持続可能なモビリティに関するニュースを2件発表

11

海上輸送の脱炭素化、46%持続可能な高性能レーシングタイヤ

ミシュランは6月1~4日に開催したオンライン グローバル サステナブル モビリティ サミット“2021 Movin’On(ムービング・オン)”で、次世代帆船プロジェクトWISAMO(Wind Sail Mobility、以下「ウィザモ」)と46%持続可能な原材料を使用した高性能レーシングタイヤを発表した。

【1】 海上輸送の脱炭素化を促進「ウィザモプロジェクト」

ウィザモは、船舶に自動伸縮式の帆を取り付けるシステムで、燃料消費が最大 20%* 向上し、CO2 排出量を削減、海上輸送の脱炭素化を促進する。
ミシュランおよびスイスの発案者が共同開発したウィザモは、商船・プレジャーボートいずれにも搭載できるが、貨物船やタンカーに最適で、造船時に装着することも後から改造することも可能なのが特徴。あらゆる海上輸送ルートで使用でき、入港時や橋の下を通過する際には、伸縮式の帆を格納できるため汎用性が高い。
本プロジェクトは、世界的に有名なヨットレーサーであり、ウィザモプロジェクトのアンバサダーでもあるMichel Desjoyaux(ミシェル・デジュワイオ)氏と協働し、完成を見込んでいる。熟練した船乗りであるデジュワイオ氏の情報と技術的知識により、実際の海上輸送条件下での試験が可能となった。デジュワイオ氏は「風力推進の利点は、疑いようがありません。風力エネルギーはクリーン且つノーコストで、商船の環境負荷低減のための非常に有望な手段です」と述べている。
ウィザモの商船への初搭載は2022年で、試験段階完了後、生産を開始する予定だ。
ミシュランは人・地球・利益の三方よしを実現し、「タイヤと共に」「タイヤ関連で」「タイヤを超越して」事業を拡大していくとしている。ウィザモプロジェクトも、サプライチェーンの環境負荷を低減する、新事業開発の一環で、ミシュランはウィザモプロジェクトを通して、将来的な規制に先駆け、より環境に優しい海上輸送の実現に貢献する。

【2】 46%持続可能な原材料を使用した高性能レーシングタイヤ

ミシュランは、天然ゴムの比率を高め、廃タイヤから回収したリサイクルカーボン ブラック、オレンジやレモンの皮、ひまわり油、松やに、アルミ缶からリサイクルしたスチールなどを使用することで、持続可能な原材料比率を大幅に高めることに成功した。ウィザモと併せて、2021 Movin’Onで発表したレーシングタイヤは、46%持続可能な原材料を使用しており、24時間耐久レースに追加予定の水素燃料電池プロトタイプカー部門向けに開発している。
モータースポーツは、究極の使用条件で新しいハイテクソリューションを試す実世界の技術研究所だが、これまでは、優れたオントラック性能と持続可能材料の両立は不可能だと考えられてきた。しかしミシュランは、タイヤ性能を損なうことなく、持続可能な原材料をこれまで以上に製品に組み込むことは可能であると証明すると発表。

ミシュランは今年、2050年までにタイヤを100%持続可能にすることを発表し、最初のマイルストーンとして、持続可能な原材料の割合を2030年までに40%に増加させることがミシュラングループの目標とした。持続可能な原材料を増やす取り組みに加え、原材料の調達、生産、道路での使用、リサイクルに至るまで、タイヤのライフサイクルすべての段階で環境への負荷を軽減する取り組みを進めていく。
ミシュランのCEOのフローラン・メネゴーは次のように述べています。
「ミシュランは、モビリティと広義での移動は生命に固有のものであり、進歩の源であるという深い信念を持っています。この信念は、Movin’On とパートナーとコアバリューは同じです。今回発表した 2 つの革新的なソリューションは、モビリティをさらに持続可能にするというミシュランの決意が具体的かつ現実的であることの証明でもあります」

*この比率は、船舶の種類、航路、一般的な気象条件により変わる可能性があります。

Text&Photo:Michelin/日本ミシュランタイヤ

お客様相談室 Tel:0276-25-4411