速報! 新型メルセデスSクラスにもAMGモデル投入 その第1報をお届け!

166

新型メルセデスSクラスのAMGモデルであるS63はおそらく電動化され、V8ハイブリッド仕様となる。新型「メルセデスAMG S63 4MATIC+」は、先代のトップモデルS65を継承しており、おそらくハイブリッドとして登場するだろう。第1報!

メルセデスSクラスは、最先端のテクノロジーと純粋な贅沢のための1台だ。
しかし、大型セダンはさらに非常にスポーティにすることもできる。
そのためには、アファルターバッハのAMGのトレーニングプログラムを通過する必要がある。
そのプログラムを修了した後に、そのモデルは「S63」と呼ばれるようになる。

ハイブリッドモデルとしてのメルセデスAMG S63

さらに将来のためにメルセデスは「S65」というフラッグシップモデルを温存しているため、「S63」は現時点でのSクラスのトップモデルとなる。
しかし、AMGのボンネットの下には、V12は今後搭載されなくなる。
12気筒エンジンの代わりに「S63」に搭載される4リッターV8は電動化される。
その場合内燃機関部分の612馬力はおそらくそのまま残るだろうし、噂によれば、最大150kW(204馬力)の電気モーターがそれに加わるという。
また「S63」はプラグインハイブリッドモデルになるという。

メルセデスAMGの「GLS 63」には、すでに4リッターV型8気筒ツインターボの電動化バージョンが搭載されている。

メルセデスのこの変化はあまりにも過激すぎると感じるかもしれないが、アファルターバッハに本拠を置くメーカーは、すでにAMGモデルの「GLS63」と「GLE63 S」に同じような電動バージョンを移植している。
それらは内燃機関からの612馬力に加えて、22馬力の統合スタータージェネレーター(ISG)が、V8をマイルドなハイブリッドに変えて、後押ししている。
より大きなISGを搭載した同様のソリューションは、Sクラスにも採用される可能性がある。
この電動モーターによるハイブリッドシステムは、いうまでもなくメルセデスの厳しい排出ガス規制への対応にも役立っている。
マイルドハイブリッドであれ、プラグインハイブリッドであれ、次期「S63」には間違いなく電動化されたパワートレインが搭載されることだろう。
そして全輪駆動(4MATIC+)システムは、標準装備となるだろう。

Sクラスの典型的なAMGスタイリング

エクステリアデザインに関しても、AMGのルックスは一ランクアップしていて、エレガンスがスポーティさを演出している。
フレアフェンダー、大型のエアインテークを備えたアグレッシブなエプロン、鍛造ホイールなどが、その基調の一部となっている。
インテリアでは、AMGはクラシックなステアリングホイールを、グリップエリアを成形したスポーツバージョンに変更している。
もちろん「AMG S63」は、Sクラスのヴァリアントとして優れた居住性と乗り心地を維持していることは言うまでもない。
新型「メルセデスAMG S 63 4MATIC+」の登場は2021年後半になると予想される。

最近はAMGモデルも「普通」のSクラスと同時開発なので、もうじきAMGも予定通りに発表される。興味深いのはそれぞれ排気量をダウンサイジングしたりハイブリッドシステムを追加したりと、時代に即した姿に変貌していることで、もはや時代の趨勢はそういう流れで、AMGもそこからは逃れられないわけである。
とはいっても内容はもちろん高性能サルーンの頂点ともよべるもので、AMGという名前に恥じないものであることは間違いないだろう。
そもそもその昔(ずっと昔、の話である)、AMGといえば、SLCから始まり、その後Sクラス、SEC、そしてSLがラインナップ(?)だった。今のようにフルラインナップではなかったし、そもそもカタログモデルになろうとは予想もしていなかった。
そう考えると今のような、メルセデスベンツの中のグレード展開をみるにつれ、時代は変わったなぁ、とついつぶやいてしまうのはいつものオヤジの繰り言である。

Text: Andreas Huber
加筆: 大林晃平
Photo: Daimler AG