【動画付き】LEXUS、新型「IS」を世界初公開

62

「クルマを操る楽しさ」を追求し続けてきたコンパクトFRスポーツセダンの熟成

・Toyota Technical Center Shimoyamaで鍛え上げた優れた操縦性や乗り心地
・運動性能の高さを予感させるアグレッシブなデザイン
・最新のLexus Safety System +を含む、先進安全技術の採用

LEXUSは、マイナーチェンジした「IS」を世界初公開。日本での発売は、2020年秋頃を予定している。

LEXUS IS とは

ISは1999年の初代モデル誕生以降、「クルマを操る楽しさ」を追求してきたモデルであり、LEXUSのChief Branding Officer/Master Driver 豊田 章男は、ISのようなコンパクトFRスポーツセダンを「ドライバーの運転感覚を磨き上げる砥石のようなクルマ」と位置付けており、運動性能の高さとそれを予感させるスポーティなデザインが好評を博し、20年以上に渡って累計約100万台を超えて販売されている。

主な変更点

・新開発の小型軽量ランプユニットを搭載した薄型のヘッドランプの採用に加え、低く構えたグリル周りとそれに合わせて下げたサイドのキャラクターライン、トランク後端の造形で重心の低さを表現。
・張り出した前後フェンダー、L字をモチーフにした一文字型のリヤコンビネーションランプ、立体的なバンパーガーニッシュを採用。加えて新意匠の19インチタイヤや、ワイドなトレッドによりスポーティな走りを予感させるプロポーションを実現。
・新意匠のスピンドルグリルはグリルの先端を起点に立体的な多面体構造とすることで押し出し感を強調。また、スピンドルをモチーフとしたブロック形状とメッシュパターンを組み合わせ、スポーティな印象となっている。
・エクステリアカラーは、強い陰影により造形を際立たせるソニックイリジウムと、金属質感と高光沢を実現したソニッククロムの2色を新規開発しました。
・ “F SPORT”では専用のFメッシュパターンを採用。その他にもグリルロア部のエアインテーク、専用19インチアルミホイール、リヤスポイラーなどの専用装備や、専用外板色ラディアントレッドコントラストレイヤリングを採用し、他モデルとの差別化を図っている。