コンパクトSUV 退屈しない未来への道を進む

25

コンパクトSUV市場におけるプジョーの攻勢 ネクストジェネレーションSUV NEW SUV 2008 / SUV e-2008登場

新たな時代にフィットしたモビリティライフを送りたいと願う、すべての人々のために、 プジョーは新しいSUV 2008を発表する。「退屈な未来は、いらないという」タグラインにあるように、エキサイティングな未来を創造するというプジョーのブランドヴィジョンをエンスージアスティックに実現するのが、この新型SUV 2008だ。まったく新しくなった、このコンパクトSUVは、多様性を秘め本能的、そしてウルトラモダンなドライビング体験を提供する。

今年で210年の歴史を持つプジョーブランドは、エネルギー移行の時代に向けて、冷静にコミットメントを追求している。プジョーのエキサイティングでパワフルな未来へのビジョンは、この新型SUV 2008を通じて社会に提示する。つまり、テクノロジーの進化とモビリティの愉しみは、決して相反するものではないということ、クルマには驚くべき力があることを示している。“移動”を“旅”に変え、誰もが希求してやまない“ここではないどこか”へと誘うモビリティをプジョーは提供する。この新型SUV 2008は、「退屈な未来は、いらない」を押 し進める原動力だ。

ボディサイズ:大半の立体駐車場に適合する全高1550mm、最小回転半径も減少
NEW SUV 2008は、グループPSA最新のコンパクトプラットフォーム、CMPによって、現行モデルに比べ、ボンネットが低く長く、よりタイヤが四隅に配された安定したスタンスを持つプロポーションを実現している。
サイズは全長で+145mm、全幅で+30mm、全高で−20mm、ホイールベースは+70mmとなり、よりスタイリッシュなデザインとなっている。特に全高は1550mmに抑え、多くの立体駐車場に適合するようデザインされている。
なおホイールベースの大幅な延伸にもかかわらず、最小回転半径は5.4mとなっており、先代モデル(5.5m)より減少。ボディサイズの拡大によるユーティリティ向上にもかかわらず、日常での運用面ではさらに使いやすくなっている。

ユーティリティ:ラゲッジルーム容量クラス最大級434リットルでSUVらしい使い勝手を実現
SUVとして、リアシートおよびラゲッジスペースの使いごこちはきわめて重要な要素だ。これらの広さは新プラットフォームCMP採用モデルで最大であり、この点が、新型SUV 2008をとりわけ汎用性の高いSUVにしている。
ラゲッジスペース容量は、クラス最大級の434リットルで、可動式のフロアボードを備え、ハイポジションにセットすることで荷室を上下に区切ることができる。さらに荷物がある際は、6:4分割可倒式のリアシートバックを倒せば、最大1,467リットルの空間が出現する。
リアゲートの開口部は 低くて大きく、壁面もフロアもフラットだ。リアシートの広さもまた、新プラットフォーム CMP採用モデルで最大となっている。
インテリアは、他にもさまざまな新しい収納スペースが用意されていて、日常的に必要なものはすべて納めることができるようになっている。従来のドアポケットとグローブボックスに加え、フロントセンターアームレスト下、シフトレバー前にも必要にして十分な収納スペースが備わっている。さらに、センターコンソール下部にも隠された収納スペースがあり、そこにはQi規格準拠のスマートフォン非接触充電エリアとそのカバーがあり、スマートフォンをスマートに収納することができるようになっている。

インテリアデザイン:SUVに、さらなる革新のテクノロジーを。
新型SUV 2008のインテリアは、自動車におけるUI/UXの革新、PEUGEOT i-Cockpitの新世代バージョンである3D i-Cockpitが採用されている。
i-Cockpitは、小径ステアリングホイールを採用することで、ステアリングの上からメーターを確認することによる視線の確保、肘が下がり脇を締めたコンパクトなドライビングポジションによるステアリング操作の少ない動線など、優れた資質を備えている。
ホログラムのように情報を立体視で映し出すデジタルヘッドアップインストルメントパネルは、ドライバーにとって必要な情報を重要度に応じてレイヤー化表示したものだ。NEW 208で初めて搭載されたこのPEUGEOT 3D i-Cockpitは、効率性、見やすさ、安全性においてつねに最高レベルにあり、あらゆる面で運転環境を改善する。

新型SUV 2008のPEUGEOT 3D i-Cockpitは、以下の3つのレイヤーから成り立っている。

視覚ゾーン:すべての情報を見やすく、ドライバーの視界の中に注意深く配置。ステアリングホイールより上のゾーンは視覚を司っている。ステアリングホイール奥の3Dデジタルヘッドアップインストルメントパネルには、ホログラムによる情報投影が行われ3次元表示がなされている。

操作ゾーン:ステアリングホイールの横から下のエリアは、物理的なスイッチを配して実際に手で操作するゾーンとなる。すべての素材は手触り良く、各パッド、パーツのクリアラン スは今まで以上に詰められ、コンパクトSUV随一ともいえる精緻な印象をもたらします。ダッ シュボードには508同様ソフトバッドが、中央部にはカーボン風の装飾が施されている。

ボディゾーン:居住空間は乗員を包み込むようなコックピットの感覚を与えるようにデザインされており、パーソナル感、安心感を醸し出す。シートはいずれの仕様でも体幹と腰をしっかりと支え、快適なドライブを文字通りサポートする。

EAT8のギアボックス・コントロールはいわゆるドライブ・バイ・ワイヤで、簡単かつ直感的な操作を可能。また、必要に応じてドライバーがすぐにシフト操作ができるようにステアリングホイールにはパドルが備わっている。

シートもまた、多様性を秘めている。GT Lineにはホールド性の高いダイナミックシートを装備。スポーティドライビングをしっかりと支える。シート素材にはアルカンターラテップレザーを採用しており、ドライブトレインに応じて色を変えてある。新型SUV 2008はダークグレー、新型SUV e-2008はライトグレーのアルカンターラをあしらい、ステッチパターンもそれぞれの個性を反映している。Allureには、快適性を重視したコンフォートシートをセレクト。ファブリック&テップレザーのシート素材がカジュアルかつアクティブなテイストとなっている。

NEW SUV 2008 ガソリンモデル:定評のPureTech 1.2ℓターボ、130ps/230Nm
ガソリンモデルのパワートレインはPureTech 1.2リッターターボエンジンの進化型を搭載しており、最高出力130ps、最大トルク230Nmを発揮する。このエンジンは「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」で、2015年以来5年連続で選出されているマスターピースで、いままでの3気筒のイメージを覆す低振動、低騒音とドライバーの意図に忠実なトルクデリバリーに定評がある。GPF(ガソリン・パーティクル・フィルター)を装着し、排ガスのクリーン化とともに燃費を改善している。BセグメントSUVにして19.2km/ℓという優れた燃費は、エンジンはもちろんのこと、電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8との相乗効果でもある。
ドライブモードはエコ、ノーマル、スポーツから好みや状況に応じて選べる。さらに SUVらしく、日常からエスケープするためにラフロードを行くという選択肢をドライバーに用意すべくGT Lineはアドバンスドグリップコントロールを搭載。ラリーフィールドで鍛えたノウハウによる制御アルゴリズムで、あらゆる路面で最適なトラクションを確保。さらにこれは急な斜面でも確実に降りられるようにヒルディセントコントロールと統合制御される。

新型SUV e-2008 EVモデル:100%エレクトリックのコンパクトSUV               JC08モード385kmの航続距離を実現
新型SUV e-2008は、100%電動パワートレインを搭載した日本で初めてのBセグメントコンパクトSUV(2020年9月現在)だ。電気モーターは最高出力136馬力(100kW)、最大トルク260Nm、搭載バッテリーは50kwh。JC08モードで385kmの航続距離となっている。最大トルク260Nmをゼロ回転から発生させ、瞬時の応答性を発揮することで誰もが運転しやすく、かつ刺激的なドライビング体験を約束する。エモーショ ナルなドライビング体験はICEでもEVであってもプジョーにとって極めて欠かせない要素で、「退屈な未来は、いらない」というビジョンのコンパクトSUVにおける具体像がこの新型SUV e-2008だ。
新型SUV e-2008は3つのドライビングモードを用意されている。
• Sport:パフォーマンスとフィーリングにプライオリティ 100kw/260Nm
• Nomal:日々の利用における快適性の最適化 80kw/220Nm
• Eco:航続距離の最大化 60kw/180Nm

50kwhリチウムイオンバッテリーは、液冷ヒートポンプで充放電時のバッテリー温度の管理と最適化を図っている。このバッテリーは一個当たり約13.1kgのモジュールを18個組み合わせ、総体積約220ℓ、重量約350kgのこのバッテリーユニットを前席座面下、後席座面下、センターコンソールなどに車体を上から見たときにH型に、重量配分を考えて巧みに格納されている。
50kwhのバッテリー容量は日本のユーザーの一般的な自動車の使用状況で充分な走行距離を確保できており、各充電設備で随時充電することで利便性を確保できるようになっている。バッテリーの保証は8年、16万 キロとなっている。

先進運転支援と安全性:最新の先進運転支援システム(ADAS)を全車標準、追加オプション不要
• アクティブセーフティブレーキ
• アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
• レーンポジショニングアシスト
• レーンキープアシスト
• アクティブブラインドスポットモニターシステム
• インテリジェントハイビーム
• トラフィックサインインフォメーション
• フロントソナー/サイドソナー/バックソナー/ワイドバックアイカメラ
• プロキシミティスマートキー

機能装備:快適なモビリティのための最新装備
• ふたつのLEDヘッドライト
• USBポート(Type-CおよびType-A)

チャージング:・CHAdeMO急速充電約50分で80%充電が可能
新型SUV e-2008では、3つの充電モードが設定されていて、ユーザーの日常的な使用状況に併せて柔軟に運用できるように配慮されている。
• コンセント型普通充電
車輌に標準搭載されている3kW 15A 200Vケーブルにて充電。
100%充電:約18時間
50km充電:約4時間
• ウォールボックス型普通充電
6kw / 200Vのいわゆるウォールボックス型普通充電器での充電。
100%充電:約9時間
50km充電:約2時間
• CHAdeMO(チャデモ)急速充電
50kw
80%充電:約50分
いずれの方法によっても、50km走行距離分のつぎ足し充電を行うことで日々の運用において充分な実用性を備えている。※充電時間はあくまで目安。

eリモートコントロール:スマートフォンアプリで充電予約とエアコン作動
新型SUV e-2008 はスマートフォンのアプリを利用したeリモートコントロールというEVならではの機能を実装している。スマートフォンにダウンロードした無料のMyPeugeotアプリ(iOSおよびAndroid OSに対応)の操作により、リモートチャージングとプリコンディショニングの操作が可能となっている。
リモートチャージング
リモートチャージングは充電器に接続されているNEW SUV e-2008に対してスマートフォンから充電操作ができるものだ。
• 充電状況の確認(ON-OFF、普通・急速充電、充電レベル、速度、満充電残り時間)
• 充電予約(設定した時間に充電を開始する)
プリコンディショニング
遠隔で室内のエアコンディショニングを作動させることができる機能。
プリコンディショニング時は、つねに21度の設定となり、室内を快適な状態で約10分間キープする。作動条件は50%以上の充電状態、イグニッションOFF、車輌ロックの条件がすべて満たされている場合に限る。
• 遠隔操作で車輌室内のエアコンを作動(ON-OFF)
• エアコン動作予約(時間、曜日をスケジュール)

新型SUV 2008 /SUV e-2008 グレード構成
モデル名 ボディ パワートレーン トランスミッション 税込価格
SUV 2008 Allure 5ドアSUV 1.2 ℓ直列3気筒ターボ
90kW/5,500rpm(130ps) 230Nm/1,750rpm 8速オートマチック EAT8 ¥2,990,000
SUV 2008 GT Line 5ドアSUV 同上 8速オートマチック EAT8 ¥3,380,000
SUV e-2008 Allure 5ドアSUV 交流同期電動機
100kW/5,500rpm(136ps) 260Nm/300−3,674rpm オートマチック ¥4,290,000
SUV e-2008 GT Line 5ドアSUV 同上 オートマチック ¥4,680,000
GT Lineにオプション設定のパノラミックサンルーフオプションは¥140,000

NEW SUV 2008 / SUV e-2008 ボディカラー
ボディカラーは全6色で展開。
NEW SUV 2008 / SUV e-2008専用メタリック系新色であるフュージョン・オレンジ、3コートで極めて明瞭性高く鮮やかなヴァーティゴ・ブルー、カラードトップコートでハイライトとシャドーのコントラストが美しいエリクサー・レッドの3 色に、オニキス・ブラック、アルタンス・グレー、パール・ホワイトとなっている。

フュージョン・オレンジ
ヴァーティゴ・ブルー
エリクサー・レッド
オニキス・ブラック
アルタンス・グレー**
パール・ホワイト***

***メタリックペイントオプション¥71,500
**メタリックペイントオプション¥49,500

Text & Photo: PSA Group

【新着情報】初テスト プジョーの人気小型SUVのEVバージョン e-2008 はこちら