【モーターホーム】いいなあ、うらやましいなあ こういう場所や販売店、日本にもあるといいなあ、欲しいなあ

163

ドイツ最高のキャラバンとモーターホームの販売店。この販売店は信頼できる!! モーターホームで過ごす休暇は、特にコロナ禍の今、世界中で流行している。そして、レンタルするにしても、購入するにしても、信頼できる販売店からの適切なアドバイスが鍵になる。読者の皆さんからお薦めいただいた評価の高い販売店をいくつかご紹介!

キャラバンやモーターホームを買う場合、あるいはレンタルする場合の販売店はどこが良いですか? 「アウトビルト トラベルモバイル(AUTO BILD REISEMOBIL)」と独立系市場調査機関「Statista」は、モーターホームの購入者や関心を持つ人々に、ドイツのディーラー事情を知ってもらうため、読者あてに顧客アンケートへの参加を呼びかけた。

アンケートに参加できるのは誰ですか?

過去3年以内にモーターホームまたはキャラバンを購入、またはレンタルしたことのある人、または現在積極的にモーターホームを探している人々がアンケートの対象となった。オンライン調査では、合計で約2,500名の人々にご協力いただいた。アンケートと販売店アンケートは、2021年12月から2022年1月の間に実施された。

このステッカーは、アンケートに協力してくれた人にお礼として贈られたものだ。

また、400社以上のキャラバンおよびモーターホームのディーラーに調査参加の機会を提供した。もちろん、ディーラーが自薦することはできず、仲間うちからしか推薦できない。そして、アンケートと評価は、「Statista」の専門家が匿名で評価した。

アンケート内容は?

読者やモーターホームファンから、ドイツにある販売店を思いつくまま、あるいは知っているものをすべて挙げてもらった。これは、すべてのディーラーに公平に検討する機会を与えたという意味で重要なことだ。また、販売店やレンタル会社は、ドイツ連邦共和国に独自の拠点を持つ必要があった。

また、モーターホームオーナーがすでに具体的な体験をしている販売店については、「他の人に勧めたいか?」という意向も聞いた。アンケート回答者には、各販売店を7つのカテゴリーを設定し、その評価をしてもらった。
• 価格水準
• 現場でのアドバイス
• オファーの透明性
• モデルの選択
以下、可能であれば:
• キャンプ用品
• サービスオファー(購入を希望する場合)
• レンタルの流れ(レンタルを希望する場合)
併せて、
• 個人顧客の販売店への推薦意向
• 価格水準、アドバイス、透明性、品揃え、付属品、サービス、レンタルプロセスの7つのカテゴリーでの顧客評価
を基に、最終的な評価を定めた。

レンタルで試した後に購入を検討

モーターホーム購入のもうひとつのコツは、まずレンタルして、それから購入することだ。改造バンからボックスバン、豪華なキャンピングカーまで、価格は3万ユーロ(約390万円)から10万ユーロ(約1,300万円)をはるかに超えるものまで、実にさまざまなものがある。財布事情や個人の希望にもよるが、道路交通法を遵守していれば、ほとんどどんなモデルでも購入可能だ。

そのため、まずは大まかな希望を決め、それに見合ったモビールを最低7日間レンタルし、家族みんなで使ってみることから始めるとよいだろう。このような日常的なテストの中で、多くの貴重な経験を積むことができる。モーターホーム日記もつけておけば、旅の終わりには、自分の欲しいものが明確になり、自分にぴったりのモーターホームをチョイスすることができるはずだ。

読者推薦のトップモーターホームディーラー10選:

選択肢があると、ついつい甘えてしまうことがある。良い販売店は、個々のニーズを分析するのに役立つ。
契約前に、自分のモーターホームがどのような条件を満たしていなければならないかを確認しておく必要がある。
フライツァイトセンター アルブレヒト(Freizeit-Center Albrecht):
ハンブルクからほど近く、A39号線沿いの便利な場所に、フライツァイトセンター アルブレヒトはある。モーターホームやキャラバン、新品や中古、レンタルや購入など、アルブレヒトは、幅広い選択肢を提供し、ワークショップやアクセサリーに関しても輝きを放っている。
キャラバンセンター ダーンケ(Caravan-Center Dahnke):
バルト海に面したキャラバンセンター ダーンケでは、購入、レンタル、サービス、アクセサリーなど、顧客の旅のニーズをすべて満たすことができるようになっている。今年も、訪れた人々から1.0を超える評価が与えられた。
モーターホームギャラリー(Wohnmobil-Galerie):
必ずしも新車である必要はない。シュレスヴィヒ・ホルシュタインのモーターホームギャラリーは、中古のモーターホームの売買を専門に行っている。バイヤーのための良いチャンス。若いキャンピングカーを適正価格で手に入れるために。
ラワート モーターホーム(Rauert Reisemobile):
ラワートには、キャンパーが望むものがすべて揃っている。購入、販売、レンタル、アクセサリー、アタッチメント、修理、メンテナンスなど、モーターホームファンは、ニーダーザクセン州のこの家族経営の会社で、その価値を知ることができる。そして、1.8という高い評価とともに顧客から感謝されるのだ。
オート シュプルケル(Auto Spürkel)
オート シュプルケルのキャラバンワールドでは、幅広い種類のモーターホームとキャラバンが訪れる人々を待っている。まず借りて、それから買いたいという人は、ボーフムのこの優れた専門ディーラーが最適だ。評価: 1.9。
B-R-S:
リップシュタットの南にあるB-R-Sでは、キャンプに対する情熱が息づいている。春以降は、最新の洗浄設備、新しい準備エリア、豊富なアクセサリーを収納するためのさらなるスペースがお客様に提供される。
ライゼモバイル ユーチ(Reisemobile Euch):
ガソリンスタンドからモーターホームディーラーへ – ライゼモバイル ユーチのサクセスストーリーは続く。顧客満足度は前年度よりさらに上昇した。グレード1.1は、品質、能力、優れたサービスを物語るものだ。コングラッチュレーション!
ブレヒト キャラバン(Brecht Caravan):
レンタル、販売、完全デジタル化されたワークショップでの優れたサービスに加え、フレンドリーなファミリービジネスであるブレヒト キャラバンは、顧客向けにアプリを提供している。車両に関する情報を提供し、トラブルシューティングを支援する。
ジンブ(Jimbu):
キャンプで遊ぼう! ジンブは、8,000平方メートルの面積を有している。これは、満足度の高いお客様、素晴らしいサービス、そしてワークショップでの良い仕事があって初めて成立するものだ。素晴らしい!
キャラバンセンター ミュンヘン(Caravan-Center-München):
誰もが持っていない特別なものを探していますか? それなら、キャラバンセンター ミュンヘンで、見つかるはずだ。キャラバンブランド、「トリガノ シルバー(Trigano Silver)」、「キャラベルウエア(Caravelair)」、「スプライト(Sprite)」の専門ディーラーは、2022年からモーターホームの取り扱いも開始する予定だ。

【ABJのコメント】
この記事を見て、決してわが国は遅れているとか、もっとこうなるべきだ、という気は毛頭ないけれど、それでも彼の地との環境や土壌の違いを痛感するようなレポートであることは間違いない。この台数! このバリエーション! こんなところでお気に入りの一台を見つけて、ちょっと長めのヴァカンスに出る・・・。そんな生活を満喫できる人々をやはり羨ましく思うと同時に、現代のなんとも心の痛むニュースも頭をよぎる。はやく平和でやさしい時間が戻り、こんな店で何も気にせずに一台借り出して、海に山に行きたい・・・。それは誰もが持っている思いだろう。今の状態を見ると、悲しくなるばかりだが、この夏には明るい青空と太陽のもとにキャンパーで繰り出す時間が戻ってくることを心から願う。

蛇足ながら、このキャンペーン(アンケート)に参加するともらえるステッカー、なんともスマートでカッコウいい。この部分に関しては素直に、負けたなぁ、と思うほどの素敵なデザインのステッカーである。(KO)

Text & photo: autobild.de
加筆: 大林晃平