速報! ショートニュース 次期ホンダHR-V(日本名:ヴェゼル) ティザー写真とともに最新情報をお届け

125

次期型ホンダHR-V(日本名:ヴェゼル)は2021年2月に発表される。今回はハイブリッドとしてのみのラインナップとなる。新型ホンダHR-Vティザー写真とともに第1報をお届け!

初公開直前、ホンダは新型「HR-V(ヴェゼル)」のティザーイメージを公開した。
ホンダの新しいコンパクトSUVは、ハイブリッドのみの設定となる。
第1報をお届けする。

ホンダは、2021年2月18日に発表される予定の新世代ホンダHR-Vのティザー画像を公開した。
リアの一部がサイドビュー(側面図)として見ることができる。
画像から察するに、新モデルは先代モデルよりもはるかにエッジの効いたデザインとなっているようだ。
さらに、ホンダはどうやらテールライトも大幅に変更されていて、非常に細く、おそらく、LEDライトの連続したバンドによって接続されているようだ。

ハイブリッドバージョンのみ
またホンダは今回、ハイブリッドのみで展開すると発表している。
パワートレーンが既存のラインナップから提供されるとすれば、最も可能性が高いのはSUVの兄貴分である「CR-V」からのものだろう。
2リッター4気筒エンジンと2基の電動モーターを搭載し、184馬力のシステム出力を発揮する。
トランスミッションは、6速マニュアルとCVTの両方を選択することができるようになっている。
また、ハイブリッドシステムのおかげで全輪駆動バージョンも投入される可能性が高い。

いよいよ待望のデビュー間近の新型ヴェゼルである。
考えてみれば現行ヴェゼルはなかなかの長寿で、しかもその人気は最後まで衰えることがなく、なかなかの好セールスを記録していたのであった。そのせいだろうか、街で見かける機会もかなり多いし、ホンダにとっては大切な稼ぎがしらであることは間違いない。
おそらく各部分をブラッシュアップしての登場となるだろうが、改良されるたびに内容が向上し、評価も上昇傾向にあったヴェゼル。そのフルモデルチェンジには大いに期待したい。内容的には今までの、「i-DCT」のワンモーター式から新型フィットと同じ「eHEV」にハイブリッドシステムが変更になっていることや、若干のボディのサイズアップなどが施される予定である。
日本におけるデビューはこの3月の予定であり、我々アウトビルトジャパンでも追って続報をお届けする予定である。

Text: Katharina Berndt
加筆: 大林晃平