フィアット 500Xに新世代デザインを採用して発売開始

299

Stellantisジャパンは、FIAT(フィアット)のコンパクトSUV「500X(チンクエチェント エックス)」の新世代デザインを採用したモデルを11月29日(火)に発表、全国のフィアット正規ディーラーにて発売した。

新世代のフロントグリルおよびリアエンブレムを採用
・「500X Cross」は、アルミホイールを18インチへサイズアップ
・「500X Cross」と「500X Sport」の2グレードを展開

FIATのロゴが従来の円形フレームからシンプルなシルバーに変更となった。グラフィックを抑え、1900 年代初頭に初めて導入されたエンブレムの細長い文字と共にロゴとして復活した。すでに電気自動車として発売された500eで採用されているが、他のモデルとしては初の導入となる。

「500X Cross」では、ドアミラーカバーをボディ同色からブラックに変更し、17インチから18インチにサイズアップすることで、より精悍な印象を与えている。

ボディカラーは、「500X Cross」にジェラート ホワイト、パッション レッドの2種類のソリッドカラーを標準設定し、オプションでメタリックカラーのファッション グレーが用意されている。「500X Sport」にはその3色に加えて、メタリックカラーのイタリア ブルーをオプションにて設定している。

メーカー希望小売価格:500X Crossが4,180,000円(税込)、500X Sportが4,230,000円(税込)

Text:アウトビルトジャパン
Photo:Stellantisジャパン